お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

大念仏寺万部おねり2017の日程・時間は?二十五菩薩のお練りと稚児行列

仏教では、人が天寿を全うすると、阿弥陀仏が25の菩薩とともに迎えに来るといわれています。

そんな伝説をもとに始まったのが「大念佛寺万部おねり」です。

2017年は美しく神聖な仏教行事、大念佛寺万部(だいねんぶつじまんぶ)おねりに参加してみませんか?

今回は大念佛寺万部おねりの見どころやアクセス情報、由来などを中心にお伝えします。

スポンサーリンク


大念仏寺万部おねりの意味と歴史は?


大念佛寺万部おねりは、正式な名前を「万部法要」といいます。

14世紀から続く、大念佛寺最大のイベントです。

大念佛寺万部おねりが始まったのは1349年

大念佛寺中興の祖である法明上人(ほうみょうしょうにん)の発案により、阿弥陀仏が死んだ人を迎えに来る様を再現するイベントとして始まりました。

その後、江戸時代に阿弥陀仏経を1万も読み上げたことがきっかけで「万部おねり」の名前がついたといわれています。

大念佛寺万部おねりでは、仏教の経典が読み上げられるだけでなく、阿弥陀仏や菩薩に扮した人々の行列や踊念仏の披露などが行われます。

絢爛豪華な舞台にて、現世と極楽が表現されるさまは一見の価値がある美しさです。

アクセス・日程時間と駐車場は?


大念佛寺万部おねりは、毎年5月1日から5日の13時から16時にかけて開催されます。

2017年だと、5月1日が月曜日、5日が金曜日になっています。

会場はもちろん大念佛寺


最寄り駅はJR大和路線「平野駅」で、駅からまっすぐ南へ5分ほどのところにあります。

また、大阪市営地下鉄谷町線の「平野駅」から、北へ8分ほど歩いてもアクセスすることができます。

最寄りの高速出口は阪神高速14号松原線の「駒川」もしくは「平野」出入り口ですが、大念佛寺には駐車場がありませんので、駅周辺の一般のパーキングを利用する必要があります。

スポンサーリンク


大念仏寺万部おねりの見所は? 二十五菩薩のお練りと稚児行列


数々の仏教に関するイベントが開催される大念佛寺万部おねりですが、やはり一番の見どころは阿弥陀仏と25人の菩薩のおねりでしょう。



阿弥陀仏と菩薩たちは、みんな金色の仮面を身に着けて登場します。

手を合わせているもの、笛を吹いているもの、大きなものを持っているものなど様々な菩薩たちが登場するさまは、本当に極楽に来てしまったかのよう。

この世のものでは無い、神々しさを感じさせる行列なんです。

この行列に加え、子供たちが主役を務める「稚児行列」、お坊さんたちの行列もあわせて行われます。

老いも若きも、極楽浄土を望む心は同じ。

じっくりと腰を落ち着け、行列の進行を見守りたいですね。

まとめ

14世紀から続く大念佛寺万部おねり

地元・大阪の人たちの中には、幼い時から欠かさずこの行事に参加している人も多いんだとか。

大念佛寺と万部おねりは、長年地元で愛されているイベントという側面もあるんですね。

大念佛寺万部おねりの意味は、シンプルに極楽浄土を願う気持ちから生まれました。

どれだけ科学が進歩しても、人間が死後の幸せを望む気持ちは変わらないことでしょう。

だからこそ、大念佛寺万部おねりはこれからもずっと大切にしていくべき行事であると感じます。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , ,