お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

生活・流行・日本の風習 食品・飲料

桜餅の道明寺と長命寺の違いは?何の葉っぱ?カロリーは高いの?英語では

春になるとついつい食べたくなる桜餅

関西では道明寺、関東では長命寺が有名ですが、これらの違いをご存知でしょうか。

また、桜餅の正しい食べ方とは?

今回は和菓子の王道「桜餅」について、知っていそうで知らない雑学をご紹介します。

スポンサーリンク


桜餅の種類は?道明寺と長命寺の違い


関東と関西で姿が全く違う桜餅

和菓子といえば京都というイメージがありますが、桜餅に関しては関東の長命寺が起源だといわれています。

長命寺は、小麦粉で作った皮であんこをくるみ、さらにそれを葉っぱで包んだお菓子です。

皮は桜の花を思わせる、ほのかなピンク色をしています。

江戸時代、山本新六という人が、長命寺というお寺の門番をしているときに、地面に落ちた桜の葉を見て思いついたことから、「長命寺」という名前が付けられたといわれています。

江戸時代は、ちょうど庶民にもお花見の習慣が広まった時代。

おいしいお菓子を食べながら見るお花は、とてもきれいだったのでしょうね。

一方関西の道明寺は、もち米で作った「道明寺粉」を使っているので、「道明寺」と呼ばれるようになりました。

形は俵型の長命寺に対し、丸い毬型をしています。

長命寺と同じくあんこを皮でくるみ、さらに葉っぱで包んではいますが、皮の成分が全く異なるというわけですね。

また、目立ちにくいですがあんこの種類も違います。

長命寺はこしあん、道明寺は粒あんが使われることが多いです。

桜餅の葉は何の葉っぱ?食べるものなの?


長命寺にも道明寺にもくっついている謎の葉っぱ。

実はあれは、塩漬けにした桜の葉っぱなんです。

かぶりついた時にほのかに桜のにおいを醸すだけでなく、皮が干からびるのを防ぐという実用的な効果もあります。

この葉っぱ、食べない人と食べる人に分かれるんだそうです。

実は長命寺のホームページでは、葉っぱをはずして食べることを進めています。

ただ、塩漬けの葉っぱは桜餅の甘さを引き立ててくれるので、食べたくなる気持ちもわかりますよね。

葉っぱ自体には特筆すべき栄養素も、危険な毒素も含まれていません。

大量に食べない限りは、体への影響は特にないということですね。

つまり桜餅は、各々好きなように食べるというのが正解だといえそうです。

スポンサーリンク


桜餅の食べ方とカロリーは高いの?桜餅を英語では?


おいしい桜餅。

しかし、お菓子には変わりありませんので、ダイエット中の方はカロリーが気になりますよね。

皮の成分が違う関係上、長命寺と道明寺で少しだけカロリーが違います。

長命寺のほうが若干高めで1つあたりだいたい120キロカロリー、道明寺は100キロカロリー前後です。

あまりたくさんは食べられそうにないですね。

そんな桜餅、外国人の方にお勧めしたいときはどのように表現すればいいのでしょうか。

まずお米を使ったお菓子のことは、英語で「rice cake」と表現されます。

また、お餅のもちもちした感触は「sticky」と表現されます。

桜は「cherry」ですね。

桜の花の色を強調したいのなら、「cherry blossom」とするのもいいでしょう。

つまり桜餅は、「cherry blossom rice cake」といった感じに表現されます。

sticky rice cake」としてもいいですし、「cherry rice cake」でも通じるとは思います。

ちなみにあんこは「sweet bean paste」です。

中に入っているものについて質問されたら、そう答えてあげましょう。

まとめ

葉っぱの緑と皮のピンクのコントラストがかわいらしい桜餅。

ちょうど桜の季節にぴったりですよね。

四季がはっきりしている日本で生まれたせいなのか、和菓子には季節感があるものが多いです。

よりその季節を感じたいときに食べるといいですよね。

それにしても、関東と関西で実は違うものって結構多いですが、桜餅も全然違うんですよね。

筆者は関西出身なので、いまだに桜餅といえば道明寺ですね。

関東に行ったら、さっそく長命寺を試してみたいと思います。

スポンサーリンク


-生活・流行・日本の風習, 食品・飲料
-, , ,