お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

食神さまの不思議なレストラン展を乃木坂46の二人がナビゲート!

2013年世界文化遺産に登録されたことも記憶に新しい和食

そんな和食の魅力を五感で感じることができるのが、「食神さまの不思議なレストラン展」です。

見て楽しい、食べておいしい新感覚の展覧会ですので、和食が好きな人にはとことん楽しめるはず。

今回はそんな食神さまの不思議なレストラン展をご紹介します。

スポンサーリンク


食神さまの不思議なレストラン展とはどんなイベント?


日本という国の風土と気候がはぐくんだ「和食」は、日本人の生活と切っても切り離せないものです。

食神さまの不思議なレストラン展は、そんな和食をテーマにした展覧会です。

しかし、この展覧会はただの展覧会ではありません。

世界最高峰のデジタルアート集団 「モーメント・ファクトリー」が日本で初めて手掛ける体験型デジタルアートが、この「食神さまの不思議なレストラン展」でもあるんです。

和食」という身近なテーマながら、特殊効果や最新の技術を用いて展開される情報は、今まで知らなかった新たな和食の魅力を伝えてくれます。

和食が当たり前に存在する国に生まれたからこそ、知っていそうで知らない和食の姿を知ることができるんですね。

展覧会の名前にも登場する「食神さま」とは、日本神話に登場する穀物の神様のこと。

神様や神様の使いが登場する、ファンタジックでノスタルジックな雰囲気も魅力です。

会場へのアクセスと開催日程は?


食神さまの不思議なレストラン展は、東京・茅場町(かやばちょう)にある特設会場で開催されます。

最寄り駅は東京メトロ東西線、日比谷線の「茅場町駅」。


駅の6,12出口が最寄りの出口です。

また、東京メトロ銀座線、東西線、都営地下鉄浅草線「日本橋駅」からも徒歩圏内です。

開催期間は1月28日(土)から5月21日(日)までの約4か月間。

休館日などは特になく、毎日朝の10時から開館しますが、閉館時間は日によって異なります。

月から木曜日は21時、金曜日と土曜日、そして祝日の前日は23時まで開館しています。

日曜日と祝日は、19時までとやや短いので注意しましょう。

入館には入館料が必要です。

当日券は高校生以上が2000円、3歳から中学生が1000円ですが、前売り券は200円安く購入することができます。

興味があるという方は、公式ホームページなどで手に入れることができる前売り券をあらかじめ購入しておきましょう。

スポンサーリンク


食神さまの不思議なレストラン展の見どころ


写真や文字といった目からの情報はもちろん、耳に届く聴覚的な情報や、味わって得ることができる味覚的情報もまた多く得ることができるというのが、食神さまの不思議なレストラン展の野心的な部分といえるでしょう。

ナビゲーターは、「乃木坂46」の人気メンバーである「松村沙友理」さんが食担当、「若月佑美」さんがアート担当を勤めます。

アイドルのきれいな声によって、よりユニークな世界に没入できること請け合いです。

また、入場者全員に稲荷ずしをプレゼントするという試みも実施されます。

和食の魅力を再確認した後は、具材や味にこだわったおいしいおいなりさんを召し上がってくださいね。

まとめ

食神さまの不思議なレストラン展は、「」ではなく「」をテーマにした珍しい展覧会です。

日本人なら誰もが口にしたことがあるであろう和食を、いろんな技術を用いて表現するというユニークな試みにはとても引き付けられるものがありますよね。

当日はおなかがすいた状態で参加すると、なおいいかもしれません。

日本文化がより大きく注目されるようになった昨今、日本に住む我々もまた日本文化を見つめなおす岐路に差し掛かっているのかもしれません。

展覧会に参加される際は、自分と和食とのかかわりを見つめ直しながら見て回るようにしましょう。


スポンサーリンク


-イベント
-, , ,