お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

佐久バルーンフェスティバル2017の会場と日程は?佐久鯉まつりも開催

ゴールデンウィークには日本のいろんなところで魅力的なイベントが開催されますよね。

そんな魅力的なイベントの一つ、「佐久バルーンフェスティバル」は2017年で25回目を迎えるおすすめのイベントです。

たくさんの気球が空を舞う様子は、一度は見ておきたい絶景なんですよ。

今回はそんな佐久バルーンフェスティバルの詳細情報をまとめてみました。

ゴールデンウィークのおでかけに、ぜひとも参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


佐久バルーンフェスティバルとはどんなイベント?


佐久バルーンフェスティバルは、毎年5月に長野県佐久市で行われている熱気球大会です。

日本国内からだけでなく、外国からもトップクラスの選手が集まり、期間中佐久市の上空で熱くも美しい大会が開催されるんです。



上空に飛ぶ熱気球の美しさは言うまでもありませんし、大会以外にも様々なイベントが行われ、観光客を楽しませてくれます。

実際に熱気球に乗り込むことはもちろん、地元団体によるステージイベントや特産品の販売など、幅広い年代の方が楽しめるイベントが目白押しです。

会場へのアクセス・開催期間と駐車場・無料シャトルバス情報


2017年の佐久バルーンフェスティバルは、5月3日(水・祝)から5月5日(金・祝)の三日間開催されます。

会場は長野県佐久市の佐久橋の河川敷、「千曲川スポーツ交流広場」です。


会場の最寄り駅はJR「佐久平駅」ですが、会場までは少し距離があります。

例年無料のシャトルバスが駅と会場をつなぎますので、利用するといいでしょう。

最寄りのインターチェンジは、中部横断自動車道「佐久中佐都」インターチェンジです。

市庁舎や市立小学校のグラウンドなどが臨時の無料駐車場として利用できますので、早めにアクセスし、駐車スペースを確保しておきましょう。

スポンサーリンク


佐久バルーンフェスティバルの見どころ 競技フライトとバルーンイリュージョン


期間中は様々な催しが行われる佐久バルーンフェスティバルですが、やはり空を舞う熱気球の美しさが最大の見どころと言えそうです。

日中は気温の関係で競技には向かないので、競技は毎日朝と夕方に開催されます。

具体的には毎日6時15分から行われるほか、3日(水)と4日(木)のみ15時から行われます。

熱気球はその時その時の自然環境が大きく勝敗を左右する、先の読めない競技です。

ぜひとも大会の行く末を見届け、その深さを知ってくださいね。

また、熱気球がライトアップされる「バルーンイリュージョン」も必見のイベント。

日がとっぷりと暮れた夜、大きな熱気球が内側から照らされている光景は絵のような美しさです。

さらに花火の打ち上げも併せて行われるので、会場は大きく盛り上がるんですよ。

2017年のバルーンイリュージョンは、4日(木)の19時から19時30分にかけて行われます。

ただし、佐久バルーンフェスティバルの中でもトップクラスの人気イベントですので、できるだけ早めにアクセスし場所取りをしておいたほうがよさそうです。

佐久鯉まつり


実はゴールデンウィークに佐久市で開催されるイベントは、佐久バルーンフェスティバルだけではありません。

同じ期間中、同じ会場にてもうひとつ別のイベント「佐久鯉まつり」が開催されるんです。

5月5日といえばこどもの日

そう、佐久鯉まつりはこどもの日にちなみ、こどもの健やかな健康をお祈りするためのイベントなんですね。

そのため、こどもを対象としたスポーツ大会が多く行われるんですよ。

熱気球大会を見終わったら、ぜひこちらのイベントにも参加してみましょう。

まとめ

佐久バルーンフェスティバルは、見て楽しい熱気球大会以外にも様々なイベントが同時に開催されるので、本当に一日中楽しむことができるイベントです。

同時に開催される佐久鯉まつりも併せて参加すれば、1日のみならず3日間とも佐久市で過ごしていても飽きることはなさそうですね。

ゴールデンウィークをアクティブに過ごしたいのなら、視野に入れておきたいイベントです。

特にお子様が楽しむことができるイベントが多く開催されますので、親子で参加するのにぴったりですよ。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,