お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

引越し・新生活

歓送迎会の流れと役職ごとの挨拶の順番は?新任者と転出者はどちらが先?

転勤や入社が多い春。

会社で歓送迎会が開かれることも多いのではないでしょうか。

そんな時困るのが、歓送迎会の挨拶の順番ですよね。

新しく職場に加わる人と、職場を出ていく人。

どちらの挨拶を先に済ませるべきなのでしょう。

また、職場からの挨拶は誰がすべきなのでしょうか?

今回は、司会者の人は絶対に覚えておくべき、歓送迎会の挨拶の順番についてアドバイスします。

スポンサーリンク


歓送迎会の流れと役職ごとの挨拶の順番は?


新しく仲間になった人々を歓迎し、職場を去る人に別れを告げる歓送迎会

職場のメンバーだけでなく、新しく職場に入ってくる人や異動する人まで参加するので、誰から挨拶をするのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

実はこの挨拶の順番、不文律的にきっちり決まっています。

もし司会者を任されたとすれば、この順番を違えてはなりません。

参加する人の役職も多岐にわたっているので、一層気を使う必要があるんですね。

ほとんどの場合、歓送迎会は以下の流れで進行します。

1.司会者が開会を挨拶する

2.現在職場で一番上の地位にいる人が挨拶をする

3.乾杯

4.食事

5.新任者の挨拶を行う

6.転出者の挨拶を行う

7.二番目の地位にいる人が閉めの挨拶をする

8.司会者が閉会の宣言、二次会へ

特に混同しやすいのが5と6の順番ですよね。

でも、この順番はしっかりと踏まえておく必要があるんです。

理由は次の見出しで詳しく説明します。

新任者と転出者の挨拶はどちらが先?


繰り返しになりますが、挨拶の順番は「新しく職場に入ってくる人(新任者)」→「別の職場に移る人(転出者)」です。

新任者や転出者が複数いる場合は、立場が上の人から順番に挨拶してもらいます。

新任者の挨拶が先に来るのには、いくつかの理由があります。

一番大きな理由は、転出者の挨拶に重きを置くためです。

顔を合わせるのが最後の機会になる人も、中にはいることでしょう。

転出者の挨拶を先にやってしまうと、後に新任者の挨拶が控えているわけで、ゆっくりと名残を惜しみにくくなりますよね。

逆に、顔や名前がまだあやふやな新任者もいるかもしれません。

できるだけ早くお互いに打ち解けることができるよう、新任者の挨拶は先に回すべきなんです。

あと、やっぱりお別れムードが漂う中「はじめまして」の挨拶ってしにくいですよね。

新任者の挨拶を先に回しておけば、余計な気を使わせずにも済みます。

こういった心情に配慮して、自然とこの順番が「正しい歓送迎会の挨拶の順番」と考えられるようになったんですね。

スポンサーリンク


乾杯の音頭と締めの挨拶は誰がするべきなの?


主役である新任者や転出者の挨拶の順番以外にも、実は幹部が気を回すべきポイントが隠れています。

それは上の進行表の3番と7番

乾杯と締めの挨拶です。

とりあえず挨拶は一番偉い人に任せよう、なんて思ってはいけません。

というのも、職場のメンバーが基本的に全員集合する歓送迎会ですから、当然最初の挨拶は一番偉い人が行います。

何度も、同じ人に挨拶を任せるのは良くありません。

そのため、乾杯や締めの挨拶は別の人が行うべきなんです。

会社によっては、乾杯は一番偉い人が挨拶のついでに行う場合もあるようですが、ほとんどの場合は司会者自身が乾杯の音頭を取ります。

最後の締めの挨拶は、代表者の次に偉い人に任せると無難です。

職場によっては長く勤めている人に頼む場合もあるようですが、いずれの場合も、歓送迎会という場の挨拶にふさわしい人選をしましょう。

まとめ

出ていく人を惜しみ、新しい仲間を歓迎する歓送迎会は、職場にとって非常に重要なイベントです。

挨拶の順番や人選を間違えると、ちょっと微妙な空気になってしまうかもしれませんので、司会者に任命された方は、注意して進行しましょう。

また、司会者でなくとも食事の時は新任者に気を使ってあげることも大切。

特に新入社員の場合、知り合いが誰もおらずせっかくの歓送迎会が楽しめていないかもしれません。

別れゆく人の名残を惜しむのも重要ですが、新任者に気を使ってあげるのも同じくらい大切です。

スポンサーリンク


-引越し・新生活
-, ,