お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

冠婚葬祭

法事の時の平服とはどんな服装なの?男性と女性の場合に分けて紹介!

法事の時の服装って、頭を悩ませがちな課題ですよね。

特に「平服でお越しください」と書かれているときは、どのような服装がふさわしいのか意外と知られていません。

そこで今回は、法事の時の平服の服装についてまとめてみました。

思いがけなく訪れる法事への招待状。

その時になって迷わないように、ここで確認しておきましょう。

スポンサーリンク


法事の時の平服とはどんな服装なの?


平服といわれると、いわゆる私服、普段着を連想される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ここでいう平服とは、喪服ほどかしこまっていない服装を指します。

間違っても私服を用意しないようにしましょう。

ただし、あまりにも「喪服」らしいものは、かえって失礼に当たる可能性があります。

というのも、平服とは喪服とはまた別の種類の服装です。

あくまで礼服というくくりの喪服とは違い、ある程度ランクを落とさないと、逆に浮きかねないんです。

具体的な平服の種類は後で説明するとして、次は少しわき道にそれ、喪服とはどのような種類があるのか見ていきましょう。

喪服の種類は?


喪服には、「正(式)喪服」、「準喪服」、「略(式)喪服」の三種類があります。

どのような喪服がふさわしいかは、その式における自分の立場や式の内容で変わってきます。

例えば、自分もしくは自分の家族が喪主を務める、簡単に言えばホスト役にあたる場合は、格式の高い喪服を身に着ける必要があります。

逆に招かれる立場である場合や、三回忌以降の法事の場合は、それほど格式張らないものが好まれます。

正喪服で重要なのは、何よりも格式です。

ベストやブラウスはもちろん、ネクタイや靴下などの細かいところまで黒いものでそろえましょう。

また、女性の場合はできるだけ露出を抑えたものが好ましいです。

首元やひじなども、しっかり覆うものを用意しましょう。

準喪服は正喪服よりもすこし緩めの喪服で、適度に流行を取り入れたものが好まれます。

また、最も使用頻度が高い喪服でもありますので、社会人であるのなら一枚は用意しておきたいところです。

略喪服は、さらにカジュアル風の喪服です。

スーツ自体の色も必ずしも黒にこだわる必要はなく、紺やグレー程度でしたら大丈夫。

あまりに派手なものは敬遠すべきですが、少しであるなら柄が入っていてもいいでしょう。

ただ、喪服として最低限のマナーは守ったものを用意すべきです。

スポンサーリンク


「平服でお越し下さい」と言われたら 男性編


では、本題にもどって具体的に平服とはどのようなものなのかを説明していきます。

まずは男性から。

最初に述べた通り、礼服と平服は違うジャンルの服装です。

お店で売っている場所も違いますし、そもそもの生地や染め方も違いますので、購入するときは注意しましょう。

そのため、平服で来るよう指示があった場合は、礼服のコーナーで売られているものを着ていくことは避けましょう。

法事の際の服装といえば黒を連想しがちですが、紺色やグレーでも大丈夫です。

シャツは白いものを、ネクタイは地味目な色合いのものであるなら柄の入ったでもいいでしょう。

ただ、靴やベルトなどのほかのアイテムは黒でそろえるようにしましょう。


「平服でお越し下さい」と言われたら 女性編


女性の場合でも、礼服用に売られているものは避け、別のものを用意する必要があります。

黒のほかに、茶色や紺色、グレーなどの地味目のものを選びましょう。

ワンピースやパンツスーツでも構いません。

ブラウスやストッキングはが望ましいです。

ただ、ブラウスはくても大丈夫。

いずれにせよ、私服ではないので、柄の入ったものなどは避けましょう。

ただ、地域や季節を問わず生足は避けるべきです。

靴はかかとが低いものを選び、つま先が出てしまうものはカジュアルすぎるのでNGです。

アクセサリーに関しては、悩むようならつけないほうがいいです。

どうしてもつけたい場合は、「重なる」ことを連想させる二連や三連になっているものは避け、できる限りシンプルなデザインのものを身につけましょう。

ハンカチやバッグといった小物類も、できるだけ黒で統一し、やはり華美なものは避け、シンプルさを心がけましょう。


まとめ

ほかの注意点として、男女ともに動物の毛皮など、命を奪うことを連想させるものを使ったものを持ち込まないことが重要です。

また、持ち物としては数珠やふくさなど、普段は持たないものが必要になりますので、出発前に一度確認しておくことをお勧めします。

平服の場合は、一般的なマナーさえ守っていれば、スーツの色などある程度の選択の自由が利きます。

法事以外でも意外と平服で来るように言われるシーンも多いので、自分の中である程度「平服」のイメージを作っておくと楽になります。

スポンサーリンク


-冠婚葬祭
-, , ,