お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

入学式・卒業式 年中行事

卒園式のママの服装のポイントは?服の色やアクセサリーは何がいいの?

3月は卒園式シーズンですが、わが子の旅立ちの舞台にと、服装を張り切るママも多いのではないでしょうか。

しかし張り切りすぎて、意図せず場にそぐわない服装をしてしまうこともありますよね。

主役は子供といっても、ママにとっても晴れ舞台。

いい思い出にするために、TPOに合った服装をすべきでしょう。

そこで今回は、子供の卒園式の時に気を付けるべき服装について解説していきます。

いい気持で卒園できるように、服装からこだわっていきましょう!

スポンサーリンク


卒園式に着ていくママの服装のポイントは?


その場にふさわしい服装」を考えるとき、手掛かりになるのは「どのようなシーンであるか」ということです。

例えば七五三は、わが子の成長を実感する「うれしい場」。

入学式は新しいステージに立つ、やはり「おめでたい場」ですよね。

では、卒園式はどのような場なのでしょうか。

印象は人によって変わるとは思いますが、やはり通いなれた幼稚園を旅立つ「お別れの場」というのが一番適切な説明ではないでしょうか。

そんなシーンで鮮やかな色のワンピースを着て、ごてごてしたアクセサリーをつけて臨むとどうなるかわかりますよね。

どうしても浮いてしまいます。

つまり、卒園式の服装はどちらかといえばかっちりした、上品な服装を意識していくべきなんです。

もちろん幼稚園や保育園によっては、ある種の「伝統」があるところもあります。

例えば伝統的にワンピースが好まれるとか、ネイビーが絶対不可とかですね。

できるのなら以前卒園式に参加した保護者さんや、経験豊かな保育士さんから式の雰囲気を聞いておいたほうがいいでしょう。

ワンピースとスーツどちらがいいの? ブラックフォーマルはどうなの?


特に「伝統」などがないのであれば、無難なのがいわゆる「ブラックフォーマル」です。

喪服などにも使いまわせるので、一枚は持っているという人も多いはず。

持っていないという人も、結構使えるシーンは多いので、この機会に購入するのもありですね。

あまりにもかっちりしすぎて嫌だと感じるのなら、違う色のジャケットを羽織ってみたり、大きめのアクセサリーをつけるという手もあります。

凝りすぎて浮いてしまうのは論外ですが、プラスアルファ程度ならかえってほかの人と差をつけることができますし、粋です。

また、ワンピースとスーツで迷われる方も多いみたいですが、結論から言えばどちらでも大丈夫なんです。

むしろ色やアクセサリーなどが、浮くか浮かないかの決定的な差になるんですよ。

ただし、ジャケットは必ず身に着けるようにしてくださいね。

ただ、厳密に言えばパンツスーツはNGであると考える人もいるようです。

これもやはり式の雰囲気によるものなので、パンツスーツで臨もうと考えているのなら、事前にどんな雰囲気であるかを調べておいたほうがよさそうです。

スポンサーリンク


服の色やアクセサリーなどの小物は何がいいの?


卒園式に好まれる服の色は、黒、灰、ネイビーの三つ。

これ以外だと高確率で浮いてしまいます。

逆に入学式はパステルカラーが好まれますので、こちらは華やかなものを選んでくださいね。

また、アクセサリーも重要。

あまりに派手でごてごてしたものはもちろん避けるべきですが、一切つけないというのも考え物です。

というのも、特に黒い服装をしている場合、どうしても喪服を連想してしまうんですね。

できればアクセサリーを用意していったほうがいいですよ。

定番は、パールの一連ネックレスにコサージュというもの。

コサージュは華やかな色でも大丈夫なので、服の色に合ったきれいなものを選びましょう。

逆に黒いコサージュはお葬式を連想させるのでNGです。

まとめ

卒園式の服装は派手なものを避け、なおかつ地味すぎないように工夫が必要となります。

重要なのは色、そしてアクセサリーのバランスですね。

初めての方は特に気を揉んでしまうかもしれませんが、この二つさえ押さえていればそうそう浮くことはないはず。

リラックスして臨みましょう。

また、カバンや靴も派手すぎないように心がけましょう。

わかりやすいブランド物は避け、靴のヒールは高すぎないものを。

タイツはベージュが基本で、は絶対NGです。

まだまだ寒い季節ですので、インナーを着こむ、カイロを持っていくなどの防寒対策もしっかりとしておきましょう。

スポンサーリンク


-入学式・卒業式, 年中行事
-, ,