お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

福井三国祭2017の歴史と日程は?武者人形山車の旋回の時間は?

福井県坂井市三国町の名物は、6メートルを超す武者人形を乗せた山車が特徴的な「三国祭」です。

2017年は「北陸三大祭」の一つにもなっている迫力あるお祭りに足を運んでみませんか?

今回は、2017年に行われる三国祭についてご紹介します。

スポンサーリンク


三国祭とは(歴史・由来) 三国祭保存振興会とは?


三国祭は坂井市三国町の神社、「三國神社」の例大祭です。



三国祭のルーツは、江戸時代にまでさかのぼることができます。

当時坂井市は北陸の一大貿易拠点として、数々の北前船でにぎわう港でした。

三国祭はそんな三国の繁栄を神様に感謝し、いつまでもにぎやかさが続くことを願って始まったといわれています。

250年以上も愛され続けている三国祭の伝統を後世に伝えるため、2005年に誕生したのが「三国祭保存振興会」です。

三国祭の伝統を受け継ぎ、そして次世代を担う人材を育成することで、三国祭を未来につなごうとしているわけですね。

日程時間・アクセスと駐車場・交通規制情報


三国祭は、毎年5月の19日、20日、21日の3日間にわたって開催されます。

2017年は、ちょうど金曜日から日曜日にあたっています。

お祭りが特に盛り上がるのは中日である20日で、この日は13時から20時まで町中で巨大な山車を見ることができます。

一日だけアクセスするのであれば、20日がねらい目です。

会場は、福井県坂井市の三国町一帯。

メイン会場は三國神社ですが、神社以外にも様々なところでお祭りに関するイベントが行われています。

駅前通りや広小路にぎわい広場など、町内各所を歩いてみるのもおすすめです。

最寄り駅は、えちぜん鉄道三国芦原線の「三国駅」です。


えちぜん鉄道は、JR「福井駅」などから乗り換えることができます。

車でアクセスする場合、最寄りのインターチェンジは北陸自動車道「金津」、「丸岡」インターチェンジです。

ただし、神社周辺道路や駅前通りは交通規制が実施されますので注意しましょう。

会場の北東にある、「成田山福井別院」、「三国運動公園」の二か所に臨時駐車場が用意され、そこからシャトルバスを利用して「三国駅」までアクセスすることができます。

神社の近くで駐車場を探すよりも、こちらの駐車場を利用したほうがスムーズにアクセスすることができるでしょう。

スポンサーリンク


三国祭の見どころ 武者人形山車


三国祭でひときわ目を引くのが、最初にも述べた山車。

巨大な武者人形を乗せた山車は、驚くほどの迫力を持ちます。

この山車が普通に練り歩いているのを見るだけでも楽しいのですが、最大の見どころは路地での旋回。

三国町の旧市街で展開されるターンは必見です。

巨大な武者人形が上についているために、山車はちょっとしたことでバランスを崩してしまいます。

時には手に汗握るシーンもありますが、何年もお祭りに携わってきたプロの手によってうまく方向転換させる様子はため息が出るほど見事なんですよ。

また、三国駅に到着後も激しいパフォーマンスの披露が行われます。

こちらも、ぜひともチェックしたいシーンですね。

山車は20日の正午に三國神社に集合し、13時に神社を出発します。

路地での旋回が見られるのは16時ごろです。

山車について回るもよし、町内を気まぐれに回るもよし、いろんな楽しみ方で三国祭を味わい尽くしましょう。

まとめ

山車の上に乗せられている武者人形は、遠くからでも目を引く見事さ。

実はあの人形、毎年つくりかえられているんです。

人形を作るのもまた三国町の人たち。

住人がお祭りのために丹念に作り上げた人形を、ぜひ近くで眺めてくださいね。

古い港町である三国町は、意外にも古い建物や洋館がたくさん残っている、ノスタルジックな町でもあります。

お祭りを楽しみがてら、町歩きにいそしむのもおすすめ。

お腹が空いたら祭り会場に戻り、屋台にならぶ三国グルメを楽しみましょう。

三国祭を通じて、北陸・三国の魅力を味わってくださいね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,