お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

引越し・新生活 生活・流行・日本の風習

引っ越しの挨拶をするタイミングは?時間帯と範囲はどこまで?手土産は?

3月前後は、特に引っ越しが多い時期ですよね。

進学や就業などで、住み慣れた場所から引っ越すという方も多そうです。

重要なのが引っ越し後の挨拶ですが、タイミングややり方など、今後の近所づきあいを左右するだけに頭を悩ませがちです。

そこで今回は、引っ越しした時の挨拶について考えていきましょう。

モラルを踏まえて気持ち良く挨拶をし、今後の付き合いに差しさわりがないようにしていきたいですね。

スポンサーリンク


引っ越しの挨拶をするタイミングは?時間帯はいつがいいの?


まずは引っ越しの挨拶をするタイミングについて。

結論から言うと、「早ければ早いほどいい」です。

ただし、いくら早いほうがいいからといって、早朝や深夜に挨拶をするのはダメ、ということはわかりますよね。

仕事や片づけの都合上、どうしても時間が取れないという人は、引っ越してきてから1週間以内を目安に挨拶する時間を作りましょう。

また、時間帯も重要。

最低限相手が家におり、訪ねても失礼にならない時間を見極める必要があります。

簡単に言えば、失礼になる時間=「」、「用事がある時」、「食事中」と考えていいです。

まず夜ですが、これは一家だんらんの時間帯。

プライベートな時間なので、部外者が立ち入るのは極力避けるべきです。

次に用事がある時。

朝はどこの家も立て込んでいますし、掃除機の音がしているのならお掃除中ですよね。

このような時はタイミングが悪いです。

また、食事中も避けたほうがいいでしょう。

食べている最中、もしくは調理中に人が来たら、どうしても面倒だと感じてしまいがちだからです。

こうなると、訪ねる時間帯が限られてくるのがわかります。

総合的に見ると、昼過ぎから夕方にかけてがベストなタイミングといえますね。

引っ越しの挨拶はどの範囲まで? 集合住宅と戸建ての場合


タイミングの次に抑えておくべきなのが、挨拶をする範囲です。

つまり、どこまでの家に挨拶に行けばいいのか、ということですね。

まずマンションなど集合住宅の場合から見ていきましょう。

重要なのが、「自分が迷惑をかけてしまうかもしれないのはどの部屋?」ということです。

マンションによっては壁や屋根が薄く、意図せず生活音などで迷惑をかけてしまう可能性があります。

そのため、両隣だけでなく自分の真上、真下の部屋に住んでいる人にもあいさつしたほうがいいでしょう。

戸建ての場合は、「向こう三軒両隣」に挨拶するべきとされています。

つまりお隣さんとお向かいさん、お向かいさんのお隣さんですね。「お向かい」というと正面にあるおうちにばかり気を取られがちですが、裏手に家があるのなら、そちらにも必ず挨拶に行きましょう。

スポンサーリンク


引っ越しの挨拶で渡す手土産は何がいいの?


挨拶の際、「よろしくお願いします」という言葉と一緒にお渡しする手土産

これも大きく悩んでしまうポイントですね。

まず、お菓子など食べ物は避けたほうがいいでしょう。

もしかしたら相手がアレルギーを持っているかもしれませんし、そうでなくても好みなんか人それぞれなわけです。

下手に苦手なものを渡してしまうと、相手も困ってしまいますよね。

また、値段ですが、あまりにも高いものは避けたほうがいいでしょう。

高くても1000円以内には抑えるべきです。

王道は洗剤やごみ袋といった、日常で頻繁に使う消耗品ですね。

それほど高くありませんし、なにより老若男女問わず贈ることができます。

また、これはマナーの問題ですが、できればのしをつけて贈ったほうがいいです。

のしの上には「ご挨拶」、下には自分の名字を書きましょう。

ちょっとした気遣いだけで、相手にぐっといい印象を与えることができますよ。

まとめ

昔とは違い、近所付き合いの希薄さが目立つ今日この頃ですが、やはり最低限の挨拶くらいはしておくべきですよね。

今後長い付き合いになるのですから、できればいい関係を保ち続けたいものです。

また、挨拶はできるだけ家族全員で行きましょう。

家族の顔を覚えてもらういい機会になりますし、お子様がいらっしゃる場合、もし同世代の子供がいれば友達が増えることになるかもしれません。

挨拶は自分を知ってもらうと同時に、ご近所さんの顔を知る機会でもあります。

なんとなくでも周りに住んでいる人を把握しておくことは非常に大事ですので、面倒でも最低限の挨拶くらいはきちんと行いましょう。

スポンサーリンク


-引越し・新生活, 生活・流行・日本の風習
-, , ,