お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

箱根大名行列2016年の日程と見どころを紹介!行列はどこで募集?

2016/10/20

江戸時代、小田原藩の支配下にあった箱根では、今でも毎年11月、当時の面影をしのぶお祭りが開かれています。

その名も箱根大名行列。

2016年はいつ開催されるのでしょうか?そして見どころは?

今回は、そんな箱根大名行列について解説します。

スポンサーリンク


箱根大名行列の歴史

image001
箱根の温泉地としての歴史は大変古く、奈良時代にはすでに文献に登場するなど、はるか昔から有名な土地でした。

しかし、長い間箱根は山の奥、交通の便の大層悪いところにあったため、今のような観光目的で訪れるような場所ではなく、また温泉以外には特に見どころも無いような場所でした。

しかし明治時代に入り、箱根の開発が叫ばれます。

そして昭和10年、湯本で温泉博覧会が開かれることになりました。

博覧会として展示会や温泉の試飲など様々なアイディアが出されましたが、今一つ目玉になりそうなものはありませんでした。

そこで、江戸時代の風俗やしきたりをできる限り再現した大名行列が行われることになったのです。

行列は大成功。

瞬く間に箱根の名物になりました。

戦争などで一時的に中止になったものの、戦後すぐに復活。

今では紅葉の季節の、箱根のもう一つの見どころになっています。

箱根大名行列の日程やルート

image003
箱根大名行列は毎年11月3日の文化の日に行われます。

文化の日はハッピーマンデーに含まれず、2016年は木曜日に当たります。

行列は江戸時代当時の面影をしのばせる古い街道や温泉街をめぐります。

ただ歩くだけでも壮観ですが、要所要所で演技が行われます。



特に火縄銃の演技はとても迫力があり、毎年人気です。

2016年はスタートの湯本小学校とゴールの湯本富士屋ホテルをはじめとした20か所で予定されていますので、行列についていくことをお勧めします。

行列は9時45分に演技を開始し、10時に湯本小学校を出た後、14時30分に富士屋ホテルに到着します。

ちなみに毎年芸能人がスペシャルゲストとして参加し、過去に浅香唯さんなどが参加されていますが、2016年は、元若乃花の花田虎上(はなだまさる)さんが参加予定です。

日中ではありますが、11月の箱根は結構冷えますし、長時間のイベントなので、なにか一枚羽織るものがあると便利です。

スポンサーリンク


箱根大名行列の見どころ

image005
見どころはなんといっても、当時を完全に再現した服装や小物でしょう。

行列が初めて開催されたのは昭和10年、さすがに実際の行列に参加した人はいなかったので、旧家に保存されてあった錦絵を参考に再現したそうです。

また、毛槍と挟箱の持ち方や振り方も、行列が始まった当初はぎりぎり覚えている方がご存命で、厳密に教えていただいたやり方が現在にも伝わっています。

もう一つの見どころは紅葉です。

文化の日はちょうど箱根の紅葉が見ごろを迎える時期。

一部はまだ赤くなっていないかもしれませんが、大半の場所で美しい紅葉を見ることができるはずです。

ゆっくりと歩きながら箱根の紅葉を見る機会はそうそうありません。

演技中は行列に集中しつつも、歩いているときは周りの景色も楽しんでみてくださいね。

会場へのアクセスと渋滞混雑・駐車場情報

image007
箱根大名行列の人出は毎年10万人前後。

紅葉の季節に行われるうえ、午後からは日帰りで温泉を楽しむ人もいるため、普段の箱根よりもはるかに込み合う可能性が非常に高いです。

そのうえイベントの会場になる箱根湯本周辺には、専用の駐車場がありません。

しかも朝の9時から15時まではがちがちの交通規制が敷かれています。

どうしても車を使うなら、湯本で探さず小田原駅周辺で探してみましょう。

それでもできるだけ早くいかないと、どこも満車という状況になりかねません。

会場の「箱根湯本駅」に行くには、まずは「小田原駅」を目指します。

そこから箱根登山鉄道に乗り換えると15分で「箱根湯本駅」です。


北千住駅」と「新宿駅」からは、小田急ロマンスカーが利用でき、そちらを使えば乗り換えなしで湯本まで直行できます。

行列はどこで募集してるの?

箱根大名行列は見るだけでなく、実際に参加することもできるんですよ。

行列の中のエキストラを一般から募集しているんです。

箱根出身などの制限は特になく、健康であれば男女ともに応募が可能です。

ちなみに男性は侍の格好しかできませんが、女性は腰元(侍女)に加え侍の格好もさせてもらえます。

締め切りは9月28日(水)まで、応募は箱根湯本観光協会の公式ホームページをご覧ください。

江戸時代にタイムスリップしてみたい方は、挑戦してみるのもいい思い出になりそうですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,