お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

美川おかえり祭り2017の意味と歴史は?日程・駐車場と見どころは?

日本全国で行われているお祭りは、地元の人々が心を込めて盛り上げているものも珍しくありません。

今回ご紹介する、美川おかえり祭りもその一つ。

2017年は美しい港町とその住人に愛されたお祭りを見に行きませんか?

今回は美川おかえり祭りをご紹介します。

スポンサーリンク


美川おかえり祭りの歴史と由来は?


美川おかえり祭りは、石川県白山市の産土(うぶすな)神社、「藤塚神社」の春の例祭です。

いつごろから行われていたのかは不明ですが、原型は700年以上も前にさかのぼり、少なくとも江戸時代の後期には現在のような形で行われていたとされています。

美川はもともと「吉本湊」と呼ばれていた、北陸屈指の港町でした。

美川の人々はその繁栄が藤塚神社の神様によるものだと考え、毎年豪華な神輿を練りまわす、華やかな祭礼を行っていました。



これが現在にも伝わっている、美川おかえり祭りなんです。

開催日程・アクセスと駐車場・交通規制情報


美川おかえり祭りは、毎年5月の第三土曜日と日曜日に開催されます。

2017年は、5月20日(土)と21日(日)が予定されています。

開催場所は石川県白山市の藤塚神社とその周辺


最寄り駅はJR北陸本線「美川駅」で、駅から西へ5分ほどのところにあります。

車でアクセスする場合は、北陸自動車道の「美川」インターチェンジが利用しやすいです。

出口を出て、まっすぐ南へ5分ほど走ると神社の周辺にたどり着きます。

また、例年「美川和波町臨時駐車場」と「白山市美川支所」の二か所に、合計500台ほど収容できる臨時駐車場が用意されます。

なんと無料で利用できますので、できるだけ早めにアクセスして駐車スペースを確保したいところです。

美川おかえり祭りでは、藤塚神社から出発した神輿が北東の御旅所まで移ります。

そのため、藤塚神社~御旅所の区間は祭りの期間中通行止めとなりますので、車でアクセスする場合は気を付けましょう。

スポンサーリンク


美川おかえり祭りの見どころ


美川の人々が、今も大切に受け継いでいる美川おかえり祭り。

おかえり」とは、なんとも不思議な名前ですよね。

実はこの名前には重要な意味があるんです。

というのも、美川おかえり祭りは、神輿の通るルートが、実は一つではないんですね。

全部で10ものルートがあり、1年ずつルートを変えて神輿の行き来が行われます。

つまり、10年に1回しか神輿が通らない道というものがあるんです。

10年ぶりに利用される道にはちょうちんが並べられ、人々は心を込めて神輿をお迎えします。

10年ぶりに『おかえり』なさい」というわけで、お祭りの名前に登場する「おかえり」とはこのことを指しているんです。

また、この道は「おかえり筋」と呼ばれていて、美川おかえり祭りが最も盛り上がるスポットなんですよ。

美川の人々がいかに藤塚神社やお神輿を大切に思い、神様が来てくださることを喜んでいるかがわかりますよね。

このおかえり筋のにぎやかさは、美川おかえり祭りの大きな見どころでもありますので、ぜひ一度は立ち寄りたいところです。



19時前後と少し遅い時間にはなりますが、神輿がやってくる様子もぜひ見たいところですね。

また、1日目に神輿が神社を出発する様子や、2日目に神輿が御旅所を出る様子など、2日間通して様々な見逃せない瞬間があります。

長丁場となりますが、どうせならすべての見どころを目に収めて帰りたいものですね。

まとめ

かつては大きな港町として栄えた美川

お神輿も豪華に飾り立てられていて、当時の繁栄を感じさせます。

神輿のほかに13台の台車にも注目しましょう。

各町や組合が所有している台車は、見た目や飾り方が少しずつ違っています。

美川の子供たちは毎年、この台車に乗り込むことを楽しみにしているそうで、当日にはたくさんの子供たちが楽しげに台車に乗っている姿を見ることができるでしょう。

神社の周辺には、たくさんの屋台が出るというのも注目したいポイントです。

お祭りといえば屋台、屋台といえばお祭り。

普通の屋台料理でも、幻想的なお祭りの様子を見ながら食べれば、いつもよりずっとおいしく感じることができるので、神輿がやって来るのを待ちながら、屋台料理をいただきたいものですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , ,