お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

成田太鼓祭2017の日程とスケジュールは?千願華太鼓と千年夜舞台

日本の伝統楽器、太鼓。

成田太鼓祭は、そんな太鼓の演奏や伝統芸能を心行くまで楽しむことができるイベントです。

2017年は日本でも指折りの規模の太鼓祭り、成田太鼓祭に足を運んでみませんか?

今回は成田太鼓祭の楽しみ方や、演奏スケジュールをご紹介します。

スポンサーリンク


成田太鼓祭の歴史と由来


成田太鼓祭は、2017年で29回目を迎える、成田山に春を呼び込む恒例イベントです。

祭りの参加者だけで1500人以上、観光客は20万人を超えるという、日本屈指の規模を誇る太鼓祭なんです。

特に大勢の参加者が、息を合わせて太鼓を叩くさまは大迫力です。

また、行われるのは太鼓の演奏だけではありません。

日本全国から集結した伝統芸能の披露もまた、行われます。

普段はなかなか目にできない、貴重な文化を体験するチャンスですね。

アクセス・日程時間と駐車場・交通規制情報 演奏スケジュールは?


2017年の成田太鼓祭は、4月15日(土)と16日(日)の二日間にわたって開催されます。

二日間の演奏スケジュールを以下の表にまとめましたので、アクセスする際の参考にしてくださいね。

日付イベント名時間場所
4月15日(土)千願華太鼓10時~成田山大本堂前
4月15日(土)千年夜舞台17時~成田山大本堂前
4月16日(日)千願華太鼓10時~成田山大本堂前
4月16日(日)太鼓パレード15時~成田山表参道の通り全体

また、15日、16日ともに11時から成田山の参道などに設置された特設ステージにおいて、各団体が目の前で演奏を行う「参道ステージ」が開催されます。

15日は19時まで、16日は17時まで楽しむことができます。

会場は千葉県の成田山

JRおよび京成「成田駅」を一歩出るとすでにそこが会場です。


メイン会場にあたる成田山新勝寺へは、駅からまっすぐ北へ10分ほど歩くと着きます。

車でアクセスする場合は、東関東自動車道「成田」インターチェンジから国道295号線、51号線を経由するといいでしょう。

ただ、成田山の参道からJR成田駅にかけて交通規制が行われています。

参道にはできるだけ近づかないようにアクセスする必要があります。

お寺の駐車場は利用できないので、車でアクセスした場合は一般のパーキングを探す必要があります。

成田山や駅の近くは混雑しているうえに駐車料金が高いので、見つからなかったときは、参道の南ではなく東や西、お寺の裏手などを探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク


成田太鼓祭の見どころ 千願華太鼓と千年夜舞台


たかが太鼓とあなどるなかれ。

成田太鼓祭ではたくさんの太鼓が一斉に打ち鳴らされる、迫力あるイベントも数多く行われます。

15日、16日の10時から始まる「千願華太鼓」は、お祭りのスタートにふさわしい華やかな演奏が披露されます。



何百人もの参加者が、大きく腕をしならせてバチをふるうさまは圧巻。

両日とも多くの人が見学に訪れますので、できるだけ早くアクセスしていい場所を取っておきましょう。

15日の17時から行われる「千年夜舞台」も見逃せないイベントです。

薄暗くなってきた境内にはかがり火がたかれ、イベントへの期待を否応なく高めます。

時に激しく、時に静かに音を鳴らす太鼓の演奏を聴けば、かがり火と同じくらい心が燃え立つ気がしてきます。



協賛金を支払っておくと指定席が用意されますが、支払っていなくても立ち見は可能です。

ただ、成田太鼓祭で一番人気のイベントですので、立ち見をする場合は早めに動き、いい場所を取っておく必要があります。

まとめ

成田太鼓祭の会場は千葉県ですが、関東以外からも多くの団体が参加し、すべての参加者が協力してお祭りを盛り上げます。

2016年は海外から参加する団体もあり、日本文化だけでなく世界中の音楽を楽しむことができるイベントとなっていました。

2017年の成田太鼓祭に参加する団体は今のところは未定ですが、2016年以上にパワフルなお祭りになってほしいですね。

上で紹介したイベント以外にも、成田太鼓祭は多くの団体が様々な場所で演奏を行います。

あれもこれも参加しようとせず、絶対見たい演奏をいくつかピックアップして、計画的に動くことをお勧めします。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , ,