お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

日本の暦・祝祭日・二十四節気

春分の日の決め方と2017年はいつ?意味と英語では何て言うの?

毎年3月にやって来る春分の日

国民の休日でもありますので、かなりメジャーな祝日ですよね。

ところでこの春分の日決め方や、毎年同じ日になるわけではないというのはご存知でしたか?

実は年によって3月20日だったり21日だったり、はたまた19日だったりするんです。

どうして年によって日にちがずれてしまうのでしょうか。

そこで今回は、誰もが知っている祝日ながら、実は知られていないことだらけの春分の日についてまとめてみました。

スポンサーリンク


春分の日の意味と英語では何て言うの?


昼の長さと夜の長さが、日によって違うということは皆さんご存知ですよね。

これは地球の地軸がまっすぐではなく、微妙に傾いているために起こることです。

要は、日本では夏は日が長く、冬は短いわけですね。

しかし、実は年に二回だけ、昼と夜の長さが均一になるとされている日が存在します(実際にはまったく同じではないのですが、誤差程度の差でしかありません)。

そう、春分の日と秋分の日ですね。

特にこれから春、夏へと温かい気候が廻って来る春分の日は、日本だけでなく世界中でお祝いされている日でもあるんです。

ちなみに英語では「Spring equinox day」と言います。

equinox」は「等分」という意味で、ここでは昼と夜の長さが同じであることを表しています。

春分の日の決め方と2017年はいつなの?毎年変わるのはなぜ?


そんな春分の日は、最初にお伝えしたように年によって日付が変わります。

なぜなら、人間の作ったルールと自然のルールはどうしても少しだけ誤差が出てしまうからです。

毎年微妙に出てしまうずれを修正するために、年によって違う日を春分の日にしているんですね。

ちなみにこのずれは、かなり直前にならないと計算できないものです。

そのため、2年以上後の春分の日は、厳密にはまだ計算できていません。

一応西暦を4で割り、その余りが0か1の場合は3月20日2か3の場合は21日が春分の日になると言われています(2055年まで)。

また、昔は3月19日や22日が春分の日になっていたこともあります。

2017年の春分の日はすでに発表されています。

カレンダーにも乗っている通り、3月20日(月)です。

偶然にもハッピーマンデーですね。

スポンサーリンク


春分の日に食べる食べ物は?


(c) .foto project


春分の日に食べるものといえば「ぼた餅」が有名ですね。

いつごろから春分の日=ぼた餅になったのかはわかっていないようですが、少なくとも江戸時代にはすでに同じような風習があったといわれています。

ぼた餅は普通に食べるのではなく、まず仏前にお供えして、そのおさがりをいただきます。

ぼた餅の中に入っているあんこは小豆で作りますが、その小豆の赤い色が魔よけになるともいわれています。

春分の日に食べるぼた餅は、ただの甘いお菓子ではなく、強い力を持った特別なご飯だったのでしょうね。

ちなみに秋分の日おはぎをいただきますが、実はこれはぼた餅とほとんど同じもの。

名前が違うのはそれぞれ「牡丹」、「」とその季節のお花をイメージしているからです。

まとめ

ぼた餅はお供え物であると書きましたが、春分の日はお墓参りに行く日でもあります。

というのも、春分の日は太陽が真西に沈むんです。

仏教の考え方では、西は「西方浄土」、つまり仏様がいらっしゃる重要な方角であると考えられていました。

春分の日は、仏教にとっても重要な日なんですね。

そのため、春分の日前後にお墓参りをするという風習が生まれたといわれています。

普段はお墓参りに行かないという人も、春分の日はぼた餅をもってお参りするのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


-日本の暦・祝祭日・二十四節気
-, , ,