お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イルミネーション

セントレアイルミネーション2016の点灯時間。点灯式のゲストは?

2016/11/19

セントレアの愛称で親しまれる中部国際空港。

見どころも多いですが、特に飛行機が離着陸するスカイデッキで、毎年冬に行われるセントレアイルミネーションは必見です。

今回は2016-2017年度のセントレアイルミネーションの、見どころやアクセス情報をご紹介します。

スポンサーリンク


セントレアイルミネーションの点灯時間と点灯式

image001
2016年度のセントレアイルミネーションは、2016年11月23日(祝・水)から2017年3月31日(金) にわたって開催されます。

2016年は、巨大な紙ヒコーキに乗って、セントレアから世界各地を巡る光の旅をイメージしたイルミネーションがテーマになっています。

その他に、アメリカなどの8か所の風景や建築物をステンドグラス調にしたイルミネーションや光の回廊も楽しめます。

点灯時間は11月23日から2月中旬は17時から、2月中旬から3月31日は18時からそれぞれ点灯し、22時30分に終了 となっています。

期間中は様々なイベントが随時行われる予定ですが、ぜひとも参加していただきたいのは点灯式です。

点灯式は、2016年は、11月23日(祝・水)に行われることになっています。

この点灯式、ただイルミネーションが点灯されるだけではありません。

注目は豪華ゲストです。

例えば2015年度のゲストはなんとE-girls。

セントレアがいかにこのイベントに力を入れているかが分かりますね。

いつも以上にセントレアイルミネーションが盛り上がることは間違いありません。

2016年はゲストとして、男性アイドルグループでマジプリの愛称で御なじみの、MAG!C☆PRINCEが来場する予定になっています。

今から楽しみですね。

セントレアイルミネーションの見どころ マッピングイルミネーション

image003
セントレアのイルミネーションは立体的な表現のものが多く、すみずみまで楽しめること請け合いなのですが、見どころは何といってもプロジェクションマッピングです。

プロジェクションマッピングとは、建築物などにCGや映像を投射する表現のこと。

普通映像は平面に映し出されますが、プロジェクションマッピングの場合そのような縛りはなく、建物や額縁、車などと映像をぴったりと組み合わせることができるのです。

特に立体的な表現が見どころで、最近イベントに引っ張りだこな新しい表現技法なんです。



セントレアイルミネーションのプロジェクションマッピングは、巨大な本に映像が映し出されます。

設計者はなんと東京駅のプロジェクションマッピングを作ったNAKED。

本のページがめくれ上がる表現には思わず鳥肌が立ちますし、ページに映し出される立体的な挿絵はまるで本当にそこに描かれているかのようです。

プロジェクションマッピング自体が一つの物語になっており、最初から最後まで通して見るとだいたい5分ほどかかりますが、その間ずっと見る価値は十分にあります。

スポンサーリンク


アクセスと入場料金・駐車場混雑情報

image005
中部国際空港は名古屋市の中心から少し離れたところにあります。

電車でアクセスする場合は名鉄の特急に乗るか、専用の路線「ミュースカイ」を利用しましょう。


名古屋駅」からだと特急で35分、ミュースカイで28分です。

車を使ってアクセスする場合は中部国際空港連絡道路を使います。

セントレア東インターチェンジまで行けばすぐそこです。

セントレアはさすが空港というべきか、駐車スペースがかなりたくさんあります。

普段から5800台収容できるのですが、混雑する場合は臨時駐車場を利用することもでき、そこには4300台停めることができます。

駐車場の心配をする必要はなさそうですね。

ただ、土日祝日やイベントのある日はどうしても混みあいますし、道路も渋滞してしまうので余裕を持って出かけたほうがよさそうです。

駐車料金は1時間300円です。

セントレアに着いたら、そこから4階のスカイデッキを目指しましょう。

入場や見学は無料なので安心してくださいね。

まとめ

イルミネーションを見に行くのなら、少し早めに行って、飛行機の離着陸を見るのもお勧めです。

スカイデッキからは大きな旅客機が飛び立ったり、着陸したりする姿をばっちり見ることができるんです。

ただ、空港だけあってとても寒いです。

特にスカイデッキは4階にありますのでかなり冷えます。

温かい格好をしていきましょう。

もし冷えてしまったら、セントレアの展望風呂に入りに行くのもおすすめです。

こちらはガラス張りの向こうに伊勢湾を見渡すことができて、また違った絶景を楽しむことができますよ!


スポンサーリンク


-イルミネーション
-, , , , ,