お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ひな祭り 年中行事

ひな祭りの歌の歌詞の由来は?怖い歌?替え歌やカバー曲もあるの?

3月3日はひな祭り

幼稚園などで「ひな祭りの歌」を歌ったことがある方も多いのではないでしょうか。

実はひな祭りの歌の歌詞には、様々な替え歌やカバー曲もある、魅力のある歌でもあるんです。

そこで今回はひな祭りの「歌」に注目してみました。

今まで知っていそうで知らなかったひな祭りの歌の雑学を、いくつかご紹介しちゃいます。

スポンサーリンク


ひな祭りの歌の歌詞の由来は? 歌詞にある2つの間違いとは?


ひな祭りの歌の出だしは有名ですね。

明かりをつけましょ、ぼんぼりに……」。

しかし、この続きを歌うことができる人は意外と少ないかもしれません。

動画を用意しましたので、一度確認してみてください。



ちなみにこの曲、作曲は「かもめの水兵さん」でおなじみの河村光陽氏、作詞は「小さい秋みつけた」のサトウハチロー氏なんです。

有名な方々の手による名曲なんですね。

実はこの曲には、二つの間違いがあります。

一つ目は「お内裏様」の使い方。

お内裏様にお雛様」とうたわれているので、まるでお雛様=女雛、お内裏様=男雛と勘違いしてしまいそうですが、実は「お内裏様」というのは男雛と女雛、両方を総称した言い方なんです。

二つ目は三番に出てくる「右大臣」についての間違い。

お酒を飲んだ右大臣が、酔っぱらって顔を赤くしているとうたわれています。

実はここが間違いなんです。

右大臣と左大臣はひな壇の四段目に飾るので、ひょっとしたら見たことがないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は伝統的に顔を赤く塗られるのは老人の「左大臣」のほう。

右大臣」は若く、真っ白な顔で澄ましています。

なぜこのような勘違いが生まれたのかは定かではありませんが、なまじ有名な歌だけに、今までお内裏様のことを男雛だと思っていた人や、赤い顔をしたほうが右大臣だと思っていた人は多そうです。

ひな祭りの歌は怖い歌? 作詞家の歌詞に込めた悲しい思い


ひな祭りの歌」を作詞したのはサトウハチロー氏であるとすでに述べました。

実はサトウハチロー氏は、身近な人物をこの曲に登場させています。

それは二番目、三人官女について歌われている部分。

お嫁にいらしたねえさまに、よく似た官女の白い顔」というか所です。

この「ねえさま」というのはサトウ氏の姉がモデルなのではないか、といわれているんです。

しかし、この「ねえさま」は18歳の時、結婚を目前にして結核で亡くなっています。

歌詞とは違い、お嫁に行くことができなかった姉へのせめてもの慰めとしてこの曲を作ったのだとしたら、「うれしいひなまつり」というタイトルに反して、どこか悲しい曲に感じられるから不思議なものです。

スポンサーリンク


ひな祭りの替え歌やカバー曲もあるの?


誰もが一度は子供のころに聞いたことがあるであろうひな祭りの歌。

子供に広く知られる歌の宿命なのか、この曲には多くの替え歌が登場します。

全国に多数のバリエーションが広がっているようですが、特に有名だと思われるのはこんな歌詞です。

本来の歌詞替え歌
あかりをつけましょ ぼんぼりにあかりをつけましょ 爆弾に
お花をあげましょ 桃の花ドカンと一発 禿げ頭
五人囃子の 笛太鼓五人囃子は 死んじゃった
今日は楽しい ひなまつり今日は悲しい お葬式

他にも桃の花が枯れてしまったり、なぜかギャングが登場したりと、非常にバリエーション豊かです。

また、ひな祭りの歌の替え歌を作っちゃったのは子供たちだけではありません。

実はメキシコ人も1960年代にこの曲をカバーしています。



タイトルは「かなしきみなしご」。

物悲しいメロディが強調され、タイトルからもわかるように非常に哀愁漂う曲になっています。

メキシコだけでなくアメリカでもヒットしたようで、今でもひな祭りの歌を聞かせると「知ってるよ、メキシコの曲でしょ」と言う外国人も多いのだとか。

まとめ

日本人なら誰もが口ずさめるひな祭りの歌。

作詞されたのは昭和初期、なんと80年以上も前なんです。

それほど昔の曲が今でも歌われるのは、時を超えて感じさせる情緒やイメージの豊かさがあってのことですよね。

個人的にはあの物悲しい曲調が、明るさ一辺倒では出すことができない魅力を生み出していると感じます。

ひな祭りはもともと、子供の健やかな成長を願うために生まれた行事です。

当日はひな祭りを飾って、もちろんひな祭りの歌を歌いながら、ひな祭りパーティにいそしみたいですね。


スポンサーリンク


-ひな祭り, 年中行事
-, , ,