お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

ミュージックの日の由来は?ミュージックの日フェスティバル

悲しい時は元気づけてくれたり、楽しい時はさらに心を盛り立ててくれたりと、私たちの生活には切り離せない音楽。

そんな音楽文化を考える日が「ミュージックの日」です。

私たちの身近に、当たり前のようにある音楽。

さらに身近なものに、さらに楽しいものにするために、ミュージックの日を通じて現状を見つめ、考えていきましょう。

スポンサーリンク


ミュージックの日の由来は?


ミュージックの日は、1991年に「日本音楽家ユニオン」という団体によって3月19日に制定されました。

由来は3(ミュー)月19(ジック)日という語呂合わせからです。

日本音楽家ユニオンは、音楽関係者が加入している労働団体組合です。

音楽関係者の地位や権利、労働条件などを改善すべく活動を行っている団体ですので、ミュージックの日もまた日本音楽家ユニオンが直面している課題を考えるために制定されました。

しかし、それほど肩肘を張って迎えるべき記念日ではありません。

我々音楽を消費する側の人間にとっては、音楽がいかに生活の助けになっているかを考えたり、まだ知らない音楽の魅力を発見したりするための日であると考えていいでしょう。

音楽が我々にとって身近になればなるほど、音楽家の活動が活発になるというのは自明なのですから。

音楽が好きな人、音楽についてもっと詳しくなりたいという人は、ぜひミュージックの日に行われるイベントに参加してみてくださいね。

スポンサーリンク


ミュージックの日に行われるイベント ミュージックの日フェスティバル


毎年ミュージックの日前後には、日本音楽家ユニオンが主催を務める、「ミュージックの日フェスティバル」というイベントが開催されます。

東京だけでなく北海道や九州など日本各地で実施されますので、地方に住んでいるという人にもうれしいイベントです。

このミュージックの日フェスティバルは、「フェスティバル」という名前の通り、お祭りのようなにぎやかな雰囲気が魅力のイベントでもあります。

会場によっては意外な音楽ジャンルのコラボレーションといった風変わりなコンサートが開催されるところもありますので、興味のある方はいろんな会場を回ってみるのもよさそうですね。

意外なところから新しい音楽の魅力が見つかる、そんなイベントがたくさん開催されますよ。

ただ、会場によってプログラムや参加料金などが全く違います。

また、必ずしもミュージックの日に開催されるとは限りませんので注意しましょう。


まとめ

音楽は国境や民族を超え、様々な文化で見られる普遍的なものです。

逆に、人間以外の生物で、「音楽」と呼べるものを楽しんでいるものはないといわれています。

音楽を楽しむ心というのは、人間を人間足らしめているものの一つではないでしょうか。

日本でも老若男女を楽しませている音楽。

ただ、クラシックやジャズなど敷居が高い印象の音楽もまだまだありますよね。

ミュージックの日は、そんな身近でない音楽も楽しむことができるイベントも開催されます。

いつかあらゆる人が、あらゆるジャンルの音楽を自由に楽しめる日が来ることを夢想して、ミュージックの日フェスティバルに参加しましょう。

スポンサーリンク


-記念日
-, ,