お役立ち情報局

祭りやイベント、日本の行事、日常生活で知りたいこと、疑問に思うことなど役に立つ情報を発信しています!

ひな祭り イベント 年中行事

京都下鴨神社流しびな2017のアクセスと時間は?一般参加も流せる

下鴨神社では、現在のひな祭りの原型となったといわれている流しびなが行われます。

そんな下鴨神社流しびなを、2017年は見に行きませんか?

日本の民俗的な古い考えを今に伝える、貴重な光景を間近で見ることができますよ。

スポンサーリンク


下鴨神社流しびなとは?


ひな祭りは、中国から輸入された「節句行事」と日本古代の「民俗行事」が合わさって生まれたと考えられています。

もともと3月3日に行われていたのは、「上巳の節句」、「桃の節句」などと呼ばれていた、菱餅や白酒をいただく行事でした。

また、日本では古くから人形に自身の汚れを移し、それを水に流すことで身を清めるという考え方があったといわれています。

これは貴族社会だけでなく、農民や漁民といった庶民にも広く共通した考え方でした。

3月3日に人形を飾り、菱餅や白酒をいただくという現在の風習は、江戸時代ごろにこの二つの文化が混同されて生まれたと考えられています。

つまり、最初期のひな人形は、飾って遊ばれていたわけではなく、水に流されていたわけなんですね。

今でもこの古い考え方を忠実に守り、3月3日(もしくは4月3日)に紙や藁でできた人形を流すという行事が残されている地域や神社があります。

京都の下鴨神社もその一つで、毎年3月3日に境内にある「みたらし川」に人形を流す「流しびな」の行事が行われます。

会場へのアクセスと日程・時間は?


流しびなが行われるのは、前述のとおり3月3日です。

2017年だと、金曜日にあたります。

会場は下鴨神社(賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ))


すぐに流しびなが行われるわけではなく、まずお花が神社に奉納されたり、神主さんが祈祷したりします。

流しびなはそのあと、11時30分ごろから行われます。

お内裏様とお雛様の格好をした関係者が流した後は、一般の人でも流しびなに参加することができます。

女の子だけでなく、男の子でも大人でも参加可能です。

アクセスは、京都市バスを利用するのが一番簡単です。

様々な系統のバスがありますが、下鴨神社まで連れて行ってくれるのは、1、4、205号系統です。

JR「京都駅」、阪急「河原町駅」などから利用することができます。

いずれの系統を使う場合でも、「下鴨神社前」、「糺の森(ただすのもり)前」という停留所で降りましょう。

また、京阪「出町柳駅」から徒歩10分ほどでアクセスすることもできます。

車でアクセスする場合は、「京都東」、「京都南」インターチェンジが最寄りのインターチェンジです。

また、駐車場は神社の西の「西駐車場」を利用しましょう。

スポンサーリンク


下鴨神社流しびなの見どころ


平安装束を身にまとった、お内裏様とお雛様がたおやかな手つきで人形を流すシーンが一番の見どころといえそうです。

テレビなどでも取り上げられることが多いですが、やはり生で見るとその美しさに圧倒されてしまいます。



また、お内裏様とお雛様が流し終わった後は、前述のとおり一般の参加者も流すことができる時間になります。

神社では流しびな専用の人形を販売していますので、事前に購入しておきましょう。

色とりどりの人形が川を各々のペースで流れていく様は、綾錦のようにきれいです。

ただ、知名度が非常に高いイベントでもありますので、早めにアクセスしないとみたらし川周辺はすぐに人混みができてしまいます。

そうなればお内裏様とお雛様の流しびなを見ることも難しくなってしまうので、できれば10時前には神社についているようにアクセスするようにしましょう。

まとめ

下鴨神社とよく似た名前の神社として、「上加茂神社」という神社もあります。

どちらも流しびなが行われますが、上加茂神社の場合は一般の人が流すことができません。

自分で流したいという人は間違えないようにしましょう。

また、1年家に飾った人形を流すというのが流しびなの本来のやり方です。

時間をかけないと、汚れが移らないということでしょうか。

そのため、今回は流しびなの見学にとどめ、神社で購入した人形は家で飾り、翌年に改めて流しびなに参加してみてもいいでしょう。

スポンサーリンク


-ひな祭り, イベント, 年中行事
-, , , , , , ,