お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

浅草流鏑馬2017の開催日と歴史は?前売チケットを買って座って観覧

馬で走りながら弓で的を落とす神事流鏑馬(やぶさめ)。

武士文化の影響が強い、勇ましい風習ですが、今でも一部の神社で見ることができます。

中でも浅草流鏑馬は有名です。

2017年は迫力のある流鏑馬を見に行きませんか?

今回は浅草流鏑馬について、歴史やアクセス方法などを中心にご案内します。

スポンサーリンク


浅草流鏑馬とはどんなイベント? 歴史は?


流鏑馬が始まったのは、平安時代ごろといわれています。

武士階級という新しい身分が生まれるのと、ほとんど同時に誕生しているんですね。

流鏑馬は、当初は武士の訓練のために行われていました。

しかし、弓の訓練なわけですから、実戦で弓が使われなくなると流鏑馬も行われなくなっていきます。

特に戦国時代以降は鉄砲が伝来し弓の役割を奪っていったので、江戸時代初期にはほとんど行われなくなっていたようです。

しかし、江戸時代中期、次期将軍の病気の治療のために流鏑馬が奉納されたことで、再び流鏑馬に光が当たることとなりました。

その後、流鏑馬はどちらかといえば神事、厄除けといった意味合いが強くなっていきます。

今では「日本の伝統」を思わせるイベントとして、各地で行われることも珍しくありません。

浅草流鏑馬は、どちらかといえば江戸時代に起こった「神事・厄除け」がメインとなった流鏑馬です。

少なくとも江戸時代には正月の行事として定着し、江戸の人たちを楽しませていましたが、現在は正月ではなく4月に、観光行事として親しまれています。

アクセス・日程と前売観覧券・場所取りについて


2017年の浅草流鏑馬は、4月15日(土)の13時から開催されます。

会場は隅田公園の言問橋付近


専用の会場が用意されますが、毎年多くの人が詰めかけること、弓を使った行事であるため危険性があることなどから、広い範囲で入場規制が実施されます。

そのため、観覧券を事前に入手しておかないと会場には入るのは難しいようです。

チケットを買わないのであれば、かなり早い時間から場所取りが必要になりそうですね。

前売観覧券は毎年3月1日から販売が始まります。

1枚3000円で記念品もついてきて、流鏑馬を座って観覧できます。

かなり早く売り切れてしまううえに、当日券は用意されないので、気になっている人は早めに購入しておきましょう。

会場である隅田公園の最寄り駅は、東京メトロ銀座線、東武スカイツリーラインの「浅草駅」です。

ほかに都営地下鉄浅草線「浅草駅」からでも徒歩でアクセスすることができます。

スポンサーリンク


浅草流鏑馬の見どころ 草鹿と流鏑馬


筆者は昔、牧場で乗馬をしたことがあります。

観光客を乗せるのに慣れた馬が、ゆっくりゆっくり歩いてくれるのに、気を抜けば鞍から落ちそうでハラハラしていたのを覚えています。

そんな馬にまたがり、弓を構えて引くだけでなく、全力疾走させながら的を射るなんて、ものすごい練習があってのことでしょう。

たまに落馬してしまう方もいらっしゃるようですが、ほとんどの方が見事に土ぼこりを上げながら完走されます。

見事に的が落ちると、観客からは心からの歓声と拍手が上がります。



流鏑馬自体の迫力に加え、時代絵巻から抜き出てきたかのように鮮やかな衣装をまとう参加者にも注目です。

また、11時には「草鹿(くさじし)」と呼ばれる儀式も行われます。

流鏑馬の雰囲気が好きだという人は、こちらにもぜひ足を運びましょう。

会場は隅田公園内の山谷堀広場(さんやぼり広場)ですので、お間違いないように注意してくださいね。


草鹿は流鏑馬に比べれば知名度が低いですが、こちらも武士の訓練がもとになっています。

的の形は鹿に似せられていて、どれだけの鹿をしとめることができたのかを競うわけですね。

流鏑馬に比べると激しく素早い動きはないですが、より実際の武士の戦いに近い雰囲気を味わうことができそうです。

また、こちらは無料で観覧することができます。

まとめ

古くからお正月行事として親しまれてきた浅草流鏑馬

平成の今でも楽しめるなんて素敵ですよね。

最近では、外国からわざわざ見に来る方もいらっしゃるようです。

日本で普通に暮らしていても、なかなか日本の伝統を感じることができる瞬間は少ないですよね。

たまにはこういった日本を感じられるイベントに参加してみるのもよさそうです。

ただ、動画を見ていただければわかりますが、会場はかなり馬と観覧席の距離が近いです。

身を乗り出したりするととても危険ですので、安全に鑑賞できるよう、いつも以上に注意を払う必要もありそうですね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,