お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

祭り

秩父長瀞火祭り2017の日程は?火渡りに一般参加して火傷は大丈夫?

炎によって自分の汚れを清めるという考え方は、火祭りという形で日本各地に広くみられる思想ですが、その中でも秩父長瀞火祭りは有名です。

2017年は非常にダイナミックでちょっと怖い(?)このお祭りに参加してみませんか?

今回は2017年に開催される秩父長瀞火祭りをご紹介します。

スポンサーリンク


秩父長瀞火祭りの歴史と由来


秩父長瀞火祭りの様子を簡単に言うと、燃え盛る火の上を行者さんたちが裸足で走る、というもの。

見た目には迫力があるものの、非常に危険であることは変わりありません。

では、なぜよりにもよってこんなことをし始めたのでしょうか。

いつごろから火祭りが行われていたのかなど、詳しい歴史はわかっていませんが、秩父に古くから伝わる「火祭祈願」という考え方がもとになっているということはわかっています。

これは、燃え盛る炎の上に立つことで、自分の中の汚れを清めることができる、という考え方です。

また、自分の前に立ちはだかる障害なども燃えつくすことによって、幸せを得ることができるとも考えられているんです。

仏教、特に修験道の影響が強い真言宗系の宗派でよくみられる行事ですね。

火祭祈願はもともと民間信仰であり、長年すたれていたのですが、最近になって再興されました。



今では火渡りだけでなく、地元に伝わる郷土芸能なども併せて楽しめる、秩父の伝統に触れることができるお祭りになっています。

アクセス・日程と駐車場情報


秩父長瀞火祭りは、毎年3月の第一日曜日に開催されているようです。

2017年だと、3月5日(日)ですね。

有名な火渡りを見ることができるのは13時すぎからです。

また14時ごろから一般の人でも火渡りに参加できるようになります。

ただ、お祭り自体は10時から開催されていて、前述のように地元の芸能に触れることができます。

ぜひ朝から見に行きましょう。

火祭り会場は、梅などで有名な地元の山・宝登山のロープウェイの宝登山麓駅近くにある宝登山麓駐車場です。

最寄り駅は秩父鉄道「長瀞駅」。


秩父鉄道は、JR東日本「寄居駅」などから乗り換えることができます。

駅から会場までは徒歩で15分ほどの距離があります。

日によっては無料のシャトルバスが用意されることがあるようですが、今のところは情報が出ていません。

2月以降宝登山ロープウェイの公式ホームページを確認するようにして下さい。

宝登山ロープウェイ 公式ホームページ

車でアクセスする場合、最寄りのインターチェンジは関越自動車道「花園」インターチェンジです。

そこから国道140号線、299号線を経由して秩父市に入り、北上して長瀞町を目指しましょう。

問題が駐車場で、実は宝登山ロープウェイ乗り場周辺には大型駐車場がありません。

そのため、車でアクセスする場合であっても長瀞駅周辺のパーキングを探す必要がありそうです。


スポンサーリンク


長瀞火祭りの見どころ(紫燈大護摩・火渡荒行)やけどは大丈夫?


秩父長瀞火祭りの見どころは、なんといっても天高く燃え上がる炎と、それをものともせずに歩き回る行者の勇壮な姿でしょう。

まず13時ごろに、柴燈大護摩(さいとうだいごま)という柴に火をつける行事が行われます。

というのも、人間の煩悩や汚れを燃やす「不動明王」という神様は、炎の中にいらっしゃると考えられているんですね。

今から火渡りをするにあたって、不動明王に来ていただくために、大きな炎を燃やすというわけなんです。

この時の炎は非常に強く燃え盛り、比喩ではなく本当に天まで届きそうな勢いです。

しかし、当然ながら行者さんといえども人間ですので、燃え盛る炎の上を歩くことはできません。

そのためしばらく炎が燃えるままに任せ、柴が燃え尽きたころに火渡りが行われます。

柴自体はほとんど炭になっているので高く燃え上がるというわけではないものの、普通に炎はついたままです。

その上を、涼しい顔をして走り抜ける行者さんはやはりすごいですね。

ちなみに行者さんたちの火渡りが終わった14時ごろからは、一般の方が火渡りに参加できるようになります。

この頃になると炎もすでにほとんど消え、真っ黒な炭になった柴からは薄い煙が上がっているような状況です。

熱いことには変わりないですが、走り抜ければ火傷をしない程度の温度です。

厄払いのためにも、怖がらずに参加してもいいかもしれませんね。


まとめ

ここまで火渡りのことを中心にお伝えしてきましたが、秩父長瀞火祭りはほかにも、獅子舞や居合などの伝統芸能を楽しむことができます。

これら火渡りではない催し物は、火渡り会場の宝登山麓駐車場ではなく、長瀞駅前で開催されます。

見に行かれる方は場所を間違えないようにしましょう。

また、長瀞火祭りが開催される3月上旬は、ちょうど梅の見ごろの季節です。

ちらりと触れましたが、宝登山は梅の名所

お祭りは15時には終わりますので、ついでに山に登って梅を見てから帰るというのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


-祭り
-, , , , , , ,