お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

亀戸天神藤まつり2017の見頃はいつ?ライトアップの時間は?

4月から5月にかけて見頃を迎える藤の花。

東京にも何か所か藤の名所がありますが、中でも有名なのが亀戸天神です。

今回は2017年の5月のお出かけにぴったりな、亀戸天神社藤まつりをご紹介します。

スポンサーリンク


亀戸天神社藤まつりの歴史と由来は?


東京都江東区の亀戸天神は、敷地は小さいながら数々の花が美しい神社で、特に5月の初めに見られる藤は見ごたえがあります。

現在では「東京一の藤の名所」と呼ばれることもありますし、江戸時代には8代将軍徳川吉宗が足を運んだという伝説もあります。

そんな美しい藤の花で有名な亀戸天神で開催されるのが、亀戸天神社藤まつりです。



お祭り期間中の夜間にはライトアップされた幽玄な藤を楽しむことができ、境内はたくさんの屋台でにぎわいます。

開催期間・アクセスと入場料・駐車場情報


亀戸天神社藤まつりは、毎年4月の下旬から5月の上旬にかけて開催され、2017年は、4月15日(土)から5月7日(日)にかけて開催される予定です。

亀戸天神の神社境内は24時間無料で開放されていますので、基本的に開催期間中ならいつでも藤を楽しむことができそうです。

ただし、駐車場が利用できるのは8時から17時まで、本殿が空いているのは6時から17時までです。


亀戸天神の最寄り駅は、JR総武線「亀戸駅」、JR総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」です。

いずれも駅から15分ほど歩く必要があるので、バスを利用してアクセスするというのも手です。

バスを使う場合、利用できるのは都営バスの「上26」か「草24」で、いずれも「亀戸天神前」というバス停で降りることになります。

亀戸天神には無料で利用できる駐車場がありますが、藤まつり開催中は大変混雑するため、利用は難しいと考えたほうがいいでしょう。

神社の南には1000台ほど止めることができるタイムズがありますし、他にもいくつか民間の駐車場があります。

車でアクセスする場合はこちらを利用しましょう。

スポンサーリンク


亀戸天神社藤まつりの見頃とライトアップの時間は? おすすめの食べ物は?


例年2週間ほど開催される亀戸天神社藤まつりですが、できれば藤の見頃の時期に足を運びたいですよね。

去年の藤は4月25日~29日にかけて見頃を迎えましたので、都合がつくのであればこの頃に足を運ぶといいでしょう。

先ほども少し触れましたが、亀戸天神社藤まつりでは藤のライトアップが行われます。

毎日日没から24時ごろまでの非常に長い時間ライトアップが行われていますので、ぜひ夜の藤も楽しんでくださいね。

また、日のあるうちは屋台がたくさん並ぶというのも、亀戸天神社藤まつりの楽しみの一つです。

屋台はなんと100近くも出店するので、出店で売られるような食べ物はほとんど登場するとみてよさそうです。

屋台で食事をするのもおすすめですが、亀戸天神の参道にはくずもちで有名な和菓子屋さん「船橋屋」がありますので、こちらであんみつやくずもちをいただくのもおすすめです。

花より団子ではありませんが、おいしいものもしっかりと味わって藤を楽しみたいですね。

まとめ

亀戸天神は「天神様」、すなわち学問の神様・菅原道真を祀った神社です。

これにちなみ、藤まつりとほとんど同じ時期に学業講祭というイベントも開催されるんです。

受験や習い事の発表などを控えている方は、ぜひともこちらに参加しておきたいですね。

今回は藤まつりをご紹介しましたが、亀戸天神ではほかにも2月は梅まつり、10月は菊まつりと季節を通じて様々なお花のイベントが行われます。

折に触れて、境内の美しい自然と触れ合いたいですね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , , , , ,