お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

日立さくらまつり2017の開催日程は?見所は日立風流物とフラダンス

2017/04/04

日立さくらまつりは「日本さくら名所100選」にも選ばれた、今国内外で最も注目されている桜まつりのひとつです。

2017年はどのようなスケジュールとなっているのでしょうか。

また、海外にその名をとどろかせるようになった理由とは?

今回は、2017年の日立さくらまつりをご紹介します。

スポンサーリンク


日立さくらまつりの開催スケジュールとライトアップ時間は?


日立さくらまつりは、毎年4月の初旬から中旬にかけて開催されます。

開催期間中は連日18時から23時にかけて桜並木のライトアップも実施される予定です。

2017年は、4月1日(土)~16日(日)が開催期間です。

イベントなどの詳しいスケジュールは、アクセスする前に公式ホームページで確認するようにしましょう。

日立市観光物産協会ホームページ

ここでは、2016年に開催された日立さくらまつりの内容をもとにご紹介します。

開催場所へのアクセスと駐車場情報


日立さくらまつりは、JR日立駅前の「平和通り」、市立のレジャー施設である「かみね公園」、展望台がある「十王パラノマ公園」の三か所で開催されます。

JR常磐線「日立駅」から北上すれば「かみね公園」まではスムーズにアクセスできます。


ただ、「十王パラノマ公園」は公共交通機関が利用しにくい場所にあるので、電車などでアクセスした場合はタクシーを利用するなどの工夫が必要です。

車でアクセスする場合は、まず駐車場のある「かみね公園」を目指したほうがいいでしょう。

かみね公園には小さな駐車スペースが複数あり、合計で500台もの車を収容することができるんです。

かみね公園」と「平和通り」を徒歩で散策した後は、車で「十王パラノマ公園」へ向かいます。


十王パラノマ公園にも駐車場があるので、問題なく見て回ることができそうです。

スポンサーリンク


日立さくらまつりの見どころ 日立風流物とフラダンス


日立さくらまつりは、美しい桜並木がどこまでも続く幻想的な光景を見ることができる桜まつりです。

ただ、最近国内外から大きな注目を集めている理由は、その桜並木の美しさだけではありません。

お祭りに登場する「日立風流物(ひたちふうりゅうもの)」と呼ばれる山車もまた、観光客を呼び寄せる魅力の一つとなっているんです。

日立風流物という名前を、初めて聞くという人も多いのではないでしょうか。

どのようなものなのか説明する前に、まずは動画をご覧ください。



便宜上「山車」と表現しましたが、かなり変わった形をしているということはお分かりいただけたかと思います。

とても大きいうえに、大きく動くこの山車は、江戸時代から受け継がれている貴重な文化財です。

重要有形民俗文化財」と「重要無形民俗文化財」に登録されているといえばその貴重さがわかるでしょうか。

なんとあのユネスコ無形文化遺産にも登録されているんです。

そのため、日本以外からも多くの観光客が一目見ようと訪れるんですね。

ただこの日立風流物は、毎日見ることができるわけではありません。

毎年さくらまつり最初の週末に開催される、神峰神社の祭典でのみ見ることができるんです。


日立風流物が目当ての方は、日付を間違えないように注意しましょう。

また、近年日立市の有志によるフラダンス大会も恒例となっています。

話題が話題を呼び、最近では座ってみるのが難しいくらい盛況な大会だとか。

日立の春を象徴するようなフラダンスも必見ですね。

交通規制と歩行者天国情報


メイン会場の一つである平和通りでは、例年最初の週末に歩行者天国が実施されます。

日によって時間帯は多少前後しますので、詳しくは公式ホームページを確認するようにしましょう。

日立市観光物産協会ホームページ

休日はパレードや太鼓の演奏会などの催し物が、平日の夜はライトアップされた桜並木の下を歩くことができます。

また、この平和通りの歩行者天国に合わせて交通規制も実施されます。

国道6号線や日立駅前などの大きな道路も規制の対象になりますので、アクセスする際や帰宅するときなどは注意して運転するようにしましょう。

まとめ

2017年の日立さくらまつりは、なんと記念すべき55回目。

それほど昔から桜まつりが行われていたのには、桜に対する日立市民の熱い思いが隠されているんです。

そもそも日立市に桜が植えられるようになったのは、環境汚染によって傷ついた日立市の環境を元に戻そうとする運動がきっかけでした。

かつては鉱山がたくさんあった日立市では、空気や土、水がたいへん汚れていたんです。

そこで悪い環境でもたくましく育つ種類の桜を植え、景観だけでも取り戻そうとかんがえたというわけなんですね。

現在はあちこちに緑があり、空気もおいしい日立市。

さくらまつりの盛況さは、まるで取り戻すことができた美しい環境を喜んでいるようですね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , , , ,