お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

犬山祭2017の日程時間と雨の時は?見どころは車山揃えとどんでん

日本全国で行われる桜まつりの中でも、特に絢爛豪華さが魅力なのが、愛知県で開催される「犬山祭」です。

今回は2017年の犬山祭りの魅力や日程、アクセス方法などを中心にお伝えします。

スポンサーリンク


犬山祭とはどんな祭り?


犬山祭は、犬山市にある神社「針綱神社(はりつなじんじゃ)」の春祭りです。

針綱神社は戦国時代から江戸時代にかけて歴代の支配者に保護されていたり、犬山市のシンボル・犬山城の守り神だったりと、なにかとこの地にゆかりが深い神社です。

最大の特徴はその大きな屋台。

犬山祭では車山(やま)と呼ばれている大きな曳山です。

昼間はからくり人形を載せて、夜はたくさんの提灯をつるして登場する車山は、日本広しといえどほとんど類を見ないほど独特なもの。

江戸時代には各町がその華やかさを競ったことで、見た目にも非常に豪華な姿をしています。

2016年12月にユネスコの無形文化遺産に登録されたことをうけ、今後さらに多くの人々が注目するお祭りになっていくことは間違いありません。

アクセス・日程時間と駐車場・交通規制情報


2017年の犬山祭は、4月1日(土)から2日(日)にかけて実施されます。

車山が登場するのは9時ごろ、その後町内を回ってからくり人形を披露した後、夜にはライトアップされた車山を楽しむことができます。

会場は広く、各地で車山を見ることができます。

犬山市に不慣れな場合は、まずは針綱神社を目指しましょう。


針綱神社は犬山城の敷地内にあります。

最寄り駅は名鉄犬山線「犬山遊園駅」。

駅からまっすぐ西に歩けば、犬山城の天守閣が見えてきます。

名鉄はJR「名古屋駅」などから乗り換えることで利用可能です。

車を利用する場合は名神高速「小牧」インターチェンジが最寄りのインターチェンジですが、二日間とも市内の大きな道路にて交通規制が敷かれますので注意しましょう。

駐車場は「犬山遊園駅」、「犬山駅」の周辺にいくつか存在しています。

しかし、毎年多くの人が車で来場するため、朝早くからアクセスしないとすぐにどこもいっぱいになってしまいます。

できるだけ、電車を利用してアクセスするようにしましょう。

犬山祭りは小雨程度であれば、車山にビニールをかけて実施されます。

ただ、あまりにもひどい天気だと中止になる可能性もありますので、天気が心配な時は公式ホームページを確認するようにしましょう。


スポンサーリンク


犬山祭の見どころ 車山揃えとどんでん


前述のように、犬山祭最大の見どころは独特な車山の迫力のある姿。

どうせなら一番迫力のあるシーンを見たいという方は、「車山揃え」と「どんでん」を狙って見に行きましょう。

車山揃え」は夜、提灯をつるした車山が集結するシーンを指します。

春の犬山祭は、町内の車山13個を2組に分けて車山揃えを行います。

場所は「針綱神社前」と「本町交差点」の二か所。

二日間とも見ることができるので、一日目と二日目で違う場所の車山揃えを見るのがおすすめです。

また、車山を人力で持ち上げて方向転換させる「どんでん」もはずせません。



前述のように、犬山祭で使われる車山は非常に大きいです。

もちろん重さもそれなりにあるはずなのですが、車山の曳き手たちはそんな重さをものともせず、力を合わせて持ち上げます。

どんでんのスケジュールは以下の表を確認してくださいね。

日付時刻場所
4月1日(土)19時30分~20時30分本町交差点、犬山駅前
4月2日(日)10時20分~15時針綱神社前
4月2日(日)20時針綱神社前
4月2日(日)19時20分~50分本町交差点
表を見ていただければわかるように、4月2日は昼間と夜にどんでんが行われます。

車山を持ち上げる人々の力強さに注目したい人は昼間のどんでんが、持ち上げられた勢いに合わせて揺れる提灯の幻想的なさまを見たい人は夜のどんでんがおすすめです。

まとめ

車山の美しさや曳き手の勇壮さを中心にお伝えしたので、なんだかついでのようになってしまいましたが、犬山祭では桜の美しさも大きな見どころなんです。

ちょうど見ごろを迎えている桜と美しい車山、車山の曳き手の力強さなどに注目して鑑賞しましょう。

また、犬山市には立派な天守閣が残る「犬山城」や、ファミリーで一日中遊ぶことができる「日本モンキーパーク」など様々な観光名所があります。

どうせなら観光も楽しんで、犬山市の魅力を味わい尽くしましょう。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , , ,