お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

日本の暦・祝祭日・二十四節気

清明の意味と2017年はいつ?季語と英語では何て?旬な食べ物は?

清明(せいめい)とは春分の次に来る二十四節気で、昔から人々の生活の重要な節目となってきました。

2017年は何月何日が清明に当たるのでしょうか?

また、清明をお祝いするイベントとは?

今回は春の盛りを感じることができる、清明について解説していきます。

スポンサーリンク


清明の意味と由来は? 2017年はいつ?


清明とは「自然にあるものすべてが若くすがすがしい、明るい季節」という意味がある、「清浄明潔」という言葉が縮んで生まれた言葉です。

具体的には、桜をはじめとした春の花が次々と満開を迎え、夜間の冷え込みも徐々に緩み、ようやく「」という季節がやってきたことを感じることができる時期です。

そんな清明は、毎年4月5日前後にやってきます。

具体的に言えばその年の春分の日の、15日後前後にあたります。

2017年の清明は、4月4日(火)です。

中国の清明節や沖縄県の清明祭との関係は?


二十四節気はもともと中国からはいってきた考え方なので、中国にも日本と同様清明が存在します。

中国では「清明節」と呼ばれており、お正月や端午の節句と同じくらい盛大にお祝いされる日でもあるんですよ。

清明節は農業を始める日であり、同時に先祖のお墓にお参りする日でもあります。

墓参りを兼ねて近所をゆっくりと散歩する伝統もあり、日本のお花見のように春の花を楽しみます。

日本の多くの地域では、中国と違って清明節としてお祝いをすることはありません。

ただ、沖縄だけは例外で、現在でも「清明祭(シーミー)」という行事が残っています。

イベント名は違いますが、やることは清明節とほとんど変わらず、お墓参りや散策を楽しむ日と言った印象ですね。

ちなみに沖縄で清明祭がお祝いされるようになったのは、18世紀の半ば

日本でいうと、江戸時代のちょうど真ん中あたりのことだったといわれています。

琉球王国時代の古い風習が、今なおしっかりと息づいているのはとても素敵なことに感じられます。

スポンサーリンク


俳句の季語と英語では何て言うの? 清明の時期に旬な食べ物は?


清明は、俳句の世界では命に満ちた春のみずみずしさ、にぎやかさを表現することができる季語として知られています。

季節は春、とくに晩春を表現するときに用いられます。

春の俳句を詠んでみたいときには、使ってみてくださいね。

また、英語では漢字通りに「clear and bright」と表現されます。

もちろんこれだけだとちょっとそっけないので、「solar term(二十四節気)」と付け加えると、より意図が伝わりやすいでしょう。

ちなみに形容動詞としての「清明」は「pure and clear」と表現されることもあります。

清明の季節になると、春らしい食べ物が旬を迎え始めます。

新じゃが、ごぼう、三つ葉といった野菜や鰆、さより、カツオなどの海の幸が一番おいしい季節ですね。

現代は季節感がないなんて言われますが、こういった季節の節目に旬の食材を食べるとやはりおいしいものですよ。

まとめ

ようやく冬の終わりが実感できる清明の季節は、日本各地の桜の名所で桜にちなんだイベントが行われる時期とぴったりと重なっています。

普段は近所の公園でお花見をする、という人も、清明の日には有名な桜まつりに参加するのもいいかもしれませんね。

また、清明の時期には日本各地でが帰ってきます。

古い民家や駅で巣を作る燕は、やってくると途端ににぎやかになりますよね。

清明という節目を知らなくとも、満開の桜やにぎやかな燕を目にすると、生き生きとした春がやってきた、といった幸せな気分になれますよね。

春は何かと忙しい季節でもありますが、豊かな自然の中で休憩しつつ次の季節に進んでいきましょう。

スポンサーリンク


-日本の暦・祝祭日・二十四節気
-, , , , ,