お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

川崎工場夜景ツアーのおすすめはとバスツアーと屋形船クルーズは?

日本を代表する工業地帯、神奈川県川崎工場。

そんな眠らない工場が生み出す夜景を見に行くことができる、川崎工場夜景ツアーをご存知でしょうか。

今回はそんな川崎工場夜景ツアーをご紹介します。

普通のイルミネーションや高台から見下ろす街の夜景とは少し違う光の饗宴を見たい方は、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサーリンク


川崎工場夜景ツアーとは?


川崎工場は、神奈川県川崎市にある工場群のことを指します。

東京や埼玉県にまたがる「京浜工業地帯」の中でも、特に鉄鋼や化学薬品を扱う工場が立ち並んでいることが特徴です。

そんな川崎工場で夜景ツアーが始まったのは、2008年ごろだったといわれています。

ツアーが企画されるなり、かつては排気ガスや環境汚染といったマイナスのイメージが多かった工場の印象が一変、幻想的な光景を見ることができる夜景スポットに早変わりしました。

今では多くの工場で夜景ツアーが組まれていますが、発祥は川崎工場なんです。

そんな工場夜景ファンの聖地である川崎工場。

もちろん一人で見て回ることもできますが、見どころがたくさんあるので初めての人はツアーに参加するのがおすすめです。



ブームを受け、今では様々な旅行会社が独自のパッケージプランを提供しています。

次の見出しで、おすすめのプランを二つご紹介しましょう。

はとバスツアーと屋形船クルーズの開催日程と料金


おすすめのツアー、一つ目が「はとバス」が提供する夜景ツアーです。

はとバスは、ご存知東京観光の味方となってくれるバス。

最近は東京だけでなく、関東のさまざまなスポットを案内してくれるツアーでも話題なんですよ。

そんなはとバスが提供する夜景ツアーは、痒い所に手が届く、様々なサービスがついたツアーです。

川崎工場の一押し夜景スポットはしっかりと抑えつつ、普段は入ることができないマル秘スポットにも特別に入ることができます。

川崎といえば、コリアタウンでも有名ですよね。

夕食は、コリアタウンで有名な焼き肉店で済ませることができます。

東京に帰ってからも、東京の夜景を案内してくれるという至れり尽くせりぶり。

まさに広く深く楽しむことができそうです。

そんなはとバスツアーは、毎週土曜日に定期的に行われています。

料金は大人が6200円、6歳以上12歳未満が4500円です。

1か月以上先のツアーがすでに満席に近いなど、非常に人気が高いツアーですので、早めに予約しておきましょう。

もう一つのおすすめツアーは、長八海運株式会社が提供する夜景ツアーです。

こちらは屋形船で夜景を見ることができる、屋形船クルーズツアーです。

屋形船で運河を渡りながら見る夜景は、地上から眺めるものとはまた違ったものに見えるはず。

川崎工場を隅から隅まで楽しみたい人には、かなりおすすめなツアーです。

ただし運河の上は冷えますので、寒がりさんは防寒具を忘れずに。

開催日は、夏期(6月から9月)が毎週土曜日、冬期(10月から5月)が第2、第4土曜日です。

料金は中学生以上が4000円、小学生が3000円です。

スポンサーリンク


川崎工場夜景ツアーの見どころ


ツアーで訪れることができるスポットはすべて絶景といっても過言ではありませんが、特に力を入れて鑑賞したいスポットを二つご紹介しましょう。

一つ目は「千鳥町(ちどりちょう)」というエリア。

大きな火力発電所があり、工場もひしめき合っていることから、昼夜問わずにぎやかなエリアです。

特に化学工場と路線を一度に視界に収めることができるスポットが人気。

工場夜景を代表する光景を見ることができるでしょう。

また、石油工場からは、タイミングが合えば「フレアスタッグ」と呼ばれる炎を見ることができます。

激しく燃え上がる炎は恐ろしいかもしれませんが、見ることができればかなりラッキー。

忘れずにカメラで写真を撮っておきましょう。

もう一つが「浮島町(うきしまちょう)」と呼ばれるエリアです。

こちらは「プラント」が主役となり、非日常に迷い込んでしまったかのような幻想的な風景を楽しむことができます。

特に「貨物ヤード前」と呼ばれる、プラントを間近で見ることができる場所が人気なのですが、少し足を延ばせば見えてくる、「東燃ゼネラル石油前」もおすすめです。

まとめ

全国的に有名なスポットが多いうえに、各種ツアーも充実していることから、工場夜景観光の初心者さんにはぴったりな川崎工場夜景ツアー

実は知る人ぞ知る穴場も隠されているので、慣れたころにもう一度、今度は一人で行ってみるのもいいかもしれません。

その場合は、川崎市の路線バスを利用してアクセスするのが便利です。

また、スポットによっては夜よりも夕方や昼間のほうがいい写真を撮ることができるかもしれません。

いろんな時間、いろんな季節に工場を訪れ、様々な光景を目にしてくださいね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,