お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

イベント

習志野駐屯地降下訓練始め2017のアクセスと時間は?落下傘で降下

日本を防衛するための組織、自衛隊。

普段は縁遠い存在であるという人も多いのではないでしょうか。

そんな人にお勧めしたいのが、習志野駐屯地降下訓練始めです。

2017年最初の降下訓練なのですが、なんと一般公開されるんですね。

なかなか目にする機会のない、自衛隊の訓練を生で見ることができるまたとないチャンスです。

今回はそんな習志野駐屯地降下訓練始めの日程やアクセス情報をご案内します。

スポンサーリンク


習志野駐屯地降下訓練始めとは?


習志野駐屯地は、千葉県船橋市にある陸上自衛隊の駐屯基地です。

陸上自衛隊の中でも大きな機動力を持つ、第一空挺団の本拠地としても知られています。

そんな習志野駐屯地の新年最初の訓練が、習志野駐屯地降下訓練始めです。

習志野駐屯地の訓練は、普段は非公開なのですが、新年最初の訓練として特別に一般公開されるんですよ。

「降下」と名前がついているように、ヘリコプターに乗った自衛隊員が落下傘で地上に降り立つ迫力のある光景を見ることができるほか、ここでしか手に入らないオリジナルグッズの販売も予定されています。

アクセスと日程時間・駐車場情報


2017年の習志野駐屯地降下訓練始めは、1月8日(日)に開催されます。

訓練自体は11時から12時まで、模擬店などのイベントは8時30分から14時までです。

また、演習場に入ることができるのは8時30分から12時までですので、あまりギリギリにならないように注意しましょう。

あいにくその日は基地にいけないという人は、動画配信サイト「ニコニコ生放送」にて訓練の様子が中継されますので、覗いてみるのもいいでしょう。

ひとつ注意したいのが、「習志野駐屯地」と訓練が行われる「習志野演習場」は別の施設だということです。

訓練始めが行われるのは「習志野演習場」ですので、間違えて「習志野駐屯地」にアクセスしないように注意しましょう。

演習場は電車駅からかなり離れた場所にあるので、アクセスには電車とバスを使う必要があります。

最寄りの電車駅はJR総武線の「津田沼駅」と、新京成線と東葉高速線の「北習志野駅」の二か所です。


JRを利用する場合、駅の北口から出るバスに乗ります。

30分ほどでつく、「北習志野団地入口」バス停で降りましょう。

新京成線を使う場合は、バス乗り場1番から出る「習志野車庫」ゆきのバスを利用します。

20分ほどで到着する、「習志野」バス停で下車します。

車を使ってアクセスする場合は、京葉道路「花輪」、「武石」インターチェンジが最寄りのインターチェンジです。

ただ、演習所内には駐車スペースがあまりないので、できれば公共交通機関を利用してアクセスするようにしましょう。

どうしても車でアクセスする必要があるという方は、演習場の正門周辺に用意される駐車場を使いましょう。

スポンサーリンク


習志野駐屯地降下訓練始めの見どころ

 

前述したように、習志野駐屯地は第一空挺団の基地でもあります。

第一空挺団は日本の安全を守る最前線を担う部隊ですので、訓練始めでは単なるレクリエーションではなく、非常に本格的な訓練が行われます。

なんと例年防衛大臣も参加するんですよ。

そんなわけで登場する戦車や輸送機は、いずれも最新のものが使用されます。

本当に現地で使われるようなものを使って、本格的な訓練を見ることができるというわけですね。

特に有名なのが、飛行機の中から落下傘を使って飛び降りる訓練です。



特に災害時などは素早い対応が局面を左右しますので、普段から空から人員や物資を派遣できる訓練は不可欠です。

また、日本の防衛などの非常事態にもきっと役に立ってもらえることでしょう。


まとめ

訓練現場では展示飛行などは行われませんし、花火や楽団の演奏もありません。

そのため、「楽しむ」ためにアクセスすると肩透かしを食らうかもしれません。

逆に、非常に本格的でハードな訓練風景を見たいのであれば、これ以上ないイベントだといえそうです。

ほかにも、実際の現場で活躍する光景を想像しながら訓練を見たいという人には、ぴったりなイベントであるといえますね。

ただ、観覧席と実際に訓練している場所はかなりの距離があります。

そのため、かならず双眼鏡など、遠くを見るためのものを持っていきましょう。

そうでもしないと、隊員が本当に豆粒くらいの大きさにしか見えないです。

また、長時間座りっぱなしになりますので、温かい恰好をしていくことも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク


-イベント
-, , , ,