お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

札幌ホワイトイルミネーション2016の点灯時間は?点灯式は必見!

2016/10/20

札幌の冬のイベントといえば、雪まつりが有名ですが、イルミネーションも有名ですよね。

長い冬の間、道民を楽しませるさっぽろホワイトイルミネーションを、2016年の冬休みに見に行きませんか?

今回はそんな、さっぽろホワイトイルミネーションをご紹介します。

スポンサーリンク


さっぽろホワイトイルミネーションってどんなイベントなの?

image001
日本では唯一の冷帯にあたる北海道。

じつはかつて、そんな北海道の観光は夏が主流でした。

四季折々で美しい表情を見せる北海道を多くの人に知ってもらうため、冬の観光の目玉としてイルミネーションを飾ったのが、さっぽろホワイトイルミネーションのはじまりです。

当時はたった1000個少々の電球で飾っただけでしたが、年々規模は拡大し、今では市内あちこちで幻想的な、芸術的な光景を楽しむことができます。

カビの生えた表現で申し訳ないのですが、本当に絵のような美しさがあります。

特に雪が積もった後のイルミネーションは必見です。

雪景色に溶け込むような光のショーを楽しむことができるんです。

余裕があるのなら雪が降りそうな天気を狙ってみましょう。

さっぽろホワイトイルミネーションが一番美しく見えるのは、雪が舞っている時なんです。寒いんですけどね。



イルミネーションを観光の目玉としているところは多いですが、札幌のものは「ホワイト」というのが最大の特徴です。

効果的に使われる白い光によって、非常にユニークな、他にはないイルミネーションを表現しているのです。

会場では、ぜひどのように白い電球が使われているか確認しながら楽しんでみてくださいね!

イルミネーションの開催期間と点灯式

image002
さっぽろホワイトイルミネーションは市内各地の大通りで楽しむことができます。

開催初日は共通して11月18日(金)からですが、開催期間は地区によってばらばらです。

大通では2016年12月25日まで。

駅前通では2017年2月12日まで点灯します。

南一条通ではなんと2017年3月14日まで楽しむことができます。

点灯時間は16時30分から22時までですが、12月20日から25日までのクリスマス期間は24時まで延長してくれます。

余裕があるのなら、点灯式を見に行かれることをおすすめします。

12月25日までは毎日点灯式が行われ、その都度カウントダウンに合わせて一斉に札幌が色付く様子を見ることができるんです。

11月20日は16時30分から、それ以降は18時、19時、20時ちょうどに始まります。

場所は大通西会場のTWINKLE NIGHTSです。

スポンサーリンク


会場へのアクセス

image004
会場は大きく分けて「大通り」、「札幌駅周辺」、「南一条通り」の三か所に分けることができますが、いずれも歩いて回れる範囲内なので安心してください。

北海道に着いたら、そこから札幌の玄関口、「札幌駅」を目指します。


イベントのシンボルツリーミュンヘン・クリスマス市があるのは大通りですが、三か所をすべて回る場合は「札幌駅」で南下し、大通りを見た後、南一条通に出ればスムーズです。

手っ取り早くメイン会場だけを見たい場合は「札幌駅」で地下鉄に乗り換え、「大通り駅」で降りればそこがすでに会場です。

まとめ

特にクリスマスが近づく12月の半ば過ぎは、すでに雪も積もっている上に、点灯時間も延長されるので、とても多くの人がイルミネーションを楽しみに札幌へやってきます。

しかし、舐めてはいけないのは北海道の寒さです。

12月の平均気温はすでに零度を下回り、本格的な冬に近づくにつれてどんどん下がっていきます。

イルミネーションは夜に楽しむものですから、なおさら防寒対策はしっかりとしておく必要があります。

特に歩きながらのんびりと楽しむつもりなら、厚手のコートがあっても足りないくらいです。

心から幻想的な世界を楽しむために、事前に準備はしっかりと行っておきましょう。


スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , ,