お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

東京アウトドアウィークエンド2017の日程は?見どころと楽しみ方

様々な人が楽しむスポーツ。

そんなスポーツの時間をよりいいものにしてくれるのが、各種アウトドアブランドが生み出すアウトドア製品です。

東京アウトドアウィークエンド2017では、そんな最新のアウトドア製品を楽しんだり、友達や家族とアウトドアを楽しむことができるイベントです。

そこで今回は、東京アウトドアウィークエンド2017の、見どころやチケット情報などをご紹介します。

スポンサーリンク


東京アウトドアウィークエンドとは?


東京アウトドアウィークエンドは、最新のアウトドア製品を手に取って楽しむだけでなく、ワークショップやアクティビティを通じてアウトドアの魅力をさらに体感することができるイベントです。

また、グルメや音楽のブースも用意され、イベントをさらに盛り上げます。

アウトドア好きなら、参加すべきイベントといえるでしょう。

手に取って体感したグッズをその場で購入するもよし、広大な会場を歩き回り、気になるお店を探すもよし。

お好みのやり方でイベントを楽しんでくださいね。


会場へのアクセス・日程とチケット料金・駐車場情報


東京アウトドアウィークエンド2017は、3月18日(土)と19日(日)の二日間にわたって開催されます。

両日とも10時から17時までイベントを楽しむことができます。

会場は東京都江東区の「青海(あおみ)臨時駐車場」。


都立潮風公園のすぐそばです。

最寄り駅はゆりかもめの「船の科学館駅」ですが、同じゆりかもめの「台場駅」や、りんかい線の「東京テレポート駅」からでも徒歩でアクセスすることができます。

最寄りの高速出口は首都高速湾岸線の「有明」ジャンクションです。

ただ、イベント専用の駐車場は用意されていません。

周辺の有料駐車場はすぐに満車になってしまうので、できるだけ早くアクセスするか、ゆりかもめの駅近で駐車場を探し、一駅か二駅ほど電車を利用してアクセスするようにしましょう。

イベントに参加するには、チケットを購入しておく必要があります。

当日に購入すると1000円かかるので、できれば700円で購入できる前売り券を購入しておきましょう。

また、中高生の当日券は500円で購入できるので、こちらは当日現地で購入したほうがお得ですね。

購入する際は学生証をお忘れなく。

スポンサーリンク


東京アウトドアウィークエンドの見どころと楽しみ方


フリスビー、スラックライン、そして青空の下のヨガ体験など、現在発表されているだけでも様々な楽しみにあふれている東京アウトドアウィークエンド。

お好きな競技だけでなく、今まで手を出してこなかった競技を体験するのも面白そうです。

オープンな雰囲気なので、初心者や運動が苦手な方でも安心して楽しむことができるでしょう。



思う存分体を動かしたら、今度はブースを巡りましょう。

今のところ詳細な情報は発表されていませんが、2016年に開催された東京アウトドアウィークエンドでは、33社ものアウトドアブランドが登場し、さらにお皿やスイーツ、サンダルにペットフードなどのアウトドアとは直接関係ないブースも多数登場しました。

たくさんお店を回って、これぞというアイテムを見つけてくださいね。

まとめ

ワークショップにアクティビティ、ショッピングにグルメととにかく楽しいイベントが盛りだくさんの東京アウトドアウィークエンド

お子様も楽しめるキッズエリアもありますので、当日はご家族そろってアクセスしてみることをおすすめします。

都内で青空の下、これほどまで大規模なアウトドアイベントというのはなかなかありませんので、アウトドアやスポーツが好きな人はきっと楽しめるはずですよ。

ボランティアスタッフの募集もされているので、興味のある人は応募してみれば、また別の楽しみが生まれるかもしれませんね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , ,