お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

目黒川お花見クルーズ2017の昼と夜のコースの違いと見所を解説!

目黒川は、全国にも知られた桜の名所です。

歩くだけで十分桜を楽しむことができますが、目黒川お花見クルーズに参加し、ちょっと違うお花見にしてみませんか?

今回は2017年ももちろん開催される、目黒川お花見クルーズの利用方法や料金などをまとめてみました。

スポンサーリンク


目黒川お花見クルーズとは? お花見クルーズの見所は?


目黒川は毎年3月下旬から4月の初めにかけて、ソメイヨシノが咲き乱れる桜の名所です。

その美しさは文句なく全国トップクラス。

東京にお住いの人だと、毎年目黒川の桜を見に行くという人も少なくないのではないでしょうか。

目黒川お花見クルーズは、文字通り桜の見ごろの目黒川を船で下るという企画です。

川の上にいるからこそ、見ることができる迫力ある桜は必見です。



特に桜が満開を迎えるころには、散っていった桜の花びらが川の水面に浮かび、まるで桜の花びらの中を進んでいるような光景、「花いかだ」を見ることができます。

一年でもこの時期にしか見られない貴重な光景です。

目黒川お花見クルーズの運行時間と料金・コースは?


2017年の目黒川お花見クルーズは、大人3900円、12歳以下が2900円で乗船することができます。

ただ、これは事前に支払うことができる場合のみ。

諸事情があって当日に支払うことになった場合、大人4500円、12歳以下4000円で乗船することになります。

現在のところ、3月23日(木)から4月12日(水)に運行されることが決定しています。

日によって本数は違うものの、最大で1日8便運航されます。

運行時間は70分

品川から目黒川に入り、大崎、五反田とめぐって目黒雅叙園で折り返すというコースです。

目黒川お花見クルーズ 公式ホームページ

雨が降っても運行されますが、屋根のないオープン式の船なので、レインコートなど雨具を持っていきましょう。

スポンサーリンク


目黒川夜桜探検クルーズの運行時間と料金・コースは?


目黒川の桜は、夜間ライトアップされるんですよ。

夜桜を楽しむ夜のクルーズもちゃんと企画されています。

ただ、昼間とは少し内容が違うことに注意する必要があります。

まず、貸し切りで運行されるということ。

また、料金も少しややこしくなります。

20人までは全員が大人料金で、1人3900円、21人からは大人が3000円、12歳~4歳までが2000円となります。

3歳以下は無料ですが、予約時に言う必要があります。

くわえて、20名以下で乗船する場合も、20名で乗船した場合と同じだけの料金(78000円)が発生します。

今のところ予約することができるのは、3月24日(金)から4月12日(水)までの約3週間。

1日4便運航されます。

運行時間は昼間と同じ70分

コースも昼間と変わらず、品川と目黒雅叙園を往復するコースです。



大人数で参加するのなら、夜のほうがすこし安くクルーズすることができるんですね。

食べ物や飲み物を持ち込むこともできるので、船の上でお酒を飲みながら桜を眺める、なんて贅沢な体験も可能です。


目黒川夜桜探検クルーズ 公式ホームページ

まとめ

有名な目黒川の桜ですが、地上で楽しむとなるとやはり人混みが気になりますよね。

その点、クルーズだと最大乗船人数が決まっているので、ゆっくりくつろいでお花見することができます。

お金はかかりますが、船の上からしか楽しめない絶景もありますし、一度はクルーズでお花見したいものですね。

ちなみに2017年の東京の桜は、例年とほぼ変わらず4月の初めごろに満開を迎えると予想されています。

すでに2月1日からクルーズの予約は始まっているので、今のうちに予約しておくのも手ですよ。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , ,