お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

TEAM BEYONDとパラスポーツとは?メンバーや開催イベントは?

2020年東京オリンピック、パラリンピックまであと4年を切りました。

五輪をさらに盛り上げる取り組みが、全国で広まっています。

TEAM BEYONDもその取り組みの一つ。

普段はなじみがないという人も多いであろう障害者スポーツですが、TEAM BEYONDを通じてもっともっと注目していきませんか?

今回は東京パラリンピックを通じて、さらにたくさんの人にスポーツの楽しさを知ってもらう取り組み、TEAM BEYONDについて解説していきます。

スポンサーリンク


TEAM BEYONDとは? パラスポーツとは?


4年に一度行われるスポーツの祭典、オリンピック

それとほぼ同時期に行われるのが、障碍者スポーツの祭典「パラリンピック」です。

パラリンピックは「パラスポーツ」、すなわち身体障碍者たちを対象にしたスポーツの大会で、2020年の東京五輪でも同時期に開催されることが決定しています。

東京都は、東京五輪の開催決定に伴い、「東京パラリンピックの成功なくして東京五輪の成功はない」としています。

そこで2016年11月、東京都知事の小池百合子氏が呼び掛けたのが「TEAM BEYOND」というわけなんですね。



TEAM BEYONDは文字通り、障碍者と健常者、アスリートと観客、企業と市民など、様々な垣根を乗り越えて一つのチームになり、あらゆる人々がいきいきと生活できる社会を作ろうという試みです。

東京パラリンピックの終了後も障害のある方がスポーツを楽しむことができる社会を作ったり、様々なひとがスポーツに関するイベントに足を運ぶことができるシステムを構築しようというわけなんですね。

TEAM BEYONDにはどんなメンバーがいるの?


TEAM BEYONDが対象としている人は、健常者だけではありませんし、有名な企業だけではありません。

公式ホームページで登録を済ませれば、どんな人でもメンバーになることができるんです。

TEAM BEYOND 公式ホームページ

また、公式ホームページでは有名人や有名アスリート、企業やNPOといった人たちがメンバーに名を連ねている様子を見ることができます。



東京都知事の小池百合子氏はもちろん、モデルの藤田ニコルさん、お笑いタレントの田村亮さんなどそうそうたるメンバーがTEAM BEYONDの一員となっています。

スポンサーリンク


TEAM BEYOND LIVE FIELD 2017 at Toyosu PITとはどんなイベント?


TEAM BEYONDのメンバーになると、メンバー限定のイベントに参加することができるようになります。

スポーツに関するイベントはもちろん、音楽イベントなど様々なイベントが企画されています。

現在企画されている中で、もっとも注目したいのがTEAM BEYOND LIVE FIELD 2017 at Toyosu PITというイベント。

なんと音楽とスポーツが融合した、新しい時代のイベントなんですよ。

音楽もスポーツも、あらゆる人々が垣根を乗り越えて楽しむことができるものですよね。

これら二つが合わさったイベントに参加することで、いつもとは違った体験、いつもは接点がない人との交流を楽しむことができるのではないでしょうか。

出演アーティストは、AIとLittle Glee Monsterが決まっています。

その他のアーティスト、パラリンピアン・オリンピアンなどもゲスト出演する予定です。

TEAM BEYOND LIVE FIELD 2017 at Toyosu PITの開催場所は東京都江東区豊洲の豊洲PITで、3月24日(金)の18時30分から開始予定です。


TEAM BEYONDのメンバー2000名が招待されますので、ぜひとも参加したいとお考えの方は3月8日までにTEAM BEYONDへの登録とイベントの参加応募を済ませておきましょう。

まとめ

スポーツの歴史はたいへん古く、人間がほかの動物とは違った特徴を獲得し始めたころから行われていたと考えられています。

つまり、スポーツは人間にとってなくてはならない要素の一つというわけなんですね。

しかし、長い人類の歴史の中では、必ずしもすべての人がスポーツの楽しさを享受できていたわけではありません。

例えば女性のアスリートが誕生したのは、19世紀ごろだったと考えられています。

それまでスポーツの世界は、もっぱら男性たちによるものだったわけなんですね。

障害者のためのスポーツが生まれのも、スポーツ全体の歴史から見ればつい最近のことです。

また、いまだに健常者のスポーツに比べれば影が薄く、大会もそれほど盛んではありません。

あらゆる人々が自分の好きなようにスポーツを楽しむことができる世界というものは、自然と生まれるものではありません。

TEAM BEYONDのような取り組みに積極的に参加して、いろんな楽しみを垣根を越えて実現できるような社会を生み出したいものですね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , ,