お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

亀戸天神梅まつり2017の開催期間は?梅の開花時期と見頃は?

江東区にある亀戸天神は、東京を代表する梅の名所です。

毎年境内に植えられている梅が見ごろを迎える時期に、「亀戸天神梅まつり」が開催されます。

2017年は薫り高い亀戸天神の梅を見に行きませんか?

今回は2017年に開催される、亀戸天神梅まつりをご紹介します。

スポンサーリンク


亀戸天神梅まつりとは? 亀戸天神社の梅の開花時期と見頃は?


天神」という名前がついているところからもわかるように、亀戸天神の主神は学問の神様の菅原道真です。

梅をこよなく愛した道真公にちなんで、境内には300本近い梅の木が植えられています。



境内の梅が見頃を迎えるのは例年2月中旬頃ですが、なかには1月の最初に花をつける早咲きの梅も植えられています。

梅は3月の初めごろまで残っているので、人出が気になる方は3月初旬にアクセスしてもいいでしょう。

もちろん自然のことですので、年によって梅の見ごろはずれます。

気になる方は亀戸天神の公式ホームページを確認しましょう。

亀戸天神 公式ホームページ

リアルタイムでの梅の状況を教えてもらえます。

開催日程と開催場所へのアクセスは?


2017年の亀戸天神梅まつりは、2月4日(土)から3月5日(日)までの約一か月の間行われます。

亀戸天神社は東京都心にありますが、電車はやや使いにくい印象です。


最寄り駅はJR総武線「亀戸駅」、JR総武線および東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」ですが、いずれも徒歩で15分ほどかかります。

亀戸天神社のすぐ近くには都営バスの「亀戸天神前」停留所があるので、都営バスを利用してアクセスするというのも一つの手です。

車でアクセスする場合、最寄りの出口は首都高速の「錦糸町」出口です。

ただ、境内には20台ほどしか収容できない小さな駐車場しかありません。

平日はもとより、梅の見ごろの時期の休日は利用できないかもしれません。

その場合は、付近の有料駐車場を利用することになります。

スポンサーリンク


亀戸天神梅まつりの見どころは?


亀戸天神境内には、あでやかな花をつける梅に加え、道真公の歌碑があります。

境内はそれほど広くないので、ゆっくり梅を見ながら散策しましょう。

東京の新しいランドマーク、スカイツリーがすぐそばに立っているので、奥ゆかしい神社とスカイツリーの共演という不思議な光景を見ることができたり、土日は亀戸の名産を売り出す市が立っていたりして、足を運ぶたびに新しい発見に出会えるかもしれません。

歌碑の横には、一つの木なのに赤と白、二色の花をつける不思議な梅、「五賢の梅」がありますよ。

残念ながら夜間の梅のライトアップは行われませんので、昼間に美しく咲く梅を堪能しましょう。

まとめ

道真公の生きた時代は、花といえばを指していたそうです。

今では花見といえばですが、当時は梅の花を愛でることが多かったようですね。

梅見は、平安時代初期の雅やかな文化の一端とも言えますね。

ちなみに、梅まつり期間中は普段とは違った御朱印をいただくことができます。

御朱印マニアの方も見逃せないイベントですね。

桜とは違い、見た目だけでなく匂いも楽しむことができる梅。

亀戸天神では梅の最盛期になると、華やかな梅の香りがあちこちに立ち込めています。

華やかな梅の香りで、リフレッシュすることもできそうですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , ,