お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

京都藤森祭2017の日程・時間は?見どころは武者行列と駈馬神事

5月5日は菖蒲の節句。

京都府の藤森神社で行われる「藤森祭」は、そんな菖蒲の節句行事の由来となったといわれているお祭りです。

2017年は勇壮な駈馬神事や武者行列が、武士の時代の勇ましさを伝える藤森祭に足を運んでみませんか?

今回は2017年に開催される藤森祭の、見逃せないポイントやアクセス情報などをお伝えします。

スポンサーリンク


藤森祭とは(歴史・由来)


藤森(ふじのもり)神社は、京都府伏見市の神社です。

古くから武人にゆかりのある神社で例えば「三韓征伐」から戻った神功皇后が勝利を祝ったり、東北の反乱を鎮めるために早良親王が祈祷に訪れたりといったエピソードが残っています。

そんな藤森神社で毎年5月に行われているのが「藤森祭」。

前述の早良天皇が行った儀式がもとになっていると言われており、馬を勇ましく駆る「駈馬(かけうま)神事」、様々な時代の武者たちが登場する「武者行列」など勇壮な催しが多く行われるお祭りなんですよ。

藤森祭は少なくとも1200年以上の歴史があるといわれていて、現在でも各家庭でお祝いされている端午の節句の原型であるとも考えられているんです。

日程時間・アクセスと駐車場・交通規制情報


藤森祭は毎年5月1日から5日にかけて開催されます。

2017年だと、5月1日が月曜日、5日が金曜日にあたります。

特に見逃せない武者行列と駈馬神事はどちらも5日に行われますので、1日だけ参加するという方はぜひ5日に足を運んでみてくださいね。

会場である藤森神社の最寄り駅は、JR「藤森駅」と京阪「墨染駅」です。


藤森駅を利用した場合は北西へ、墨染駅を利用した場合は北東へ5分ほど歩きましょう。

最寄りのインターチェンジは名神高速道路「京都南」インターチェンジです。

ただし、お祭り期間中は神社の駐車場が閉鎖されますので、一般のパーキングに駐車する必要があります。

大型の駐車場はかなり少ないので、時間に余裕をもってアクセスするか公共交通機関を利用したほうがよさそうですね。

また、駈馬神事に合わせて神社の参道周辺には交通規制が敷かれますので、こちらも気を付けてアクセスするようにしましょう。

スポンサーリンク


藤森祭の見どころ 武者行列と駈馬神事


5日間開催される藤森祭ですが、見逃せないイベントが集中しているのが5月5日です。

特に古墳時代~平安時代にかけてこの地を訪れた武者たちを模した「武者行列」、乗馬の技の粋を集めた「駈馬神事」はチェックすべきポイントです。



武者行列がスタートするのは朝の9時。

武者行列以外にも、神輿や鼓笛隊も登場しますので、境内はとてもにぎやかになります。

武者行列は大きく分けて「朝渡(あさわたり)」、「皇馬(こんま)」、「七福神」、「払殿(ほって)」の4種類に分かれていて、それぞれ大きく特徴が違うので、見逃さないようにしましょう。

もう一つの見どころである駈馬神事は、参道にて行われます。

13時からと15時からの二回開催されますので、どちらかは必ず鑑賞しましょう。

普通に馬を駆けさせるだけではなく、鞍の上で逆立ちをしたり、片足だけで馬にしがみついたりと、アクロバティックな動きを見せながら馬を操る迫力のある光景を楽しむことができます。

普段は見ることができない、馬と人との不思議な技に酔いしれましょう。

まとめ

駈馬神事については、いくつか注意しておきたいポイントもあります。

まず、場所取りが必須だということ。

藤森祭のなかでも特に人気イベントですので、多くの人が鑑賞に訪れる駈馬神事ですが、観覧席などは設けられず、立ち見のみです。

そのため、開幕ぎりぎりになると参道には人がたくさん、とてもしっかり芸を見るどころではありません。

できるだけ早めに、いい観覧場所を確保しておきましょう。

また、馬はとてもデリケートな生き物。

カメラのフラッシュにびっくりしてしまう可能性があります。

馬が驚くと、馬に乗って芸を見せてくれる人だけでなく、観客に危険が及ぶ可能性もあります。

写真撮影は自由に行えますが、必ず事前にフラッシュをオフにしておきましょう。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,