お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

時空の迷い人と不思議な書物の開催期間とチケットは?参加に必要なものは?

実際に町を歩きながら謎を解く、「リアル謎解きゲーム」はテレビや本でクイズを解くのとはまた違った楽しみがありますよね。

今回ご紹介する「時空の迷い人と不思議な書物」も、そんなリアル謎解きゲームの一つ。

現代のビジネス街・東京丸の内にお姫様が迷い込むという、ちょっとファンタジックな世界観が魅力です。

スポンサーリンク


時空の迷い人と不思議な書物ってどんなイベント?


時空の迷い人と不思議な書物」は、2017年の4月から5月にかけて東京で実施される「リアル謎解きゲーム」のひとつです。

リアル謎解きゲーム」は実際に町を歩きながら謎を解く必要がある、体験型の新しいエンターテイメント。

スマートフォンを持っている人ならだれでも参加できる、ひらめきや知力以上に行動力がカギとなるゲームなんですね。

イベントでは、参加者の前に昔のお姫様「弥姫(いよひめ)」が登場。

彼女をもとの時代に帰すことを目的に、東京中を歩き回ることになります。

謎解きが得意な人はもちろん、ちょっと違う角度から東京の街並みを探索したいとお考えの方にもピッタリなイベントですね。

イベント参加に必要なものと開催日程・チケット購入情報は?


時空の迷い人と不思議な書物」は、2017年4月1日(土)から5月31日(水)までの2か月間行われます。

この期間中ならいつでも自由に始めることができますが、遊ぶにあたってはスマートフォンと専用のキットが必要です。

キットはイベント期間中、丸の内の丸善と丸ビル内のふたば書房で1500円で購入することができます。

ただ、前もってチケット購入サイトなどで前売りチケット(1100円)を購入し、丸の内オアゾ内にあるPUBSでキットと引き換えたほうが安く遊ぶことができます。

前売りチケットは3月11日(土)から4月30日(日)までしか販売されませんので、できるだけ早めに購入しておくようにしましょう。

スポンサーリンク


時空の迷い人と不思議な書物の楽しみ方と第1弾「魔法にかけられた神秘の街」の様子は?


時空の迷い人と不思議な書物」の大きな特徴は、町歩きと連動した謎解きが展開されるという点です。

参加者はスマートフォンやタブレットを使ってブラウザにアクセスし、謎の答えを入力するなどしてストーリーを展開させていきます。

ゲームの舞台は東京の中心、丸の内、大手町、有楽町の三つのエリア。

自分の足でこれらのエリアを探索し、時空や書物の謎を解いていきましょう。

時空の迷い人と不思議な書物」は、リアル謎解きゲームにしては難易度がやや高め。

詰まった場合はヒントもあるので、焦らずに一つ一つ謎をクリアしていきましょう。

また、制限時間などは設けられていないので、観光がてらゆっくり謎を解いたり、数日間かけてクリアしたりといった遊び方も可能です。

実は東京の丸の内を舞台にしたリアル謎解きゲームは「時空の迷い人と不思議な書物」が初めてではありません。

2016年の10月にも同様の試み「魔法にかけられた神秘の街」が開催されていました。



こちらも東京の魅力がたっぷりつまった、どこかファンタジックな世界観が大きな話題になったんです。

「魔法にかけられた神秘の街」を体験した人もそうでない人も、ぜひ「時空の迷い人と不思議な書物」を楽しんでくださいね。

まとめ

時空の迷い人と不思議な書物」は一人から参加することができますが、難易度が高めのゲームということもありますし、できれば友人や家族で連れ立って参加したいイベントだといえそうです。

親しい人と共通の謎を追いながら大都市を探索すれば、普段は得られない興奮と思い出を得ることができるはずです。

ちなみに平均プレイ時間は2~3時間が想定されているんだとか。

あえて友人たちと協力せずに進行し、後でスコアを競うなんて楽しみ方もできたりするので、思い思いのやり方で、すてきな思い出を作りましょう。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,