お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

こどもの日 年中行事

五月人形の飾り方と飾る時期・処分の仕方は?選び方と誰が買うべき?

5月5日はこどもの日。

今でも多くのご家庭で、鯉のぼりを飾ったりかしわ餅を食べたりする習慣が残っています。

こどもの日の風物詩の一つと言えば五月人形ですが、意外に飾り方がわからない、飾る時期を知らないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、知っていそうで知らない五月人形について、飾り方や由来などを解説していきます。

スポンサーリンク


五月人形の意味は?


五月人形は、昔の武士が戦いのときに身に着けた甲冑や兜のミニチュアといったかんじの置物です。

種類によっては兜のみだったり、人形が甲冑を身に着けている場合もあります。

実は広い意味では「五月人形」=「こどもの日の飾り」のこと。

つまり、広義でいうと鯉のぼりも五月人形の一つなんです。

でもここでは狭い意味での、五月人形について解説していきます。

現在は子供のおもちゃとして認識されている人形ですが、昔は持主の不幸や病気を肩代わりしてくれるお守りとして扱われていました。

五月人形もまた、もともとは子供を病気や災厄から守り、健やかな成長を助けるものとして飾られていたと考えられています。

また、もともと武家社会には梅雨入り前に武具を手入れする習慣があり、ちょうど今の子供の日の前後には普段しまってある甲冑が取り出されていることも多かったようです。

このお手入れの習慣と、子供の成長を願うイベントが融合し、現在のような五月人形を飾る習慣になったと考えられています。

五月人形の飾り方と飾る時期は? 処分の仕方は?


五月人形を飾らなければならない期間というものはありません。

思い立った日が吉日とも言いますし、5月5日になる前に、時間を見つけてぱっと出してしまいましょう。

ただし、季節行事の飾り物はその日が終わった後は速やかに片づけるべきです。

遅くとも、5月が終わるまでには片づけるようにしたほうがいいでしょう。

五月人形は種類にもよるものの、たいてい甲冑、兜、屏風、弓、太刀といったいくつかのパーツに別れています。

  • まずは屏風を置き、その真ん前に兜や甲冑、人形を飾ります。

  • その後、飾る人から見て左に弓を、右に太刀を置きましょう。

  • 太刀は抜かず、鞘のままで大丈夫。

  • かがり火や陣太鼓がある場合は、弓と太刀のさらに手前に置きます。



  • こちらの動画も参考にしてみてくださいね。

    兜飾りについてですが、小物の飾り方などはほかのタイプの五月人形でも参考になることでしょう。

    さて、お子様が無事に独り立ちされた後は五月人形もお役御免となるわけですが、意外にも困るのが処分の方法です。

    ありていに言ってしまえば粗大ごみになるのですが、仮にもわが子を何年も守ってくれた人形ですから、ごみ扱いはちょっと気が引けますよね。

    そんな方は、人形供養を行っている神社に預けるといいかもしれません。

    ただ、すべての神社が人形供養を行っているかというとそうではないので、必ず事前に問い合わせてから預けに行くようにしてください。

    また、五月人形に限らず様々な人形を引き取ってくれる「日本人形協会」という団体もあります。

    近くに神社やお寺がないのであれば、こちらに問い合わせてみるといいでしょう。

    スポンサーリンク


    五月人形の選び方と誰が買うべきなの?


    一口に五月人形といっても、甲冑タイプ、兜タイプ、兜と甲冑がセットになっているタイプ、人形が甲冑を着ているタイプの4種類があります。

    それぞれ大きさや予算が異なり、メリットデメリットも変わってくるので、できれば現物を見て購入するタイプを決めたいところですね。

    見栄えやデザイン以外に、収納スペースの大きさともよく相談して決めましょう。

    事前に、飾る予定の場所のサイズを測っておくと楽ですよ。

    また、五月人形にも売れ筋があります。

    人気のあるタイプは4月には売り切れてしまうこともありますので、2月ごろから準備をしておきましょう。

    伝統的に、ひな祭りや端午の節句の飾り物は母方の祖父母が購入することが多いです。

    特に関西ではこの傾向が強いようですが、地域によっては父方の祖父母が購入する伝統があるところもあり、一概には言い切れません。

    最近は両方の祖父母が半分ずつお金を出し合って購入するといったケースも増えているようです。

    また、五月人形は母方の祖父母、鯉のぼりは父方の祖父母が用意するという手もあります。

    孫がかわいいのはみんな同じですから、双方よく話し合って納得のいくようにしたいものですね。

    まとめ

    五月人形に限らず、雛人形や日本人形などはとてもデリケート。

    特に苦手なのが湿気と直射日光ですので、じめじめした場所や光が差し込む場所は飾る場所としては不適切です。

    五月人形を飾る前に、飾る場所の環境を今一度見直しておくとよさそうですね。

    現代では五月人形くらいでしか鎧兜なんて見る機会がありませんので、5月5日のこどもの日には、五月人形の前で鎧や兜についてのお話や、昔の話を披露するのも楽しいかもしれませんね。

    スポンサーリンク


    -こどもの日, 年中行事
    -, , , , , ,