お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ハロウィン 年中行事

ハロウィンメイクの可愛いくて簡単な方法!ゾンビや魔女にすぐなれる

2016/10/15

今年もハロウィンの季節がやってきました。

2016年は何の仮装をされるか、もう決まりましたか?

今回は誰でもすぐにできる、ハロウィンメイクの可愛くて簡単なやり方をご紹介します。

せっかくハロウィンで仮装をするのに、服や髪型だけ変えるのはもったいない!

この方法を参考にバッチリメイクして、ゾンビや魔女になりきってくださいね。

スポンサーリンク


100均の道具でできる簡単ハロウィンメイク

image001
でも、仮装用の化粧品なんか持ってないし、第一やり方がわからない……という方も多いはず。

そんなとき、強い味方になるのが100均です。

侮ることなかれ、最近はリーズナブルな上に使い勝手もいい、イベントに使える商品が多数そろえてあるんです。



こちらの動画では、100均でそろえることができる道具を駆使して、手軽に可愛いハロウィンメイクをする方法が紹介されています。

ハロウィン用の大きなつけまつげ、顔に貼れるビーズなど、いつもと違う雰囲気を演出するアイテムをうまくアクセントとして使ってみてくださいね。

特にハロウィン間近になると、いろいろ使えそうな商品が棚にずらっと並びます。

10月になったら下見がてらチェックしに行くのもいいですね。

可愛さが残るゾンビメイクの方法

image003
もう少し本格的に、リアルでいて可愛いゾンビを目指す方のために、やや本格的なメイクの方法をご紹介します。

実際にメイクしているのがこちらの動画。

化粧用品だけでなく、ボンドなど様々なものを利用してゾンビ感を出しています。



まず顔全体を白のファンデーションでしっかりと白く塗ります。

目の周りは赤を基調としつつ、落ちくぼんだ感じを出すために茶色でグラデーションを作ります。

あざの演出は緑色、黒も利用します。

ゾンビの「汚さ」、「よごれ」を意識してメイクをしましょう。

頬も落ちくぼませるために頬骨のあたりに影を入れます。

口は一番力を入れるべきポイントです。

赤いペンシルで口の裂けた部分のラインを書き、その上にボンドを塗ります。

左右は対称に裂かず、少しずらした方が不気味さを出せていい感じです。

ボンドが乾いたら赤や黒、緑を重ねて傷口を塗り、ボンドを少し剥がします。

剥がしたボンドがまるで皮膚のようになり、傷口がとてもリアルに見えます。

傷口の中もメイクするのを忘れずに。

ゾンビなので、全体的に血色が悪くくすんだ色を選ぶのがコツです。

また、グラデーションを意識し、目元をぱっちりさせると、かわいらしさが残るゾンビに仕上がります。

スポンサーリンク


可愛い猫顔猫目メイクのやり方

image005
続いてはキュートでコケティッシュなメイクの方法をご紹介します。

こちらの動画も参考にしてみてください。



【用意するもの】
リキッド、もしくはジェルタイプのアイライナー

ハイライト

ノーズシャドウ

つけまつげ(ハロウィン用のでも可)

【やり方】
まずはアイメイクから。

猫になるには何よりも猫目が重要。

目の印象は最も大切なのです。

その印象を作るのはアイラインです。

線は太めに、目じりは思いっきりはね上げましょう。

やりすぎるくらいがちょうどいいです。

目頭の部分もお忘れなく。

目自体をいつものメイクより大きくとらえ、ぐるっと囲む感じでラインを引いていきます。

目が完成したら、今度は顔全体のメイクに取り掛かります。

まず鼻筋と頬に軽くハイライトとノーズシャドウを入れましょう。

顔全体がほっそりと見え、より『猫感』が出ます。

次に、鼻の先端部分をアイライナーで黒く塗りつぶしていきます。

次に鼻と口の間にある筋の部分、口元の順番で黒くします。

口元はいわゆる『猫口』、先端の部分をカールさせます。

頬にひげを書き、つけまつげを付けたら完成です!

この後も、アイシャドウを薄く使うことで立体感を出したり、赤いリップでキュートさを出したりと、アレンジ方法も多彩です。

簡単に可愛くなれる魔女メイク

image007
最後に魔女メイクの方法です。

この動画は解説もついていて、参考にぴったりです。



魔女メイクのポイントは、ずばり色使いです。

魔女といえば紫や黒のイメージが強いですが、緑や青、金色でも一風変わった魔女っぽさが出ます。

自分のイメージする魔女像に合わせ、適切な色をチョイスし、服装などもその色で統一してください。

また、アイシャドウやコンタクトレンズだけでなく、ファンデーションもアイシャドウを使って色を変えてみましょう。

ファンデーションは肌だけでなく、首やくちびるも塗りつぶしてしまうのが、「青白い魔女っぽさ」がでるのでお勧めです。

アイメイクはとにかく大胆に、しっかりと行うのがコツです。

アイラインは太めに、上にも下にもしっかりと。

ちょっと吊り目気味のほうが、雰囲気が出ていい感じです。

アイシャドウは薄いものから濃いものの順番で塗りつつ、目の下も忘れずにメイクしましょう。

最後につけまつげも忘れずに。

まとめ

本格的な化粧道具がなくても、100均のアイテムを駆使すれば、簡単に可愛いハロウィンメイクを楽しむことができるんです。

コツとしては、恥ずかしがらないこと。

仮装ですので、思いっきり強調したメイクをしましょう。

中途半端は厳禁です。

また、動画をお手本としながらも、自分の個性が光るメイクを楽しむのも重要です。

参考にすべきところは参考にしつつ、アレンジできるところはしちゃいましょう!

日本におけるハロウィンは、みんなで深夜までわいわいはしゃげる、一年に一度だけのお祭りです。

どうせ参加するなら楽しまなきゃ損!

今年のハロウィンは、是非ばっちりメイクして楽しんで下さいね!!

スポンサーリンク


-ハロウィン, 年中行事
-, , , , , , ,