お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

引越し・新生活

単身赴任の準備に必要な物と手続きは?チェックリストを活用しよう!

春になると異動や転勤が増えますよね。

社会人である以上、急な部署変更は宿命だといえそうです。

時には家族を残し、単身赴任しないといけない時も。

今回は、そんなときの準備や心構え、手続きなどをまとめました。

初めて単身赴任をされる方だけでなく、いつ異動になってもおかしくない人は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


単身赴任の心構えと準備にはチェックリストを活用


まずは、単身赴任の心構えから解説していきましょう。

ほとんどの場合、単身赴任の辞令は突然やってきます。

内示が出てから実際に転勤となるまでの期間は、およそ1か月であることが多いようです。

この1か月という期間は、長いようで案外短いです。

というのも、この1か月フルに使って準備ができるわけではないからです。

仕事の合間を縫って、引継ぎや引っ越しの準備などを行わなければなりません。

焦ったり慌てたりする必要はありませんが、だらだらと消費していいほどの余裕はありません。

単身赴任が決定したら、まずはそれを受け入れることから始めましょう。

一人で暮らすとなると何が必要になってくるのか?

どのような住まいがふさわしいのか?

それを考えていけばおのずと買い足す必要があるものや、理想の住まいが見えてくるはずです。

何が必要になるのかわかったら、それをメモするのも忘れずに。

まずは一人で必要なものを洗い出し、次にご家族に確認してもらいましょう。

といっても、引っ越しの荷物は少なければ少ないほど楽です。

現地で購入できるものは後回しにし、まずは真っ先に必要となりそうなものだけをチェックリストに入れます。

同時に必要な手続きもリストにしてしまいましょう。

手続きをしないでおくと、入居初日からつまずくことになりかねませんので、慎重に調べたほうがいいでしょう。

必要物品も手続きも、まずぜんぶリストアップしておき、時間のある時に一つずつ消化していったほうがずっと楽です。

単身赴任の準備で持っていく物と赴任先で揃える物は?


必要な物品には、前述のとおり二種類あります。

引っ越し前に準備しておくものと、引っ越し先でそろえるものです。

引っ越し当日はどうしてもバタバタしてしまいますが、それでも着替えや入浴は必要です。

着替えはできれば、3日分以上は持っていきましょう。

トイレットペーパーも忘れずに。

歯ブラシやシャンプー、リンスなどのアメニティ類は、今使っているものを持っていったほうがよさそうです。

逆に食器や洗剤、ハンガーなどは現地調達で大丈夫。

引っ越し当日に、時間を見て買いに行きましょう。

また、最低限布団やカーテンなどは前もって購入しておき、引っ越し当日に新居に運び入れてもらえるようにしておきましょう。

ほかにも洗濯機や冷蔵庫も前もって購入しておいたほうがいいです。

それ以外の家電や家具は、おいおい揃えていきましょう。

スポンサーリンク


単身赴任前後に必要な手続きと書類は?


住んでいる場所が変わるわけですから、住民票の変更が必要です。

単身赴任するのが世帯主なら、「世帯主変更届」も提出する必要があります。

次はライフラインの確保をします。

ライフラインとは、水道、電気、ガスのこと。

水道は引っ越し先の自治体の水道局に、電気は電力会社に「開始申込書」を送ります。

この二つは初日から使えますので、申し込みを忘れないようにすれば問題ないでしょう。

問題があるとすれば、ガスです。

ガスの開栓は、入居者が立ち会う必要があるんです。

そのため、引っ越し前にガス会社に連絡し、係員に立ち会ってもらいながら開栓しなくてはなりません。

また、インターネットも初日からすぐに使うことができるわけではありません。

プロバイダ会社に連絡し、インターネット環境を整えておく必要がありますので、こちらも前もって準備しておきましょう。

郵便局の窓口で「郵便物転送願」を出しておけば、自分あてに来た郵便物を転送してもらうことができます。

ただし、クレジットカードの明細や免許更新のお知らせなどはそれぞれに登録されている住所に届きます。

これらの住所も忘れずに変更しておきましょう。

まとめ

実際に単身赴任が決まると、これらの準備に加え、新しい住居を探す必要も出てきます。

会社によっては部屋を紹介してくれるところもありますが、下手すれば何年も生活することになる拠点ですから、時間がかかっても自分の納得がいくまで探したほうがいいでしょう。

狭い部屋は落ち着きますが、収納スペースが少なく、寝食のメリハリがつきません。

広い部屋は家賃が高くなりがちですが、心からリラックスできるスペースを取ることができます。

会社が負担してくれる家賃などと相談しながらも、納得のいく住まい探しをしてくださいね。

スポンサーリンク


-引越し・新生活
-, ,