お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

岩倉桜まつり2017の日程とライトアップ時間は?屋台と臨時駐車場

日本には数多くのお花見スポットがありますよね。

毎年お花見の季節に、どこに行こうか迷われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は岩倉桜まつりをご紹介します。

2017年は「日本のさくら名所100選」にも選ばれている岩倉桜まつりにお花見に行ってみませんか?

スポンサーリンク


岩倉桜まつりの開催期間とライトアップ時間は?


2017年の岩倉桜まつりは、4月1日(土)から10日(月)まで開催される予定です。

岩倉市の桜は3月下旬から4月の上旬が見ごろですので、桜まつりに参加できそうにない場合は、このぐらいの時期にアクセスするのもいいでしょう。

祭り期間中は連日10時ごろからスタンプラリーなど様々なイベントが開催されるほか、18時から21時まではライトアップされた夜桜を見ることができます。

開催場所へのアクセスと駐車場・臨時駐車場情報


岩倉桜まつりの会場は、愛知県岩倉市の「五条川」という川の岸辺です。

最寄り駅は名鉄犬山線「岩倉駅」。


駅から東へ5分ほど歩けば川が見えてきます。

名鉄犬山線は、JR「名古屋駅」などから乗り換えることができます。

また、例年祭りの専用駐車場が作られますので、車でアクセスすることも可能です。

岩倉市の最寄りインターチェンジは名神高速道路「小牧」インターチェンジですので、そこから国道41号線を通って市内にアクセスしましょう。

臨時駐車場は「八剱(やつるぎ)いこいの広場」に設置されます。


この駐車場は無料ではなく、1000円と少し高めの駐車料金が必要です。

ただ、この料金は五条川の美しい環境を保全するために使われますので、協力したいというのであれば、ぜひともこちらを利用しましょう。

また、岩倉駅周辺には複数の有料駐車場が設けられています。

どこもだいたい1時間100円から200円ほどで利用できますので、とにかく安いところに停めたいという方は駅で駐車場を探すといいですよ。

駅から五条川まではほぼ一本道なので、多少歩くにせよ迷うことはないでしょう。

スポンサーリンク


岩倉桜まつりの見どころ 夜桜と屋台


岩倉桜まつりでは、五条川の岸約8キロを1400本ものソメイヨシノが埋め尽くしている絶景を見ることができます。

普通に岸辺を歩くだけで十分楽しめること請け合いですが、さらにお花見ムードを盛り上げるために行われる、様々な催し物も見どころです。

まず歩道にぎっしりと並んでいる屋台に注目しましょう。

毎年桜まつりの開催に合わせ、たくさんの屋台が出店します。

内容もイカ焼きやベビーカステラのようなおなじみのものから、赤みそのトン汁、田楽やべっ甲飴など個性豊かなもの、桜味のソフトクリームのようについつい買ってしまいそうなものまでさまざま。

気に入ったものは遠慮せずに購入し、食べ歩きながら桜を見るのもよさそうです。

また、前述のように夜桜を見ることができるというのも大きな魅力です。



ただ、ライトアップされるのは桜並木の一部の区間だけですので注意しましょう。

具体的に言えば、昭和橋~彦田橋までの約1キロメートルがライトアップ区間です。

まとめ

岩倉桜まつりでは、地域伝統の「のんぼり洗い(こいのぼりの糊を洗い落とす作業)」や、山車の巡行など伝統的なシーンをいくつか見ることができます。

地域の伝統文化などに興味がある方にとっても、きっと楽しめるお花見になることでしょう。

これらを見に行きたいという方は、公式ホームページなどでイベント予定を確認してからアクセスするようにしてくださいね。

岩倉桜まつり 公式ホームページ

美しい光景もさることながら、その光景を盛り立てる工夫がたくさん詰まった岩倉桜まつり。

たくさんの人に愛されている理由がわかりますよね。

ぜひ一度、足を運んでみてください。


スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , , , ,