お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

生活・流行・日本の風習 記念日

エイプリルフールの由来は?嘘が許されるルール?トゥルーエイプリル?

4月1日はエイプリルフール

嘘をついても許される日だとされています。

いったい何が由来となってこのような日が生まれたのでしょうか。

また、エイプリルフールにルールはあるのでしょうか?

今回は知っていそうで知らない、エイプリルフールの雑学について解説していきます。

スポンサーリンク


エイプリルフールの由来は? どうして嘘をつくの?


エイプリルフールがあるのは日本だけではありません。

中国でもヨーロッパでもアメリカでも、4月1日=エイプリルフールのようです。

しかし、その由来はと言うと、どういうわけか諸説入り乱れてはっきりとしません。

例えば、古代のインドのお坊さんの修業が4月1日で終わるから、という説があります。

せっかく厳しい修業をしてきたのに、4月1日になってその修業が終わると、途端に気が抜けて修業が無駄になってしまう人が多かったそうです。

そのため、無駄なことをする日=嘘をつく日となったと言われているんです。

また、4月のフランスでは馬鹿みたいにサバが釣れることから、バカな日=嘘をついてからかいあう日という風習ができたともいわれています。

こうしてみてみると、エイプリルフールの由来は様々、その由来によって、どうして嘘が許されるのかという理由も様々あるようですね。

エイプリルフールで嘘をついていい時間は? 午前・午後?


エイプリルフールで嘘をついていいのは午前中だけ、という話を聞いたことはありませんか?

これは、イギリスの古い春のお祝い、「オークアップルデー」の風習と混同されて生まれたと考えられています。

オークアップルデーでは、春真っ盛りの時期、豊穣をお祝いして樫の実を身に着けます。

この樫の実、王様への忠誠の証でもあるので、樫の実を身に着けていない人は責められるのですが、責めていいのは午前中だけという習わしがあるんですね。

そんな風習がエイプリルフールと混同され、「嘘をついていいのは午前中だけ」、「午後は嘘によって生まれた誤解を解く必要がある」と言われるようになったんですよ。

スポンサーリンク


エイプリルフールの次の日 トゥルーエイプリルとは?


エイプリルフールは嘘をついてもいい日ですが、それとは逆に本当のことしか言っちゃいけない日というものもあるようです。

それは、『トゥルーエイプリル』。

エイプリルフールの次の日、4月2日がそれにあたります。

そんなわけで、イギリスでは誠実の証に4月2日にプロポーズする人が多い……なんてことは全くありません。

というのも、このトゥルーエイプリルなんて風習は存在しないからです。

もともとはエイプリルフールのジョークがもとになっているようなのですが、あまりにもそれらしいな逸話だったためか、信じる人が続出。

冗談みたいですが、日本ではテレビで紹介されたこともあり、徐々に定着しつつあるようですよ。

まとめ

海外ではテレビや新聞、ラジオまでもが悪乗りし、嘘のニュースを流すこともあるエイプリルフール

毎年どんな嘘が出てくるか楽しみでもありますよね。

一目で嘘とわかるようなものから、トゥルーエイプリルのように誰もが騙されてしまう嘘もあります。

エイプリルフールは、だれもが騙し騙される日ですよね。

不謹慎な嘘や人を傷つける嘘はもちろん自粛すべきですが、誰もがあっと騙される素敵な嘘を考えておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


-生活・流行・日本の風習, 記念日
-, ,