お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ひな祭り 年中行事

つるし雛の意味と由来は?英語では何て言うの?細工物の意味や云われ

2016/12/22

つるし雛という飾り物をご存知でしょうか。

ひな人形の一種で、天井からつるして飾るものです。

このつるし雛、どのような意味や由来があるのでしょうか?

今回はひな祭りに花を添える、つるし雛について解説していきます。

スポンサーリンク


つるし雛の意味と由来は?英語では?


つるし雛が登場したのは江戸時代の頃だといわれています。

それまではひな人形といえば、だんだん飾りのあのひな人形しかなかったんです。

当時のひな人形は、細工や素材が豪華なものも少なくありませんでした。

というのも、ひな人形自体かつては貴族やお金持ちの子供のおもちゃだったんですね。

そのため、江戸時代当時には庶民には手が出せないものだったんです。

それでも、子供が健やかに育ってほしいというのはすべての親の願いです。

そこで端切れや余った布などを持ち寄って、小さな人形をたくさん作るという試みが行われました。



服などを作った布のあまりですから、そんなに豪華なものや大きなものを作ることはできませんが、その分たくさんの願いや気持ちのこもった人形が作られるようになったんですね。

そんなすてきな思いが込められているつるし雛

外国の方に説明するときは、「Hanging Hina」と表現するのが一般的です。

Hang」は「吊るす」という意味で、直訳すると吊るしているひな人形ということになりますね。

スポンサーリンク


細工物の意味や云われ


小さな人形がたくさん吊るしてあるつるし雛。

細工物の種類は非常に多く、地方によって前後するものの、50を超える種類があるんです。

ここでは代表的なものをご紹介します。

まずは

桃は昔から、魔よけや長寿の効果があると考えられています。

また、サルの細工物もスタンダードです。

サルは「去る」「避る」に通じるため、悪いものが近寄ってこない効果があるといわれているんです。

ハイハイをしている赤ちゃんの人形もよく見られます。

元気な赤ちゃんのように、いつまでも元気に成長してくれる願いを託しているんですね。

三角形のものは、昔の薬の袋がモチーフになっています。

薬と無縁の、元気な人生を送ってほしいという願いがこもっているんですよ。

ほかにも子供をたくさん産むは安産を、虫よけの唐辛子は良縁をそれぞれ願っています。

このように、つるし雛は子供に対する切実な願いがこもった細工がいくつも連なっているんです。

昔の人が、どれほどわが子の幸福を願っているかわかりますよね。


つるし雛を手作りキットで簡単に作る


由来や意味を知れば、つるし雛が単にかわいいだけの飾りでないということがよくわかりますよね。

現在ではシーズンになると売り出されるようになっていますが、原点に立ち返って一つ一つ手作りしてみるのもよさそうです。

自信があるというのなら、ちりめんで一から手作りしてもいいのですが、裁縫に自信がないという方でもキットを使えば簡単に手作りすることができるんですよ。

針や糸、中に入れる綿などもすべて含まれているキットもありますので、欲しい細工物を作ることができるものを探してみましょう。

手芸店のほかに、ネットショップなどでも扱っているところがあります。



まとめ

つるし雛は一本の糸につき5つの細工物が結び付けられます。

それを11本用意し、さらにもう一組作ります。

計110個の細工物を用意するのが正式なやり方なんですね。

形からこだわりたいという人は覚えておきましょう。

それほどこだわりがないという方も、偶数は「割り切れる」ことから好まれません。

ご祝儀ではないですが、奇数個用意しておきましょう。

また、つるし雛発祥の地ともいわれている静岡県の稲取温泉では、1月末から3月末にかけてひな祭りにちなんだイベントである「雛のつるし飾りまつり」が開催されます。

もちろんつるし雛も本格的なものを見ることができますので、興味のある方はぜひ足を運んでみましょう。

スポンサーリンク


-ひな祭り, 年中行事
-, , , , , ,