お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

生活・流行・日本の風習

プレミアムフライデーとは?導入企業とロゴマークは?今後はどうなる?

プレミアムフライデー」という言葉、最近よく耳にするようになりましたよね。

しかし、具体的にいつから始まるのかや、どのような制度なのかを、いまいちわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、時事用語「プレミアムフライデー」をわかりやすく解説していきます。

どのような意図をもってはじめられたのかや、今後どのような展望が予定されているのかを知って、プレミアムフライデーを有意義に過ごしましょう。

スポンサーリンク


プレミアムフライデーとは? いつから始まるの?


プレミアムフライデーとは、「月末の金曜日」を「15時退社にする」という制度です。

単純に労働時間が減るだけでなく、普段は働いている時間を自由に使ってもらうことで、様々な経済効果を生み出してもらおう、という意図があります。



例えばいつもは家でご飯を作っている人も、時間があれば外食をしに行くかもしれません。

普段は忙しいからついつい後回しにしがちな、ジム通いや料理教室にあてる時間も増やすことができるでしょう。

また、金曜日の午後から日曜日までお休みになれば、2泊の旅行だって行きやすくなりますよね。

つまり、プレミアムフライデーは「労働環境の改善」だけでなく、「個人の消費を促進」させるという意図があるんです。

これによって、デフレを防ぐことができます。

また、趣味にあてる時間が増えることで、より自分らしく生きやすい社会になるかもしれません。

今までにない新しい人間関係を築くこともできるでしょう。

もちろん上にあげたことは、すべて実現するとは限りませんし、プレミアムフライデーの効果は、まだまだ仮説段階といった感じですね。

2017年2月24日(金)からとうとう実施されますが、効果が実際に判明するのはもう少し先になりそうです。

プレミアムフライデーの導入企業とロゴマーク


ではどんな会社でも金曜日は早く退社できるようになるの?というと、そうでもありません。

現在のところ、プレミアムフライデーを社員に適用している会社は三菱自動車やソフトバンクなどの10社前後しかないんですね。

プレミアムフライデー自体、まだまだ様子見段階ということのようです。

ただ、飲食店や小売業界、百貨店や旅行会社などの業界は、プレミアムフライデーに大きく期待を寄せているようです。

例えばプレミアムフライデーに合わせて新商品を発売したり、特別なサービスを行ったり、といった風にプレミアムフライデー制度を大きく利用しようという傾向が見られます。

こういった取り組みは消費者がたくさんいて初めて功を奏するもののように感じられますが、どれほど効果が出るのか注目したいですね。

また、政府はプレミアムフライデーの公式ロゴマークを用意しています。

プレミアムフライデーを導入する企業やお店は、このロゴマークを使って新しい取り組みをアピールできるというわけですね。

今までに3000ほどの企業や団体、お店などがこのロゴマークの使用を申請したということで、今後街中でロゴマークを見かける機会が増えるかもしれません。

スポンサーリンク


プレミアムフライデーに実施予定のイベントと今後はどうなる?


前述のように、金曜日の午後に大きな消費を見込むことができるようになったことで、多くのお店でプレミアムフライデーにちなんだイベントが実施されることになります。

いつもよりちょっと贅沢をしたい、という人はこれらのイベントを利用してみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに次回のプレミアムフライデーは、3月31日(金)となっています。

現在のところ、4月も5月もプレミアムフライデーが導入される見通しで、参加企業はそれぞれの事情に合わせ、柔軟にプレミアムフライデーを利用していくことになります。

まだまだ始まったばかりの取り組みですので、先行きがどうなるかは全く見えませんが、日本経済にいい効果をもたらしてくれることを期待しています。

まとめ

空いた時間に個人消費を促すプレミアムフライデーですが、実は多くの人が余暇に求めているものは、「ちょっとした贅沢な時間」ではないかもしれません。

というのも、とあるアンケートで、「15時退社したあと何がしたいですか?」という質問に対し、なんと50パーセントもの人が「家で休む」と回答をしたという話もあるんです。

家で休むだけでは、あまり大きな経済活動は見込めませんよね……。

個人的には、プレミアムフライデーを成功させるには、多くの人を自ら経済活動に乗り出させるような取り組みが不可欠なのではないかと思います。

そして、2月のプレミアムフライデーの結果を受け、社会の動きがどうなっていくのか注目したいな、とも思っています。

スポンサーリンク


-生活・流行・日本の風習
-, , ,