お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

病気

五月病の症状とは?原因や英語では何て?治し方や予防方法はあるの?

五月病という言葉を聞いたことはありますか?

文字通り、五月に症状が出ることが多い病気です。

人によっては甘えにも見えるかもしれませんが、実はこれ、立派な病気の一つなんですよ。

そこで今回は、五月病の症状や予防方法、気になる治し方まで調べてみました。

大変な春だからこそ、体や心に気をつけて過ごしてくださいね。

スポンサーリンク


五月病とは?その原因や英語では何て言うの?


五月病とは、五月頃になんとなく仕事や学校に行きたくなくなったり、いらいらしやすくなったり、はたまためまいや吐き気を催したりと、様々な身体的・精神的症状が出ることを指します。

実はこの五月病というのは、正式な医学的名前ではありません。

つまり、通称なんですね。

そのため、お医者さんに掛かっても「五月病」という診断が出ることはありません。

では、どのような診断が出るのかと言えば、「適応障害」、もしくは「うつ病」という診断結果が出ます。

どうして、五月にこれらの症状が出やすくなるのでしょうか。

主な原因として考えられているのは、「ストレス」なんです。

思い出してみてください。

日本では、新しい学年に上がったり、部署移動があったり、新社会人として働き始めたりと、四月にいろんなことがおこりますよね。

新しい環境、慣れない勉強や仕事。

これらはみんな、ストレスとして体の中に蓄積されていきます。

そして、そのストレスに体が耐えられなくなるのが、おおよそ五月頃なんですね。

また、受験や就活で頑張った人が燃え尽きたり、連休の気分からなかなか抜け出せない時にも五月病の症状が現れることがあります。

つまり、五月病は四月に新しい環境に入る人が多い日本独自の病気なんです。

そのため、海外には五月病に該当する言葉はありません。

そのまま英語に直すと「may sickness」となりますが、ニュアンスまで伝えきることは出来ないでしょう。

そのため、補足として「post-vacation blue」など付け加えてあげましょう。

ちなみに、イギリスでは「January blue」という五月病に似た症状があります。

イギリス人にとって一月は、クリスマスやニューイヤーの楽しい行事の後にやってくるもの。

みんな仕事や学校に行きたくなくなってしまうんですね。


五月病の症状にはどんなものがあるの?


最初に触れたように、五月病には身体的だけでなく、精神的にも様々な不調が症状として表れます。

また、全ての人が同じ症状を訴えるというわけでもないようです。

肉体的症状には、めまいや動悸、胃の痛みや不眠、肩こりなどをあげることが出来ます。

精神的な症状としては、食欲が無くなったり、ちょっとしたことで怒りっぽくなったり、ミスが増えたり集中できなくなったりと様々です。

人と会うのがおっくうになったり、何でもないことに不安を覚えることもあるようです。

これらの症状に加え、通勤・通学前や途中に急に不調に襲われたり、好きだった趣味に没頭できなくなったり、人付き合いに煩わしさを感じるようになったら要注意。

体のストレスが、病気にまでさしかかっているサインかもしれません。

いつまでたっても症状が改善しないのであれば、一度お医者さんに相談してみましょう。

スポンサーリンク


五月病の対策や治し方は? 予防方法はあるの?


上記のように、症状がいつまでたっても改善しないのであれば対策が必要ですが、ほとんどの人は自然に環境に慣れ、徐々にストレスを感じなくなっていくようです。

そのため、あわてず自分に出来ることを少しずつ増やし、環境になれていくことこそが、五月病の最大の治療方法といえます。

また、適度にガス抜きをするというのも重要。

たまには好きなことに思いっきり打ち込んでみたり、体を動かしてみたり。

旅行に行って、物理的に今の環境から離れてしまうのも手。

しっかり睡眠を取るというのも大切です。

また、不規則な生活はストレスの元です。

忙しい四月や五月だからこそ、生活のリズムはしっかりと保ちましょう。

新しい環境にいるのだから、勉強や仕事のリズムに慣れていないのは当たり前です。

最初から全部出来るという幻想は捨て、ありのままの自分を見つめ直しましょう。

出来るだけ環境にストレスを感じないことこそが、五月病の最大の予防方法です。

まとめ

五月病自体はちょっとした体の不調ですが、放っておけば本格的な精神疾患に繋がることもあります。

周りの人はもちろん、五月病になってしまった人自身も絶対に楽観しないことが重要。

少なからず、体はストレスを訴えています。

そのうち治るから」と症状を放置せず、一度立ち止まって自分と向き合ってみることも大切になってくるでしょう。

また、新入生や新入社員の症状というイメージの強い五月病ですが、環境に動きがある以上、少なからず全ての人に五月病にかかるリスクがあるということも見逃してはいけません。

四月や五月はいつも以上に、自分の体に気を遣うべき月なのかもしれませんね。

スポンサーリンク


-病気
-, ,