お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

記念日

消防記念日の由来と英語では何て?イベントは春の全国火災予防運動

私たちの生活を守るために、なくてはならない消防組織法

3月7日は、そんな消防法が制定されたことにちなんだ、消防記念日となっています。

今回はそんな消防記念日について、英語での言い換えや主なイベントなどを中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク


消防記念日の由来と英語では何て言うの?


消防記念日は、1948年の3月7日に、消防組織法という法律が制定されたことにちなんでいます。

消防組織法は、災害時に真っ先に対応するのが市町村であることを明確に定めた法律です。

確かに、災害の被害を最小限にとどめるには、現場への最短ルートやスムーズな連絡手段の確保が不可欠になってきますので、できるだけその地域に特化した人たちに任せるのが一番いいんですよね。

そんなわけで、制定から50年以上たった現在でも、災害時の対応の基本となる法律となっているんですよ。

消防記念日が制定されたのは、消防組織法が制定されたちょうど2年後、1950年の3月7日です。

以後毎年この日には、災害時の対策や災害に対する意識に関する様々なイベントが開催されるようになりました。

災害時に活躍した人への表彰なんかも行われることがあるんですよ。

そんな消防記念日、英語で説明する際は「The day of firefighting(消防の日)」あたりが適当かと思われます。

英語では消防のことを、「炎と戦う(fire fighting)」と表現するんですね。

スポンサーリンク


消防記念日に行われるイベント 春の全国火災予防運動


消防記念日では、全国で様々なイベントが開催されます。

特徴は、市町村や区といった比較的小さな自治体が主体になっているということ。

災害時に主役となるからでしょう。

また、全国的な施策として、全国火災予防運動も併せて行われます。

ちなみに全国火災予防運動自体は秋にも開催されます。

これは11月9日に「119番の日」があることにちなんでいます。

全国火災予防運動では、火災の防止に貢献した市民や消防職員に対して表彰が行われたり、殉職者へ黙祷がささげられたりします。

また、3月1日から7日までの一週間、市民への火災防止の呼びかけや、火災時の避難訓練などが行われる自治体もあります。



いつだれが巻き込まれてもおかしくない火災ですから、日ごろから予防を意識したり、避難経路を確認しておくのが何よりも重要です。

お住いの自治体でイベントが開催されるのなら、一度は参加しておくとよさそうですね。


まとめ

日本の消防は、江戸時代の町火消しがもとになっています。

明治以降は警察組織の一部となっていた時代もありましたが、消防組織法の制定によって正式に自治体が管理することになったんですね。

消防に対する組織や法律は、その国の文化や歴史を色濃く反映しているので、各国の比較などをしてみるのも面白いかもしれません。

災害の恐ろしさは、いつ起こるかわからないことですよね。

また、災害が起こった瞬間は恐ろしくても、時間がたつにつれてその恐ろしさが薄れてしまうのも恐ろしい点です。

そのため、年に何度か消防の重要さを意識し、安全管理に努めましょう。

消防記念日はその格好のタイミングです。

イベントに参加する時間がないという人も、各自で消防と災害について考え直すきっかけにしてくださいね。

スポンサーリンク


-記念日
-, , ,