お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

相生ペーロン祭2017の日程は?花火の穴場とペーロン競漕も紹介!

兵庫県相生市は、中国から伝わったボート「ペーロン」が盛んな町です。

そんな相生市では、毎年行われる「相生ペーロン祭」が大変な盛り上がりを見せます。

2017年は手に汗握るボートレースやパレード、花火大会など見どころたくさんの相生ペーロン祭に足を運んでみませんか?

今回は相生ペーロン祭をご紹介します。

スポンサーリンク


相生ペーロン祭とは? その歴史と由来


ペーロンとは龍を模した船体が特徴的な、中国生まれのボートです。

漢字では「白龍」と書き、英語ではドラゴンボートと呼ばれています。

日本に伝わったのは江戸時代初期のころ。

長崎を訪れていた中国の商人が、海が荒れてしまったために出航できなくなり、ペーロンのレースを行って海の神様をなだめようとしたことがきっかけになったと考えられています。

現在でも長崎では、ペーロンのレースが行われているんですよ。

相生市で、ペーロンのイベントが始まったのは大正時代

当時5月27日は「海軍記念日」と呼ばれていて、ペーロンレースもこの海軍記念日にちなんで開催されていました。

地元の人が楽しみにしていたペーロン祭は海軍記念日がなくなったあとも存続し、今では花火大会やパレードなども楽しい相生市を代表するイベントの一つとなっています。

会場へのアクセス・日程時間と駐車場・交通規制情報


相生ペーロン祭は、毎年5月の最終日曜日に開催されます。

また、その前日の土曜日には前夜祭が行われます。

2017年は5月27日(土)が前夜祭、翌28日(日)が本祭となります。

27日の前夜祭は、5000発以上の花火が打ち上げられ、お祭りの始まりをにぎやかにお祝いします。

2017年の情報は今のところ出ていませんが、例年19時30分から20時50分にかけて打ち上げが行われますので、この時間帯にアクセスすれば間違いはなさそうです。

28日は陸上と海上の二つの会場が用意され、それぞれ朝の9時ごろから15時ごろにかけて様々なイベントが行われます。

お祭りの会場は、相生湾および相生市中心部です。

最寄り駅はJR「西相生駅」および「相生駅」です。


相生駅」から祭り会場へは少し距離があるので、駅前から出る神姫バスを利用して、「市役所前」まで乗っていくのもいいでしょう。

車でアクセスする場合、最寄りのインターチェンジは山陽自動車道「龍野西」インターチェンジです。

ただし2日間とも会場周辺は交通規制が実施され、通行止めや左折禁止の処置がとられますので注意しましょう。

相生ペーロン祭では、市内の小学校3か所が無料の駐車場として開放されるほか、会場付近の公共施設7か所が1000円の有料駐車場として開放されます。

特に会場のそばにある駐車場はすぐに満車になってしまいますので、これらの駐車場を利用したいのであれば、できるだけ早めにアクセスしたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク


相生ペーロン祭の見所は?(1日目) 前夜祭の海上花火大会


相生ペーロン祭の前夜祭の花火は、1時間以上の長丁場&5000発もの打ち上げと、ペーロン祭のついでにするにはもったいないほどのボリュームを持つ花火大会です。



もちろん人気も高いので、いい場所で見るためには早いうちから場所取りをしておく必要があります。

おすすめの見物場所は相生湾のすぐそばに作られた「ポート公園」、道の駅の「白龍城」、白竜城のそばにある「中央公園」など。


18時以降は、国道250号線も車が走らなくなるのでおすすめです。

ただし車で参加する方は、帰りの道路に注意が必要です。

何千台もの車が一斉に出車し道路がかなり混むため、出車できるまで1時間以上待つ場合もあります。

できることなら、公共交通機関を利用してアクセスしたほうがいいでしょう。

相生ペーロン祭の見所は?(2日目) ペーロン競漕と陸上パレード・カーニバル


相生ペーロン祭の本祭では、陸上と海上の二か所で同時にイベントが行われます。

まず注目したいのが、9時30分ごろにスタートする「ペーロン競漕」。



相生ペーロン祭のそもそもの始まりとなったペーロンレースですね。

激しい戦いに興奮できるだけでなく、ドラと太鼓が奏でる勇壮な合図にも注目しましょう。

どことなく中華のにおいがする、異国感あふれるボートレースです。

陸上では、相生市の各団体が登場する陸上パレードおよびカーニバルが最大の魅力。

子供会や同好会が日ごろの練習の成果を見せてくれます。

相生駅の南に延びる「中央通り」がメイン会場となりますので、いい場所を取って出迎えたいですね。

パレードが始まるのは例年11時ごろです。

まとめ

普段はなかなか見ることができないペーロンレース

相生ペーロン祭は、そんなペーロンがメインとなっている、本州では珍しいイベントです。

普通のイベントでは得られない思い出を作りたい人にはぴったりですね。

ちなみに、花火大会ばかり取りざたされる前夜祭ですが、実は昼間にはペーロン体験が実施されています。

あのペーロンに乗ってみたいと思われる方は、前夜祭の15時ごろに祭り会場で受付をしてみましょう。

かけがえのない経験になるに違いありません。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , , , ,