お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

松江武者行列2017の日程と見所は?参加者募集とフォトコンテスト

島根県の松江城では、毎年桜の季節に絢爛豪華な武者行列が見どころの「松江武者行列」が行われます。

2017年ももちろん開催されるこのイベントは、桜と美しい行列のコントラストが本当に美しいんですよ。

今回は行列の見どころやコース、アクセス情報などを中心にご案内します。

スポンサーリンク


松江武者行列とは? 行列の見所は?


現在国宝にも指定されている松江城を作ったのは、江戸時代初期に松江の地を治めていた「松尾氏」でした。

松江武者行列は、そんな松尾氏が一族や市民を引き連れて松江城に入場するさまを再現したイベントです。



松江市は桜の名所としても知られており、松江城と桜のコントラストは「日本のさくら名所100選」にも選ばれているほどです。

舞う桜に負けない絢爛豪華な行列が、華やかに城下をめぐるその美しさこそが、松江武者行列の最大の見どころと言えるでしょう。

開催日程・アクセスと行列のコース・交通規制情報


2017年の松江武者行列は、4月1日(土)に開催される予定です。

行列は10時30分ごろにJR山陰本線「松江駅」からスタートするので、公共交通機関を利用してアクセスする場合は松江駅を目指しましょう。


車でアクセスする場合は、山陰自動車道の「松江西」ランプが最寄りの出口です。

ただ、駐車場が用意されないので、駅周辺などで一般の駐車場を探す必要があります。

また、行列の位置によっては交通規制が実施されます。

天神町商店街から松江城付近の道路に立ち入る場合は、注意して運転しましょう。

行列は、まずJR「松江駅」で出陣式を行った後、「白潟天満前」で出発式を行います。

その後、道中の「松江大橋」や「松江京店商店街」、「島根県民会館」などで小さなイベントを挟みつつ、松江城へと至ります。

スポンサーリンク


松江武者行列の参加者募集とフォトコンテスト


松江武者行列は、一般人でも参加することができます。

4回の練習に参加できる、中学生以上ならだれでも応募できますので、絢爛豪華な行列に参加したい人は、ホームページで募集がかかったらすぐに応募しましょう。

名前のない一般の役柄のほかに、行列の主役である「堀尾吉晴」や奥方、姫君などの役柄も募集されます。

松江市や島根県のPR活動に参加したい人は、こちらに応募してもよさそうです。

また、お祭りの風景を撮った写真のフォトコンテストも毎年恒例です。

これぞ、という作品が撮れたなら、思い切って参加してみるといいでしょう。

ただし、行列の妨げになることがあるので、フラッシュや三脚などは使えません。

松江城おしろまつり


松江城が桜の名所であるということは前述しましたが、その桜を楽しむためのイベント「松江城おしろまつり」も見逃せません。

2017年は桜の見ごろに合わせ、3月25日(土)から4月14日(金)まで開催予定です。



期間中は松江城が夜にも開放され、夜桜のライトアップなどを楽しむことができます。

例年18時から21時の間、点灯されます。

土日にはお茶の席も用意され、お茶を楽しみながらお花見をすることもできるんです。

武者行列を見た後は、ぜひ桜も楽しみたいですね。

堀尾吉晴と松江城

行列の主役となる「堀尾吉晴」は、戦国時代から江戸時代初期にかけての激動の時代を生き抜いた武将です。

彼は実際に藩主として采配を振るうことはなかったものの、二代にわたって藩主をサポートしたことで、実質的な松江藩の初代藩主として今でも親しまれています。

そんな吉晴は、なんと松江市のシンボル松江城を作った殿様でもあるんですよ。

松江城は、今なお当時の天守閣が残る貴重な文化財です。

桜や武者行列を楽しみながら、松江城もしっかり見学しておきましょう。


スポンサーリンク


-イベント
-, , , , , , , ,