お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

白根大凧合戦2017の会場と日程は?勝負の見どころと花火も忘れずに!

お正月遊びによく登場する凧。

新潟県新潟市で行われる白根大凧合戦では、季節外れなことに6月の空を飛ぶ凧を見ることができます。

2017年は、江戸時代から続く伝統行事でもあるこのイベントを鑑賞しに行きませんか?

今回は新潟県の6月の風物詩、白根大凧合戦をご紹介します。

スポンサーリンク


白根大凧合戦とは? 歴史と由来について


白根大凧合戦が始まったのは江戸時代の中頃

集落同士の、ちょっとしたいさかいが起源になっています。

かつて、中ノ口川をはさんで「白根」と「西白根」の二つの集落がありました。

ある時、白根の人々が堤防工事を行います。

工事が無事に完成したのでお祝いに凧を上げたところ、強風のために対岸の西白根に落下し、畑を荒らしてしまいました。

西白根の人々はこれに腹を立て、同じく大きな凧を用意。

川を挟んで向こう岸に打ち上げて落としました。

この二回の凧の打ち上げがきっかけとなり、現代でも川を挟んで凧を打ち上げあう白根大凧合戦が続いているというわけなんですね。

開催日程・時間とアクセス・駐車場は?


白根大凧合戦は、毎年6月の第一木曜日から次の週の月曜日まで、なんと5日間にわたって開催されます。

2017年だと、6月1日(木)から5日(月)までです。

この5日間は毎日13時から18時まで、巨大な凧が戦う不思議な光景を見ることができます。

会場は、かつて最初の戦いが行われた中ノ口川の堤防

新潟市の南区にある、「凧見橋」と「白根橋」のあいだの区間です。

最寄り駅はJR「新潟駅」ですが、駅からかなり距離があるため、駅からさらに路線バスを利用しましょう。

まず新潟駅から「青山」行きのバスに乗り、「青山」停留所で降ります。

その後乗り換えが必要なのですが、乗り換えることができる路線は二種類あります。

大野・白根線」を利用する場合は「白根小前」で降り、「味方・月潟線」に乗り換える場合は「白根中」で降りましょう。


また、2016年度は新潟駅前から臨時の直通バスも運行されました。

2017年の情報は今のところ発表されていませんが、そちらを利用できればよりスムーズにアクセスすることができますね。

最寄りのインターチェンジは北陸自動車道「巻潟東」インターチェンジ、磐越自動車道の「新津」インターチェンジです。

「しろね大凧と歴史の館」や白根学習館、新潟市南区役所など複数の施設の駐車場が一般開放されますので、駐車場はこちらを利用するようにしましょう。


しろね大凧と歴史の館」からはシャトルバスが運行されますので、会場まではシャトルバスに乗ってアクセスすると便利です。

スポンサーリンク


勝負の決め方と見どころ 有料観覧席・観覧船情報


白根大凧合戦では、両岸から凧を打ち上げあい、川の中で引き綱を絡ませあってお互いに引っ張ります。

相手の引き綱を引っ張り、できるだけ長く切り取ることで勝敗を決めるというわけなんですね。

凧自身の大きさや重さ、凧を操る人の技量のほかにも、当日の風や川の流れの強さが大きく勝敗に影響します。

最後まで分からない勝敗の行方が、白根大凧合戦最大の魅力と言えるでしょう。

巨大な凧が絡み合い、激しく攻防を繰り広げる迫力ある様を楽しんでくださいね。



白根大凧合戦は無料で見ることももちろん可能なのですが、より迫力ある光景を見たいのであれば、有料の観覧席を購入しておくという手もあります。

観覧席は大凧合戦の実行委員会に電話をして予約することもできますし、当日空きがある場合は、直接観覧席に足を運ぶことで購入することができます。

有料観覧席は1人500円、半券は「しろね大凧と歴史の館」の入場券も兼ねていますので、大凧合戦を堪能した後に博物館でさらに知識を深めることもできそうですね。

また、川の中に浮かぶ船の中からも大凧合戦を見ることが可能です。

岸辺とはまた違った角度から激しい合戦を見ることができるので、こちらもおすすめ。

入船は無料ですが、できれば次回以降の大凧合戦のためにも、気持ちばかり協力金を落としていきましょう。

花火大会


白根大凧合戦では、迫力のある大凧のほかにもう一つ忘れてはいけないものがあります。

それは花火

昼間激しい戦いが繰り広げられた川の上に、夜大きな花火が打ち上げられるんです。



といっても毎日打ち上げが行われるわけではなく、打ち上げが行われるのは土曜日のみ

2017年だと、6月3日に打ち上げが予定されています。

19時45分からオープニングセレモニー、20時30分から花火の打ち上げが始まり、花火大会が終了するのは21時ごろです。

この花火、実は翌日曜日に開催される「お祭り広場」のオープニングでもあるんです。

花火大会の後はお祭り広場にも足を運び、白根大凧合戦をより楽しんでくださいね。

まとめ

白根大凧合戦は、凧で戦うという日本でもあまり見ない不思議な行事。

そんな行事を盛り上げるために、白根周辺では様々なイベントが併せて開催されます。

前述した花火大会やお祭り広場もそのひとつ。

お祭り広場では、屋台で食事をしたりステージで繰り広げられる催しを楽しんだりすることができるんです。

大凧の観戦をいったん中断し、こちらで楽しむというのもありですよ。

また、2016年は新潟県南区のグルメが一堂に会するグルメイベントや、大凧合戦を見ながらお茶会をするイベントなど、特色豊かなイベントがたくさん行われました。

2017年についても、これからさらに情報が出てくることでしょう。

白根大凧合戦だけでなく、白根で開催される様々なイベントを楽しんで、たくさん思い出を作りたいですね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , ,