お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

恐竜の日の由来は?恐竜の日に行われるイベントは?

人類が誕生するはるか昔、地球上には「恐竜」と呼ばれる大型の爬虫類が歩いていました。

4月17日はそんな恐竜たちの記念日、「恐竜の日」なんですよ。

今回は、なぜこの日が恐竜の日と呼ばれるようになったのか解説し、恐竜の日にちなんで開催されるイベントを紹介します。

スポンサーリンク


恐竜の日の由来は?


大昔の巨大生物として、ロマンを掻き立てる恐竜。

実はその存在を知られるようになったのはつい最近のことで、最初に化石が発掘されたのは18世紀のことでした。

その後、世界各地で恐竜の化石が見つかり、生物学者や博物学者によって研究が行われ始めます。

大昔に生きていた大きな生き物、ということはわかってきたのですが、いかんせん現在では絶滅している生き物ですから、なかなか詳しい生態などがわかりません。

そんな時、恐竜の卵の化石が発掘されます。

結果、恐竜が卵生であったということが分かったんですね。

そのことで、恐竜の生き様や生態の研究がどんどん進むようになりました。

恐竜の卵という歴史的な発見をしたのは、あのインディ・ジョーンズのモデルの一人ともされる、ローイ・チャップマン・アンドルーズという探検家です。

1923年4月17日は、このアンドルーズが恐竜の卵を発掘することになる調査に出発した日なんです。

たかが卵の化石、されど卵の化石。

たった一つの発見ながら、恐竜の研究や古代生物の研究に大きく貢献したことを受け、4月17日は今でも恐竜の日としてお祝いされているんです。

スポンサーリンク


恐竜の日に行われるイベント


恐竜の日にちなんで、全国の博物館などで恐竜に関する大規模なイベントが行われることがあります。

例えば数多くの新種の恐竜が発掘された福井県では、化石発掘の体験や恐竜のクイズラリーなどのイベントが開催されたことがあります。

2017年の予定は今のところ発表されていませんが、恐竜が好きな方には見逃せない日となりそうですね。

また、恐竜の日に限らずとも夏休みやゴールデンウイークには、各地で恐竜をテーマにしたイベントが行われることがあります。

恐竜はだれもがわくわくする、古代の謎を秘めていますよね。

イベントを通じて、ご家族そろって古代生物の魅力に触れてみるのも面白そうですね。

まとめ

恐竜が初めて発掘されてから200年ほどたった現在でもなお、恐竜は大きな謎を秘めています。

数年前まで半ば常識だった定説が、たった一つの発見で大きく覆される、そんなことも多いんですよ。

ティラノサウルスのような有名な恐竜も、復元図がどんどん変わっています。

恐竜がかつてどんな姿で地上を歩いていたか、想像は尽きません。

一部の恐竜は鳥の子孫だったという説や、実は恒温動物だったという説など、驚いてしまいそうな説も数多くあります。

恐竜の日ができるきっかけとなった卵も、かつては草食恐竜の卵と考えられていたのが、70年以上後肉食恐竜の卵だったと判明したくらいです。

数年後はどんな定説ができているのか、誰にも想像できそうにありませんね。

恐竜の日には、この一年に恐竜についてどのような驚きの発見があったのか、調べてみるのも面白そうです。

スポンサーリンク


-記念日
-, ,