お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

弥五郎どん祭り2016の開催日程は?おすすめ駐車場と実は3兄弟?

2016/10/20

鹿児島県の三大祭の一つ、弥五郎どん祭りが2016年も開催されます。

始まりの由来は神話の時代にまでさかのぼり、900年前から行われていた歴史のあるこのお祭り。

鹿児島に行ったときにはぜひ参加したいお祭りです。

今回は、そんな弥五郎どん祭りの見どころや日程をご紹介します。

スポンサーリンク


弥五郎どん祭りとは?

image001
鹿児島県曽於市の岩川八幡神社は、普段はとても静謐な神社ですが、毎年秋には多くの人出でにぎわいます。


みんな弥五郎どん祭りを見に来るんです。

弥五郎どんは鹿児島の東部大隈地方で代々伝わる巨人です。

といっても、弥五郎どんがいったい何者なのかは今でさえよくわかっていません。

多くの説に共通するのは、かつて鹿児島にいたリーダーだったということ。

そして、朝廷に従わなかった人物であるということです。

九州はかつて、大和朝廷にまつろわぬ民族、熊襲や隼人がいたことで知られています。

朝廷との戦争で、たくさんの人が犠牲になったことでしょう。

弥五郎どん祭りは、彼らの霊を慰めるために始まったということが通説です。

日程・時間は?

image003
弥五郎どん祭りの開催日は毎年変わらず11月3日です。

お祭り自体は深夜から始まっています。

午前一時の「弥五郎どん起こし」に参加すると、体が強くなったり運がよくなったりするいわれがありますので、眠いですがぜひ参加したいところですね。

続いて神社で舞の奉納など、様々な神事が行われます。

それが終わったら、いよいよメインイベントである「浜下り」が始まります。

市内の一部が歩行者天国となり、11時ごろからパレードも別で行われます。

弥五郎どんが神社に登場するのは例年午後1時ごろ。

屋台でお昼ご飯を食べながら待ちましょう。

スポンサーリンク


弥五郎どん祭りの見どころ 弥五郎どん浜下り

image004
浜下りが始まったら、ぜひ弥五郎どんについていくことをおすすめします。

弥五郎どんは神輿や山車とは違い、男性をかたどった人形なのですが、その大きさが尋常ではありません。

なんと5メートル近くあります!

それをたくさんの人が支えながら町を練り歩くわけですが、まずそのままでは鳥居さえくぐることができません。

そのため、紐を使って巧みに弥五郎どんをそらし、ぎりぎり鳥居をくぐります。

この鳥居くぐりはとても迫力があり、祭りのハイライトの一つです。

シャッターを押すのをお忘れなく。




その後、町を一周ぐるりとめぐるような感じで、弥五郎どんは町内を回ります。

途中、高架下をくぐる迫力のある姿も見ることが出来、5キロのコースがあっという間です。

駐車場情報と交通規制

image006
車で弥五郎どん祭りに参加するなら、気になるのが駐車場の情報ですよね。

一番のお勧めは「おおすみ弥五郎伝説の里」という道の駅。


岩川八幡神社からもほど近く、レストランや博物館もある観光施設です。

300台ほど収容できますので、早めに駐車スペースを押さえておきましょう。

ただし、当日は浜下りコースを中心に交通規制が敷かれます。

8時から17時とかなり長めの交通規制なので、帰宅時間と被りそうな場合は少し離れた場所で駐車場を探した方がいいでしょう。

また、お祭りの公式ホームページからほかの駐車場の情報や交通規制の詳細などが書かれた地図をダウンロードすることができますので、一度見ておいた方がよさそうです。

まとめ

弥五郎どんがいるのは、岩川八幡神社だけではないんです。

宮崎県にある他の二か所の八幡神社にも、同様に弥五郎どんと呼ばれている巨人の人形があり、また同じく町内を練り歩く行事が残されています。

この三人の弥五郎どんは、どうも違う人物がモデルになっているようで、一説には三兄弟だとも言われているんです。

どの弥五郎どんも特徴的な造形をしていて、江戸時代からほとんど姿が変わっていないそうです。

お祭りの日程がかなり近いので、一度に三人とも見るのは難しそうですが、ぜひ全部のお祭りに参加したいですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , ,