お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

年中行事

十三参りの時期はいつ?お参りの仕方や男の子と女の子の服装は?

お七夜、百日祝い、そして七五三など、日本には子供の成長に合わせた様々な伝統文化があります。

その中でもあまり知られていないのが、「十三参り」。

十三参り時期やしきたり、服装など知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子供の幸せを願うイベント、十三参りについて解説していきます。

スポンサーリンク


十三参りの意味や由来は?


十三参りは、古来より関西を中心に行われてきた通過儀礼の一種です。

文字通り数え年で、13歳になった子供が対象になります。

13歳というと中途半端な感じもしますが、実はこれは干支が深く関係しています。

干支は十二支、つまり12年で一周しますよね。

数え年だと0歳はなく、生まれた時から1歳と数えるので、13歳はちょうど生まれた年の干支が初めてめぐってくる年齢にあたるんですね。

そんなわけで昔は、13歳=大人の入り口ととらえられていたんです。

昔は幼いころに命を落とす子供が多く、13歳を無事に迎えられたということは、それだけで神様に感謝すべき幸せなことでした。

無事に成長できたことを祈ったり、これからも知恵や幸運をもって過ごしたいことなどを願ったりするために、神社やお寺で祈祷をしてもらうしきたりが生まれたのは当然だといえます。

十三参りの時期はいつなの? お参りの仕方は?


十三参りでは知恵と慈愛をつかさどる「虚空蔵菩薩 (こくうぞうぼさつ)」にお参りするのが正しいとされています。

大人になったからには、何よりもまず「賢さ」が求められるためですね。

虚空蔵菩薩は13番目に誕生した菩薩だといわれているので、十三参りも13日に詣でるのが正式なやり方です。

厳密に言えば旧暦の3月13日が一番ふさわしい日とされていますが、もちろん家によって都合があるので、新暦の3月13日から5月13日の都合のいい日を選んで参拝しましょう。

小学校を卒業し、中学校に入学する前の春休みに済ませるという人が多いようです。

もちろん近所に虚空蔵菩薩を祀っているお寺があればそれに越したことはないのですが、無いのであればお宮参りをした神社やお寺に参拝するだけでも大丈夫です。

ただ、女の子の場合は厄年にもあたっているので、厄払いを兼ねて祈祷をしてもらうのもいいと思いますよ。

正式に十三参りの祈祷を受け付けてくれるお寺だと、漢字を書いた半紙を奉納したり、お守りをいただけたりします。

そういった儀式めいたことがしたいのであれば、前もって寺院に問い合わせておくと確実です。

参拝や祈祷が終わったら、神社やお寺を出るまで後ろを振り返ってはいけないという言い伝えがあります。

やるなと言われたらやりたくなるのが人情というものですが、授かったものがすべて消えてしまうといわれているので、くれぐれも振り返らないように注意してくださいね。

スポンサーリンク


十三参りの時の男の子と女の子の服装は?


十三参りの服装は、男女で少し違います。

まず男の子は、大人が着るような羽織袴を着るのが正しいやり方です。

対して女の子は、「肩上げをした晴着を着ていくのが正しいやり方です。

この肩上げというのは、大人用の晴着を子供でも着れるように糸を入れている状態のことです。


丈が長すぎるからと言って布を切ってしまうと、身長が伸びるつど新しい着物を作らないといけないですよね。

それはあまりにもったいないので、昔は「肩上げ」をしていたんです。

お参りを済ませればもう大人ですので、帰宅次第晴着の糸を落とし、大人用の晴着にカスタマイズしましょう。

ただ、現在は羽織や晴着を持っている人も少なくなっていますので、十三参りの服装も洋装が増えてきているようです。

もちろん普段着で行くのは考え物ですが、学校の制服やスーツくらいなら浮くことはありません。

和服の晴着を持っていない場合も、レンタルの着物という手もありますので、お参りをする前にいろいろ話し合ってみるのもいいでしょう。

まとめ

十三参りはもともと、京都の子供が成人になった時に「法輪寺」にお参りしていたことが起源だといわれています。

そんなローカルな風習が広まり、今では関東や東北でも十三参りを受け付けてくれる寺院が増えているようですね。

数え年で13歳というと、ちょうど思春期に入りたてな時期。

その上、中学校という新しい環境に戸惑っているお子さんも多いはず。

中には、人生で最初の壁にぶつかっているお子さんもいるかもしれません。

一度親子で話し合う機会を作るうえでも、十三参りは重要になってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


-年中行事
-, , , , , ,