お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

発明の日の由来と特許とは?発明の日に行われるイベントと科学技術週間

たった一つの発明が、わたしたちの生活に多大な影響を及ぼすことも少なくありません。

4月18日は、そんな発明と発明者を守る「発明の日」です。

今回はそんな発明の日の由来や特許について、発明の日に行われるイベントなどをご紹介します。

スポンサーリンク


発明の日とは? その由来は?


特許法」という法律をご存知でしょうか。

これは、発明をした人に対し、その発明によって生じた利益を一部保証するという法律です。

せっかく人々の生活を激変させたり、大きな利益を生むような発明をしたとしても、発明者自身が報われなくては意味がないですよね。

そこで法律で「特許」という仕組みを作ることになったんです。

発明をした人がこの特許を持っていると認められると、その人だけが自由にその発明を利用することができるようになります。

もし発明した人以外が発明を利用したいと思ったのなら、特許を持ってる人に許可を得なくてはなりません。

この「特許」という仕組みのおかげで、発明者たちはますます発明に意欲を燃やし、産業はどんどん活発になっていくというわけなんですね。

しかし、もちろん人類が誕生した当初からこの仕組みがあったわけではありません。

日本において最初に特許を認めたのは、1885年に制定された「専売特許条例」という法律です。

特許という仕組みは、今後も新たな発明が生まれる土台を作るために欠かせないものです。

この仕組みを多くの人に知ってもらうため、そして様々な人が発明に触れる機会を設けるために、「専売特許条例」が公布された4月18日は「発明の日」となりました。

特許庁はもちろん、産業にかかわる多くの分野が、発明の日を中心に様々なイベントを行っています。

スポンサーリンク


発明の日に行われるイベントと科学技術週間


発明の日を含む一週間は「科学技術週間」と呼ばれており、全国で発明の日にちなんだイベントが行われます。

2017年のイベントは今のところ発表されていませんので、2016年に行われたイベントをいくつか紹介しましょう。

まず東京の国立博物館・日本科学未来館では、「Tokyoふしぎ祭(サイ)エンス」というイベントが行われました。

子供でも楽しく科学の仕組みを知ることができる催しで、様々な発明とその発明を応用した科学技術の発達を学ぶことができました。

また、大人向けのイベントとしてはiPS細胞の発明がどのように行われ、どのように特許を取る手続きが進んだかを解説するセミナーが「発明推進協会」の主催で開催されました。

これらはいずれも東京で開催されたイベントですが、地方都市でもたくさんのイベントが行われています。

特に博物館や科学館では、子供でも楽しく参加できるイベントが行われることが多いんですよ。

科学技術週間には、家族そろって博物館にお出かけするのもいいのではないでしょうか。

まとめ

私たちの生活を楽しいものにしたり、より豊かなものにする科学技術の発展

そんな科学技術の発展を支え、そしてけん引しているのが新たな発明ですよね。

これからも科学技術が発展していくためには、発明と発明者、そして両者を守る特許という仕組みが不可欠です。

普段は当たり前のように科学技術の恩恵を受け、ともすれば発明者の権利を忘れがちになってしまうこともしばしばですが、発明の日や科学技術週間に行われるイベントを通じて、いつまでも忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク


-記念日
-, ,