お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

バレンタイン・ホワイトデー 年中行事

ホワイトデーに義理でお返しするおすすめプレゼントや金額は?職場と学校

3月14日はホワイトデー

バレンタインデーに何かもらった人は、お返しを準備しておきましょう。

ただ、本命ならまだしも、義理チョコへのお返しについて悩む方もいらっしゃるかもしれませんね。

義理のお返しといえども、相手に喜んでもらえるものを贈りたいものです。

そこで今回は、ホワイトデーのお返しを、義理に絞って徹底解説します。

内容はもちろん、予算の目安などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク


義理だけどもらってうれしいホワイトデーのお返しランキング


よく「ホワイトデーのお返しは三倍返し」なんて言われますよね。

ただ、お互いに義理で贈りあっている関係であるなら女性もそれほどお返しに期待はしていません。

そのため、いただいたものと同ランクのものをお返しするのが無難でしょう。

もちろん相手にお世話になっているのなら、日ごろの感謝を込めてそこそこいいものを贈るというのもありですよ。

また、形として残るものは避けたほうがいいでしょう。

ハンカチなど、身だしなみに必要なものであっても、好みでもないものは扱いに困ります。

では一体何を送ればいいのでしょうか?

以下、ランキング形式でまとめてみました。

5位 チョコレート
ほとんどの人がバレンタインデーにチョコレートをもらったのではないでしょうか。

ならばチョコで返すのが一番無難ですよね。

相手もお返しといえばまずチョコを予想するので、予算通りに選べばまず外れはしないはず。

いつも食べているものより、少しだけランクの高いものを買ってあげると喜ばれます。

4位 チョコ以外のお菓子
ホワイトデー=チョコレート、そんな図式が頭にある女性をいい意味で裏切りましょう。

といっても変わったものを贈る必要はありません。

クッキーやキャンディ、マカロンみたいな、ごく普通のお菓子で大丈夫。

変化球でたい焼きなんかもおすすめ。

こちらもお菓子コーナーで売っているようなものではなく、かわいく包装してあったり、ちいさなビンに入っているような、こじゃれたものを贈るのがおすすめです。

3位 入浴剤
食べ物だとどうしても好き嫌いが分かれてしまいます。

甘いものが苦手な女性へは、いっそのこと日用品を贈ってもいいかもしれません。

といっても洗剤やラップみたいな、あまりにも消耗品っぽいものは避けましょう。

ということでおすすめは入浴剤。

ちょっとした贅沢が味わえるので、たいていの女性は喜んでくれます。

といっても、においや見た目で好みが分かれそうなものは避けましょう。


2位 ハンドクリーム
乾燥はお肌の大敵。

ハンドクリームは、乾燥を気にする女性の強い味方です。

特に海外製のものは、ちょっと高いので気になっていても手を出せないという女性もいます。

デザインもいいものが多いので、定員さんと相談しつつぴったりなものを探しましょう。

1000円もあれば結構いいものが買えますよ。


1位 お茶
今はいろんなギフトが充実しているので、1位を決めるのはなかなか難しいですが、あえてランクをつけるのならば飲み物が1位となりそうです。

お菓子より意外性がありますし、案外人を選びません。

カフェインが苦手、とかでなければ喜んでもらえるはず。

お茶といっても、紅茶や緑茶、コーヒーなどいろんな種類がありますよね。

おすすめは紅茶。

紅茶缶はデザインがかわいいものも多いですし、ミルクティーやストレートティーなどいろんな飲み方が楽しめますよね。

普段飲まない人に贈るのならば、高いものを一つ贈るよりも、いろんなフレーバーが楽しめるタイプがいいかもしれません。

ホワイトデーに義理でお返しするおすすめプレゼントや金額は? 職場編


社会人の女性がバレンタインデーに義理として用意するプレゼントは、一人当たり500円から1000円ほどのものだといわれています。

つまり、ホワイトデーのお返しも、これと同ランクのものを贈るのが無難である、ということですね。

女性が多い職場の場合は、お菓子の詰め合わせを贈って各自一つずつ持って帰ってもらう、というのもありです。

この場合は、できるだけ日持ちしそうなものを購入しましょう。

お取り寄せのスイーツなんかにすれば、ちょっと高級感がでるのでおすすめです。

スポンサーリンク


ホワイトデーに義理でお返しするおすすめプレゼントや金額は? 学校編


学校の場合、校則によってはお菓子の持ち込みが禁止されている場合もあります。

事前に校則をよく確認しておきましょう。

ちなみに私の出身校は、普段は持ち込み禁止なのですが、バレンタインデーとホワイトデーだけは黙認されているような状況でした。

こういった「特例」がある学校もありますし、ない学校もあります。

わからない場合は、お菓子以外のお返しを用意したほうがいいでしょう。

気になる予算ですが、やはり学生はあまりお金がありません。

バレンタインデーの予算についても、社会人に比べてちょっと安めなんです。

なので、ホワイトデーのお返しに関しても1000円は少し高すぎるかな、という気がします。

相手にもよりますが、だいたい500円以上800円以下位を目安にしておきましょう。

まとめ

本命チョコをバレンタインデーにもらった場合、ホワイトデーのお返しでその返事をする場合があります。

クッキーは「友達でいよう」、マシュマロは「お断りします」、キャンディは「自分も好き」という意味があるんだとか。

お互いに義理とわかっているのなら気にする必要は全くありませんが、気を付けるべき相手がいるのならば不用意に傷つけないように注意しましょう。

また、男性の中にはホワイトデーのお返しを用意しないという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、バレンタインデーに女性が贈り物をするのは、現在ではほとんどマナーのようになっている部分があります。

いただいたのならお返しをするのもやはりマナーといえるのではないでしょうか。

深く悩む必要も、必要以上に高価なものを用意する必要もありませんが、最低限お返しはしっかりと用意すべきでしょう。

スポンサーリンク


-バレンタイン・ホワイトデー, 年中行事
-, , , ,