お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

食品・飲料

松花堂弁当とは?意味と由来は?配置や盛り付けに決まりはあるの?

気候が温かくなり、お出かけのシーンが増えると活躍するのがお弁当です。

そんなお弁当の中でも特に豪華なのが、松花堂弁当と呼ばれるもの。

松花堂弁当とは、いったいどのようなお弁当なのでしょうか。

今回は聞いたことはあるけれどよくは知らない、松花堂弁当について解説していきます。

スポンサーリンク


松花堂弁当とは? 意味と由来は?


一般に松花堂弁当と呼ばれるものは、真四角の箱に間仕切りを入れ、できた小部屋の中におかずを詰めるタイプのお弁当です。

見た目がかわいらしく華やかである上に、おかず同士が混ざらないのでおいしい状態で食べることができるという利点があります。

松花堂という名前は、発案者に由来しています。

江戸時代の初め頃に、石清水八幡宮の社僧だった「松花堂昭乗」というお坊さんが発案者なんですね。

といってもこの人が考案したのは「間仕切りの入った箱」という箱の形であり、当時はお弁当用ではなく絵具を入れる箱や煙草盆として利用されていました。

その後昭和の初め、料亭の「吉兆」がお茶会に出すお弁当の箱として利用したことで、松花堂弁当の名前が知れ渡ることになりました。

松花堂弁当の配置や盛り付けに決まりはあるの?


松花堂弁当を最初に作った吉兆は、懐石料理を出すお店です。

そのため、厳密に言えば松花堂弁当を作る際は懐石料理のルールに則る必要があります。

松花堂弁当は基本的に十字の間仕切りが入れられた、4つの小部屋を持つ箱が利用されます。

現在では9個や12個の小部屋を持つ松花堂弁当も珍しくありませんが、まずは4つで考えてみてください。

わかりやすく表にしてみました。

左奥:お菜(おかず)右奥:向付(刺身や酢の物)
左手前:煮物右手前:ご飯、漬物

これらはすべて、小鉢に入れて間仕切りの中にしまいます。

その際、においがお互いに移らないように工夫が必要です。

もちろんこれは定石にすぎません。

こだわりたいのならこれに則るといいですし、それほどこだわりがないのなら見た目や味を重視して好きなように盛り付けるといいでしょう。

スポンサーリンク


幕の内弁当との違いは?


有名なお弁当といえば「幕の内弁当」も有名ですよね。

幕の内弁当と松花堂弁当には、どのような違いがあるのでしょうか。

幕の内弁当の「」とは、舞台に降りている幕のこと。

つまり、幕が降りている間に食べるお弁当が起源になっています。

要は、庶民が手軽にたくさん食べるお弁当なんですね。

俵型のおにぎりにごま塩を振りかけたものか梅干を乗せたものがメインになり、おかずに揚げ物や焼き物など汁気の少ないものを少しずつ詰めるといったタイプが多いです。

お弁当屋さんやコンビニで売られている、一般的なお弁当を想像するといいでしょう。

松花堂弁当と幕の内弁当は、どちらもおいしいお弁当であることは変わりありませんが、それぞれがたどってきた経緯から、どちらかといえば松花堂弁当は高級な「和食」の一種、幕の内弁当は庶民のご飯、といった印象があります。

厳密に言えば松花堂弁当は「懐石料理」の一種で、幕の内弁当は「本膳料理」にルーツを持っています。

まとめ

懐石料理をお弁当化した松花堂弁当は、突き詰めて言えばおかずや盛り付け方に様々なルールがあります。

しかし、普通に行楽にもって行く分には、それほど厳密にルールを守る必要はないでしょう。

それよりもおかずの種類をたくさん入れたり、彩り豊かに盛り付けたりして、見た目にも華やかなお弁当にするほうがいいのではないでしょうか。

行楽やピクニックの気分をさらに盛り上げてくれるお弁当ですから、やはり楽しみながら作ったり食べたりできるといいですよね。

スポンサーリンク


-食品・飲料
-, ,